学校概要

ABOUT US 浜松開誠館とは

変遷

1924年(大正13年4月1日)創立者長谷川鉄雄は、誠心高等女学校(全日4年制・普通科)を開校しました。先生は日本の将来に深く思いをはせ、子女の教育の重大さを痛感し、知育編重に偏らず、和やかな家庭の雰囲気の中で子女の教養と地位を高めようと、「誠心・敬愛」を校訓として女学校を創設しました。その後、昭和20年4月に戦災により校舎は全焼、また長谷川鉄雄は終戦まもなく帰らぬ人となりました。
 新たに昭和22年6月誠心中学校が発足、昭和23年3月木造本館校舎落成、4月誠心高等学校が発足し、昭和25年10月学校法人に組織変更をしました。初代理事長に小和田光司が就任以後、第2代理事長に校長退職した白井保、第3代理事長も校長退職の中村聰が就任をし、平成10年3月まで中高一貫女学校として、学校法人誠心学園 誠心中学・高等学校の歴史を刻んできました。
 1996年(平成8年4月)第4代理事長に、民間から髙林一文を迎えた事から、先送りしてきた課題の学校経営、運営の抜本的見直しが図られ、社会のニーズや教育環境の変革に果断と挑戦をし、教育理念・教育方針を転化しました。
 両性に門戸を開き、校名変更、制服の改正、カリキュラムの改正、校舎棟、アリーナ棟、グラウンドを始め、校内すべての全面改良を矢継ぎ早に決行。わずか2年で学校改革を、また4年で改築を終え、1998年(平成10年4月)中高一貫教育、男女共学校、学校法人誠心学園「浜松開誠館中学校・高等学校」と校名を新たにしました。
 大正時代に開校された、誠心高等女学校当時からの歴史と伝統、そして創立者長谷川鉄雄の意思を継承しつつ、「浜松開誠館」に集う生徒の誇りと励む精神を導く、建学の精神・教育理念・教育方針を新たに樹立しました。
 平成14年3月、42,600㎡余の総合グラウンドが新設完成。平成23年9月には13,600㎡の全面人工芝サッカーフィールド完成。また、平成24年8月に増築新校舎「未来館」が完成。さらに、平成25年12月に校内グラウンド人工芝を全面的に張り替え、陸上競技に対応した施設が完成となり、男女共学にして文武両道の礎を築きました。
 また創立90周年を機に「未来戦略プロジェクト」を始動させ、次代からの要請である、「グローバル教育」や「ICT教育」、また新しい学力観のなかで求められる「思考力・判断力・表現力」や「主体性を持って多様な人々と協働する」ことを踏まえた授業実践を強力に推し進めています。



建学の精神

大正13年4月誠心高等女学校を開校した創立者長谷川鉄雄の所為、建学の精神は「師弟が温かい家族的情緒で結び合い、誠実にしてかつ常識に富み、社会人として有為な婦人を養成する」と、するものでした。 平成10年4月浜松開誠館中学校・高等学校と一新開校した第4代理事長髙林一文は、創立者長谷川鉄雄の意思を継承し、浜松開誠館中学校・高等学校の建学の精神を「豊かな人間性と自己表現の能力を育て、知性・道徳性・感受性の調和した人間教育を軸に、誠実で常識に富み、男女共同参画社会へ寄与する生徒を育成する」としました。



校訓

誠心・敬愛



教育方針

未来を育む教育
(やる気と目標を育めば,君の輝く未来は浜松開誠館で必ず見つかる。)



SCHOOL SONG 校歌

浜松開誠館中学校・高等学校校歌

浜松開誠館中学校・高等学校校歌(平成30年制定)
作詞・作曲:小椋佳

ACCESS アクセス