開誠館ニュース

Global Open Day グローバルオープンデーを行いました

日時:10月26日(土)午前

対象:グローバルコース生徒

On Saturday, October 26, students in the Global Course got some wonderful hands-on experience with other cultures as part of our first ever Global Open Day.

Five special guests visited the school and, together with teachers in our Global department and a few parents, put on several different workshops for the students.

 IMG_3502

Mr. Palash Barua, originally from Bangladesh, taught the students cricket along with Kaiseikan’s own Mr. Pearson. The students enjoyed playing this exciting sport popular in the Indian subcontinent, Australasia, the United Kingdom, southern Africa and the West Indies.

 IMG_3506IMG_3515

Ms. Kiwako Aoshima, along with two fellow musicians, introduced the students to steelpans, the unique percussion instruments that originated in Trinidad and Tobago. The students had a lot of fun learning to play some famous songs.

 IMG_3507

Ms. Pham Le Vi, a Vietnamese citizen who grew up in Singapore, taught the students some interesting Singlish vocabulary. This multicultural Creole language is made up of English, Malay, Hokkien, Teochew, Cantonese and Tamil words.

 IMG_3508

Other teachers in the Global department got in on the action, with Mr. Kageyama and Mr. Maldonado introducing the students to various musical instruments from around the world, including Mongolia’s famous morin khuur horsehead fiddle.

 IMG_3517

Finally, Kaiseikan’s own Mr. Carter, who originally hails from Jamaica, enlisted the help of several students in preparing some delicious cuisine from his home country. Thanks to their hard work, everyone ended the day with a smile on their face and a full stomach.

 

10月26日に本校グローバルコース生徒を対象にグローバルオープンデーを開催しました。このイベントは、世界の楽器やスポーツ、料理を通して異文化理解を促すことを目的としています。

生徒は5つのセクションをローテーションしながら、体験学習を行いました。

 

1.ワールドミュージック World Music feat. Ramon and Kageyama

普段は触れることのない楽器について学び、演奏する体験学習です。

生徒たちは、姉妹校のあるモンゴルの楽器・馬頭琴をめずらしそうに触り、弾いていました。

 

2.スティールパンの演奏 Play the Steel Pan

スティールパンのセクションでは、青島貴和子先生をはじめ3名の講師により楽器の説明と演奏をしました。軽快なリズムの”テキーラ”を、生徒も加わって演奏しました。

 

3.シングリッシュを話そう! Shinglish Lesson

シンガポールで話される英語、シングリッシュを学びました。講師のレヴィ先生はスライドを使って言語だけでなく文化なども解説してくれました。

 

4.クリケットをしよう! Hit For Six

本校教員のピアソン先生と外部講師のパラシ先生が、クリケットを教えてくれました。ルールから始まり、バットの持ち方ボールの打ち方を学び実践しました。

 

5.ジャマイカ料理 第2弾 Mr. Carter’s Cooking Part 2

昨年に引き続き、本校教員カーター先生によるジャマイカ料理講座第2弾です。

和食では使われないスパイスを使って、至高の料理を作りました。

 

生徒の感想(抜粋)

・クリケットをやってみて、同じバットとボールを使う野球とはひと味違ったおもしろさがあることがわかった。ルールも最初はわからなかったけど、思ったより簡単だった。(高校生)

・スティールパンでは、ディズニーの曲を演奏しました。私たちも聞いたことのある曲だったからやりやすかったです。スティールパンという楽器ができた歴史も知ることができました。(高校生)

・シンガポールではいろいろな国の人たちが暮らしていることがわかりました。英語の重要性を知りました。(中学生)

・ジャマイカ料理がおいしかった!辛そうに見えたけど、味付けが甘めでおいしく食べられた。今度作ってみたい。(中学生)