NEWSブログ

中学女子バスケット! 「新人戦 西部大会」の結果

女子バスケットボール

11月17日 西部大会
【試合結果】
  一回戦 開誠館 73 VS 25 可美
 二回戦 開誠館 79 VS 46 新居

  結果…ベスト4進出(県大会出場)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 46点
  2位 内山弥美 (引佐ミニ) 23点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 21点
  4位  和泉利來(有玉ミニ) 16点
  5位 安田百亜(雄踏ミニ) 15点
  6位 楠田愛莉(B-PHANTOM)11点
  7位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 7点
  8位 有海真緒 (引佐ミニ) 4点
  8位 松下えりな (城山ミニ) 4点
  8位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 4点
  8位 三好柚芭 (引佐ミニ) 4点
  8位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 4点
  9位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)2点
  9位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点

全員が試合に出ることができました。

基本が身についていない選手は、ミスが減りません。

1度ミスをしても、次に工夫がみられればいいのですが

その引き出しがない。

それが、その選手の力です。

パスの仕方、止まり方、守り方、シュートの打ち方

もらい方。

「こんなことができるよ」と、

引き出しを増やしてあげることが

自分の役割だと感じます。


 11月18日 西部大会
【試合結果】
  準決勝 開誠館 62 VS 52 西遠
  決勝  開誠館 62 VS 53 学院
   結果…優勝(3年連続)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 44点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 28点
  3位 和泉利來(有玉ミニ) 18点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 16点
  5位 内山弥美 (引佐ミニ) 15点
  6位 楠田愛莉(B-PHANTOM)4点

3年生が応援に来てくれました。

本当にうれしかった。

毎日下級生と真剣勝負しているため

3年生の顔を見るとホッとします。

下級生に比べて、気が遣えるし、話が合います。

試合中に自分が、選手に何か言おうと思った時

先に上から指示が出ていました。

しかも、私が言おうとした言葉よりも

はるかに分かりやすい言葉で。

この子たちと過ごした日々を、懐かしむと同時に

この子たちのためにも

「順心戦を忘れるな」

と、自分を戒めます。

あんな悔しさを、二度と選手に味わわせてはいけない。

絶対に忘れません。

 

浜松地区大会から、チームは変わりました。

逃げないことと

いじめること

これを練習してきた結果

試合で、困った顔をみせることがなくなってきました。

みんなでリングに向かうチームに

自分たちで考えて行動できるチームに

なってきました。

 

成長するきっかけは、多くの失敗です。

たくさん失敗して、たくさん負けて

たくさん走って、たくさん泣いて

1つずつ学んできました。

その結果が、この笑顔です。

よく頑張りました。

01

子供たち、保護者と、こんな笑顔でいられることに幸せを感じます。

新チームのスタート時に、保護者会で言いました。

「今年は、3年生の時のように勝てるとは思わないでください。」

02

でも、

父母会長は、明るく宣言しました。

「ジャパンカップも優勝して、海外遠征にいくぞ~」

さらに、忘年会のダンスを一緒に練習してくれる保護者の皆さん。

そんな保護者の力が、

このチームをどんどん良いほうへ引っ張っているのかもしれません。

子供たちの可能性を信じ

チームを応援してくれる気持ちのいい保護者ばかりです。

ありがとうございます。

さあ、次は県大会です。

沼市と戦えるよう、これから準備します。

文責:石川

 

 

 

一覧へ戻る