NEWSブログ

中学女子バスケット! 「U14県新人・U15県リーグ」の結果

女子バスケットボール

12月23日

高校生の応援に行ってきました。

ウインターカップです。

022

全国大会の会場の雰囲気を肌で感じて

レベルの高さを生で見ることができました。

たくさんの人が応援に来てくれました。

023

キャプテンのファールトラブル

ディフェンスを変えてからの大逆転劇でした。

 

苦しい時に、リングに向かう選手

苦しい時に、リバウンドを取る選手

苦しい時に、シュートを決める選手がいました。

勝つためには何が大事か、勉強させてもらいました。

 

君たちもいつか、出場チームとして

この舞台に立つのだ。

024


1月11日 新人戦県大会

【試合結果】
  一回戦 開誠館 69 VS 38 田子浦
  二回戦 開誠館 46 VS 36 清水南

  結果…ベスト4進出

【得点王】
  1位 山本さくら (掛川中央ミニ) 22点
  2位 楠田愛莉 (BーPHANTOM) 17点
  3位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 16点
  4位 平野絢音 (大富ミニ) 15点
  5位 後藤音羽 (雄踏ミニ) 14点
  6位 杉山実子 (高洲ミニ) 10点
  7位 渡辺妃芽莉 (BーPHANTOM) 8点
  8位 竹内葵 (二川ミニ) 7点
  9位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点
  9位 大杉光 (芳川北ミニ) 2点
  9位 坪田真由美 (中部小) 2点

 

とにかく、ボールをもらって攻めること。

とにかくペイントを攻めること。

あとは口数。

たくさんしゃべって、ミスをへらすしかない。

これが全てです。

しゃべれないAチームに代わって

今日もBチームがたくさん試合に出ました。

そのおかげで、Aチームに指導できます。


1月12日 クラブ県リーグ戦

【試合結果】

  予選リーグ
  開誠館 20 VS 31 レグルス
  開誠館 32 VS 13 沼津アクロ
  開誠館 29 VS 18 sーwish
  開誠館 21 VS 25 市立沼津

  結果…予選3位(2勝2敗)

【得点王】
  1位 小幡夕夏 (新居ミニ) 25点
  2位 安田百亜 (雄踏ミニ) 24点
  3位 渡辺妃芽莉 (BーPHANTOM) 18点
  4位 後藤音羽 (雄踏ミニ) 12点
  5位 楠田愛莉 (BーPHANTOM) 6点
  6位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 4点
  6位 山本さくら (掛川中央ミニ) 4点
  8位 内山弥美 (引佐ミニ) 3点
  9位 松下えりな (城山ミニ) 2点
  9位 竹内葵 (二川ミニ) 2点
  9位 平野絢音 (大富ミニ) 2点

 

連日の試合に下級生はへばっていました。

走れない、跳べない、キレがない。

来週どうやって戦うか考えなければいけません。

それでも勝てたのは、チーム力だと思います。

 

久々に3年生のプレーを見ました。

うまくなったなぁと思いながら

やっぱり下手だなぁとも思います。

中学で身に着けられなかったものがたくさんあります。

それを伸びしろと言います。

これからが楽しみです。

1週間で、プレーを合わせないと。


 1月18日 新人戦県大会決勝

【試合結果】
 準決勝 開誠館 50 VS 43 高松
  決勝 開誠館 36 VS 46 市立沼津

  結果…準優勝

【得点王】
  1位 楠田愛莉 (BーPHANTOM) 26点
  2位 後藤音羽 (雄踏ミニ) 15点
  3位 山本さくら (掛川中央ミニ) 14点
  4位 杉山実子 (高洲ミニ) 9点
  5位 渡辺妃4芽莉 (BーPHANTOM) 8点
  6位平野絢音 (大富ミニ) 5点
  6位 坪田真由美 (中部小) 5点
  8位 竹内葵 (二川ミニ) 3点

 

高松戦はしびれました。

今の子供たちの力では、勝つことは難しい相手でした。

下手でもとにかく攻めること。

5人でゴールを守ること。

よく頑張りました。

 

大事な場面で交代した妃芽莉が、

シュートを3本決め、アシストも決めました。

開誠館に流れをもってくるビッグプレーでした。

妃芽莉は夏の長良戦から、私の信頼をなくし

試合に出る機会も減っていました。

そんな選手が、成長していたのです。

 

思えば最近の行動、言動には変化がありました。

一言でいうと、自覚の芽生えです。

1年生を気遣って、声をかけたり

キャプテンを気遣って、仕事を引き受けたり。

特に、この冬休みで変わりました。

そんな姿を見るたびに、

成長してきたなぁと嬉しく感じていました。

それまでは、他人は関係ない子さん。

大野先生の

「お前たちは、無気力・無関心・無表情・無言・無反応・無責任だ~!!!」

の言葉が、チームを変えてくれたのかもしれません。

 

決勝は、まさにチャレンジャー。

後半、ディフェンスとルーズボールのミスが出て負けました。

なにより、プレスに対してのアレルギーがすごかった。

流れがガラッと変わってしましました。

バスケットはガードが全てです。

心配していた部分で負けました。

練習します。


1月19日 クラブリーグ戦

【試合結果】
 準決勝 開誠館 42 VS 35 レグルス
  決勝 開誠館 26 VS 52 市立沼津

  結果…準優勝

【得点王】
  1位 安田百亜 (雄踏ミニ) 20点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 18点
  3位 後藤音羽 (雄踏ミニ) 12点
  4位 楠田愛莉 (BーPHANTOM) 10点
  5位 渡辺妃芽莉 (BーPHANTOM) 4点
  6位 内山弥美 (引佐ミニ) 2点
  6位 杉山実子 (高洲ミニ) 2点

 

準決勝は、後半ディフェンスを頑張って流れを変えました。

やっぱりディフェンスを頑張る姿は、見ていて楽しい。

3年生はプレスの感覚があり、簡単にボールを奪います。

下級生にはできません。

でもきっと

この子たちにしかできないプレーがあるはず。

それを探して練習します。

 

4Q残り1分、タイムアウト1点差。

こんな緊張感のある場面ですが、

誰で攻めるか子供たちに聞いてみました。

すると、3年生が笑顔で手を上げました。

逞しくなったなぁと感動しました。

そして、しっかりと点を取って試合を決めました。

「自分でやるから楽しい」

そんな姿を3年生が見せてくれました。

心が成長してるのが分かりました。

コーチが1番嬉しい瞬間です。

 

決勝戦、もう見ることのできないマッチアップでした。

1年間、沼市とは何度も対戦し、ライバルであり目標でした。

3年生同士の意地の見せ合い。

気持ちが伝わってきました。

負けたけど、楽しかった。

沼市のおかげで、最後まで頑張れました。

さぁ、3年生、

次の公式戦は

高校総体西部地区予選!

中学で果たせなかった夢を

全力で追いかけてください。

026


開誠館に往年の名選手が来てくれました。

元全日本選手の萩原さんと、旧姓一乗さんです。

033

テレビで見ていた人たちです。

「サインください~」と出待ちした人たちです。

ご挨拶もさせていただきました。

元全日本選手で保護者の旧姓竹内さんも加わると、本当にかっこいい!

隣のコートで男子の練習を温かく見守っている後藤コーチも、元全日本選手です。

こんなご縁に感謝しています。

次に日の丸をつけるのは誰だ?

開誠館だから目指せる場所です。

毎日練習を頑張ろう!

35

一覧へ戻る