開誠館ニュース

第3回高校オープンキャンパス 在校生からのメッセージ④

第3回高校オープンキャンパス 生徒発表 

グローバルコース 高1G 中村桃佳 (浜松市立湖東中学校出身)

CIMG0563 (2) CIMG0565

 

Hello, everyone.  I am a first-year student of Kaiseikan Global Course, Nakamura Momoka.
I belong to the Chorus Club. We practice every day.  I like singing songs very much.

今の英語を日本語でもう一度お伝えします。
私は、開誠館グローバルコース1年中村桃佳です。私は合唱部に所属しています。私たちは毎日練習をしています。私は歌を歌うことが大好きです。
私は、入学して最初の頃は、上手く話すことができるかどうか心配でした。しかし、グローバルコースで多くのネイティブの先生と英語で多く接したおかげで、今のように英語をしゃべれるようになりました。
私たちは、将来英語を活かして海外の人とやりとりをしながら国際的に活躍できればと思っています。中学生から学び始めた英語をもっと深く学びたく、また徳育を柱にしているところにも魅力を感じて入学しました。

グローバルコースはネイティブの先生と日本人の先生の複数担任制です。ネイティブの担任の先生といつでも話すことができるため、授業以外にも英語で多くのことを学ぶことができます。クラスの仲間たちはみんな元気で、授業中もたくさんの発言があります。個性的な人が多く、将来は英語を使う職業に就きたいという人も多いです。

グローバルコースでは、英語の授業が他コースよりも多いため、授業でも英語にたくさん触れることができます。インタラクティブイングリッシュという授業があり、問題に対しての解決方法を考えてディベートをしたりして、英語で意見をやりとりする力を磨いています。またグローバルリサーチという探究型授業では、国際的な問題に対し、自分の観点で解決方法を見つけ出し、それについてプレゼンテーションを行います。7月には、国際貢献のありかたを学ぶためJICA中部を訪問して勉強もしてきました。このほかにも、夏休みのイングリッシュキャンプや土曜日のグローバル教養講座など、グローバルコースならではの行事が充実しています。

浜松開誠館には英語部もあり、映画を見て生の英語を学ぶこともできます。担任以外にもネイティブの先生が多いので、英語にたくさん触れたい人や今自分が持っている視点をより広くしたい人におすすめの学校です!!! グローバルコースだから英語が話せる人が多くいて自分には無理だと思う人が多いと思います。ですが、そんなことは関係ありません。これからの社会はグローバル化が進み、より英語を必要とすることが多くなると思うので、この浜松開誠館高校で一緒に身につけていきませんか?みなさんの入学をお待ちしています。