開誠館ニュース

高校2年研修旅行(ロサンゼルスコース)報告③

ロサンゼルスコース 3日目

 

本日はサンタモニカ高校の生徒と交流をしました。
最初のバディ紹介の時には、お互いに緊張している様子でした。
LA_①

 

その後、バディの生徒と一緒に、それぞれ授業を受けに行きました。
物理や数学、体育など様々な授業が行われていました。
当然、すべて英語で行われるため、話を聞くだけでも大変です。
また、日本とは授業のスタイルが全く異なるため、そこにも驚いていました。
LA_②LA_③

 

休み時間には、折り紙を教えたりアメリカの遊びを教えてもらうなどしていました。
この頃になると、緊張も解け、様々な方法でコミュニケーションが取れるようになってきました。
LA_④ LA_⑤

 

お昼休みには、日本食のお弁当をバディと一緒に食べました。
楽しそうにランチタイムを過ごしました。
LA_⑥LA_⑦

 

授業終了後には、開誠館の生徒から感謝の気持ちを込めて、校歌を歌いました。
また、サンタモニカビーチまでバディに案内してもらい、有意義な時間を過ごしました。
LA_⑧ LA_⑨

 

サンタモニカビーチでお別れをする際には、別れを惜しみハグをしたりずっと話したりしていました。
本日、生徒達が学んだことはグローバル教育で1番大切なことだと思います。
この想いを大切にし、日本でもいかしていきます。
LA_⑩