学校概要 ご挨拶

MESSAGE 理事長挨拶

学校法人誠心学園理事長:髙林 一文の写真

令和に輝く若人

新しい時代令和元年を迎え、未来と世界が急速に迫っていることを痛感します。発展途上国が10年後には先進国を追い抜き、経済大国になることが充分推測できます。それほどの情報社会、グローバル社会の中に身を置き、片手の中に納まる機器から世界を見聞できる時代となりました。さらに、来年からは大容量高速通信規格「5G」が本格開始とのことで驚きを禁じ得ません。 今後も日本が先進国として、経済大国を維持するための不可欠要素は、人材育成であることは明白です。今、教育機関に求められている使命は国際社会と並列接続し、未来を見据えた教育であります。そこで本校は4年前に新規教育事業「未来戦略」を立ち上げ、未来を育む教育に取り組んでいます。そのひとつとして、情報社会に向けた「ICT教育」の実践活動に入り、全生徒がタブレットを活用して楽しみながら学ぶ授業の形が整いました。さらに、グローバル社会に向けて2年前から「グローバルコース」を中学・高校ともに設置し、教員免許状を取得したネイティブ教員2名を増員し総勢7名となりました。名実ともに本格的英会話の学習と向き合うグローバルスクール体制も充実し、本校の大きな特色となりました。 今後はさらに魅力あるドリーム事業として、海外研修や中短期交換留学の強化推進をし、生徒たちの瞳の輝きが変わり「希望の未来」が鮮明に描ける、そのような学びの指導に励んでまいります。 本校の教育理念は「学校は楽しく学ぶ場」としています。ますは、都市型キャンパスで心身ともに伸び伸びと成長することが最優先であります。徳育を柱とした三位一体教育(徳育・知育・体育)とともに社会や世界情勢の変化に対応できる教育と向き合い、皆さんにさらに選ばれる学校として「未来を育む教育」に努めてまいります。 皆様のこ来校を教職員・生徒ー同、心待ちにしています。

学校法人誠心学園理事長 髙林 一文

MESSAGE 校長挨拶

学校法人誠心学園 浜松開誠館中学校・高等学校 校長:髙橋 千広の写真

和の心をもち、地球市民として 社会に貢献する人材を育む

浜松開誠館中学校・高等学校の教育目標は、「愛情教育」という教育宣言のもと、「自然愛や人間愛を大切にする豊かな心を持ち、たくましく夢に挑む生徒」です。 美しいものや、自然を観てきれいだなと思える心、人に感謝したり、労わったりする心を育みます。そして、その豊かな心は自分を強くするとともに、自分を大切にして他の人をも大切にすることにつながると信じております。さらには、その心が夢の実現へといざないます。 また、グローバル化が進む社会のなかで、本校のグローバル精神のコンセプトは、消費拡大のためのグローバルではなく「地球市民として、人類を発展させる温かな心」「世界に向ける和の心」でありたいと考えています。そして、日本の地、この浜松の地にあっても、世界中の人々の現状に思いを馳せ、自分の幸福とともに皆の幸福を願い、人類社会の平和的発展に寄与する人材育成を目指しています。 生徒一人ひとりが、自ら求め学び、友だちと切磋琢磨し、自分の自信とするものをみつけ、人の良いところを観る温かな心を持ち、勇気と行動力を持って歩み、地域、日本、世界、それぞれの舞台で活躍する姿を思い描きながら、一人ひとりのよさを生かすことを大切にした教育活動を進めています。 具体的には「徳育」「知育」「体育」の三位一体教育と、未来戦略教育(先進的な教育)を重ね、生徒たちの夢の実現を支援します。豊かな心を育てる徳育教育、ネイティブ教師によるグローバルな環境、iPad、全館Wi-Fiでの先進的な教育を進める魅力あふれる学校で、あなたの夢をかなえましょう。 教職員一同、愛情教育により、皆さん一人ひとりの夢実現に向けて、全力で支援してまいります。

浜松開誠館中学校・高等学校 校長 髙橋 千広