教育・進路 教育カリキュラム 

JUNIOR HIGH SCHOOL 中学校カリキュラム

生徒一人ひとりの成長に合わせて愛情をもって育む中学校教育

  • 6年間で夢の実現をさせる指導
  • 生徒一人ひとりの資質・特性に合わせた指導
  • 学力の定着と人間力を高める指導

中学校 クラス編成

  • 中学1年生
  • 中学2年生
  • 中学3年生
  • 高校生
中学校 クラス編成

スーパー文理コース

一般受験で大学合格を目指す一人ひとりの学力を伸ばす

6年間をかけて主体性を重んじながら応用力の育成と意識の向上を図ります。5教科は学習指導要領に示されている標準時数より多く時間をかけ、基礎学力を定着させた上で発展的な内容も扱います。長期休業中には講習会を実施し、学力の向上はもとより自ら学ぶ姿勢を養います。数学と英語を中心に授業時数を多く設定し、中学3年では授業内での先取り学習や、高等学校の学習内容とつなぐブリッジ講習会も行います。高等学校では、スーパー文理コースを標準接続先とします。

POINT01

上位選抜クラス

高校卒業後の進路目標と意識、学力を総合的に判断して編成するのがこのスーパー文理クラスです。少人数で個別に指導を行っていきます。

POINT02

国公立大学や難関私立大学への進学を目標にしたコース

勉強に対して高い意欲を持ち、内容の濃い授業で学力が着実についていきます。

グローバルコース

国際系大学・学部、海外の大学への進学を目指す

6年間をかけてグローバル社会に必要な能力を「マインド」と「スキル」に分けて育成し、国際系大学・学部、海外の大学への進学をめざします。ネイティブ教員担任制をはじめ、イングリッシュキャンプ、海外研修、グローバル教養講座などを通じて「マインド」の育成を図ります。また週7時間の英語授業、英語4技能に対応した実践的な英語教育を行い、対話力の土台となる英語力を習得します。高等学校ではグローバルコースを標準接続先とします。

POINT01

徳育を柱に 6年間の体系化した指導

スキルとマインドに分けて、成長段階に応じてテーマを設定して指導していきます。

POINT02

中3時までに英検2級を取得

中学校段階では、基礎・基本の徹底を念頭に置き、対話力の土台となる英語力の習得に特に力を入れています。

POINT03

実践力の育成

リアリティ(異文化体験)を重視し、リアルなものに触れる・見ることで、既成概念を打ち破り、視野を拡げていきます。それと同時に、コミュニケーションを身につけ、グローバル人材となる土台を作っていきます。

一貫進学クラス

部活動と両立しながら 上級学校への進学を目指す

6年間をかけて部活動と両立しながら上級学校への進学をめざして学習します。5教科は学習指導要領に示されている標準時数より多く時間をかけ、基礎学力が定着するよう徹底的に指導し、発展的な内容も扱います。数学、英語では、基礎基本の徹底と応用力の育成を目標として、習熟度別に授業クラスを編成します。 高等学校では進学コースを標準接続先とします。

POINT01

6年間の継続した指導

表現力を身につけるための6年間継続した指導として週一度、朝のホームルームで「ASASAKU(朝作文)」に取り組みます。

POINT02

開誠館計算力検定の実施

基礎・基本の定着のための本校独自の取り組みとして年3回「開誠館計算力検定」を実施します。

POINT03

課外授業の充実

水曜講座、長期休業中には各種講習会を実施し、正規の授業以外に学習内容の復習と応用力の向上を図ります。

POINT04

学習と部活動の両立支援

授業中心に学習活動を展開しつつ、長期休業中に講習会を行うなど、学習と部活動のどちらにも手を抜かせない指導を行います。

POINT05

個を伸ばす指導

生活ノート「フォーサイト手帳」を利用し、担任が個別の課題を把握します。一人ひとりに応じた声掛けを行い、個を伸ばす指導を行います。

HIGH SCHOOL 高等学校カリキュラム

希望の進路実現に導く高校教育

  • コース毎に特長を明確にし、あらゆる進路に対応する指導
  • 生徒一人ひとりの希望に沿った深い学びを支える指導
  • 実践につながる人間力を育成する指導

高等学校 クラス編成

  • 高校1年生
  • 高校2年生
  • 高校3年生
スーパー文理コース
国公立大学、難関市立大学への進学をめざす
グローバルコース
海外の大学、国際系大学・学部への進学をめざす
進学クラス
4年制大学、医療系の短期大学や専門学校への進学などをめざす

スーパー文理コース

国公立大学・難関私立大学への 進学をめざす

生徒の主体性を重んじ、確かな学力を育む

国公立大学や難関私立大学への進学をめざし、生徒一人ひとりの個性や学力を把握しながら実力を伸ばします。 「思考カ・判断カ・表現力」を踏まえ、「確かな学力」を養い、志望大学合格へ導きます。

POINT01

チーム意識の形成

学習合宿やクラス行事を通して、「団体戦」として受験に臨む体制を、低学年時より育成します。生徒それぞれがめざす大学は異なりますが、個々が主体性を高めるとともに、互いに高い目標を掲げあい、チームとしての相乗効果を高め、切磋琢磨する意識を養成します。

POINT02

難関大に焦点を合わせた カリキュラム

大学入試に対応した週35時間の授業時数を確保し、予習・授業・復習のサイクルで授業内容の定着を図ります。年間を通じて実施する全国模試を到達指標として、文系・理系別に応用から発展へと実力を伸ばし、難関大入試に向けて学力を高めます。特に選択科目(英・数・理・地歴公民)では少人数制で授業を展開し、きめ細かく指導を行います。

POINT03

充実した学習支援体制

長期休業中には、授業科目担当者による講習会を行い、授業内容の理解を深めます。校外学習合宿(2泊3日)も実施し、甘えを断ち切り自らの限界に挑みます。得意科目を伸ばし不得意科目を解消するため、希望者を対象に放課後講習会を実施し、「学力を伸ばす」指導を行います。

POINT04

自ら学ぶ意欲を高める

「夜間開放」として平日は19:00まで教室や自習室を開放し、誰でも自由に落ち着いた環境で主体的に学習に取り組むことができます。普段から時間管理や学習習慣を身につけるための「フォーサイト手帳」を活用し、個別面談を通して担任と生徒のつながりを高め、学習への取り組み方や生活習慣の助言指導を行います。

POINT05

志望校合格を 見事に勝ち取りました

1年次・全国模試から3年間でこんなに成長しました!

高校1年次全国模試偏差値 合格大学(進研模試による合格目安偏差値・国数英平均のグラフ)

グローバルコース

国際系大学・学部、海外の大学への 進学をめざす

実践的な英語力を身につけ、和のこころを持ったグローバル人材を育む

グローバル社会をたくましく生き抜く生徒を育成します。 グローバル課題を探究しながら、「思考カ・判断カ・表現力」を身につけ、自分の考えを的確に発信できる力を養います。

POINT01

ネイティブ担任による 充実した指導

日常の会話はもちろん、ネイティブ担任との面接を頻繁に取り入れ、「話す・聞く」を重視して指導します。ホームルームもすべて英語で行い、「生活習慣の確立」のための「フォーサイト手帳」も英語を用いて指導しています。

POINT02

英語4技能(聞く・話す・読む・ 書く)の習得

新大学入試では、英語4技能を総合的に判断するために試験方法の見直しや民間検定試験を活用するなど、これまで以上に総合的な英語力が求められています。そのために生徒が身につけるべき英語力を設定し、英語の授業はALL ENGLISHで展開し、英語4技能の習得を指導します。

POINT03

学習の柱は「探究型学習」

「グローバルリサーチ基礎」では現代社会におけるグローバル課題を通じて探求活動の基礎を身につけます。「グローバルリサーチI」では各個人が設定したテーマについて探求し、プレゼンテーション能力を高めます。「グローバルリサーチII」では探求してきた成果を英語で発表します。また外部機関などと連携したフィールドワークも行います。

POINT04

海外語学研修

高2の夏、希望者はオーストラリアでの10週問、または5週間の海外語学研修に参加できます。高2の冬にロサンゼルス4泊6日の研修旅行にも他のコースの生徒とともに参加できます。

POINT05

検定対策も全面バックアップ

実用英語技能検定やGTECの受験を積極的に推奨し、準1級全員合格を目指します。また実用英語技能検定1級やTOEFL・TOEIC受験を目指す生徒に対しネイティブ教員が個別指導を行います。

進学コース

4年制大学、医療系の短期大学や 専門学校への進学をめざす

文武両道を通じて豊かな人間性と学力を育む

部活動と学習の両立を通して、自己管理能力を養い、社会性の大切さと人間力を育み、学習効果を高めます。

POINT01

指定校推薦等の活用

生徒一人ひとりの希望に応じて各種推薦入学制度を活用できます。部活動での活躍や実績、個人の主体的な活動を活かすこともできます。

POINT02

進学に向けた学習支援体制

四年制大学への進学に必要な3教科(文系:英・国・地歴公民/理系:英・数・理)を中心に学習を深めます。医療系への進学希望者など、幅広い進路希望に対応しています。希望者に対して、長期休業中の講習や放課後の特別講座などを開講しています。