開誠館ニュース

第3回高校オープンキャンパス 在校生からのメッセージ②

第3回高校オープンキャンパス 生徒発表 

進学コース 高校1年生 白栁優樹さん (浜松市立細江中学校出身)

CIMG0557 (2) CIMG0558
  こんにちは。僕は、進学コース1年の白栁優樹と申します。僕からは進学コースの特色と開誠館のおすすめポイントとして学校行事や校舎のことを紹介します。
    進学コースは、部活動等と両立しながら大学進学や医療系の専門学校などをめざす人におすすめのコースです。授業時間数や推薦入試の活用など、さまざまな配慮があり、両立しやすい環境が整っています。勉強もタブレットなどを活用してわかりやすく教えてくれるため、授業が楽しく、学力が伸びてきたと感じています。1年生では必修科目を学びますが、2年生からは文系理系に分かれて自分の目指す進路にあった科目を選択することができます。僕は、将来にむかってちゃんと勉強をしたいという気持ちがあり、開誠館を選びました。進路について先生方が親身に相談に乗ってくださり、自分の目標もより明確に描けるようになりました。ちなみに、僕は、将来子供と関わる仕事につきたいと思っているので、そのために大学に行き、両親に恩返しをしたいと考えています。今年の進学コースは3クラスあり、みんな仲が良く、活気があり、それぞれの目標に向かって頑張っています。開誠館の特色の1つである徳育の効果が表れているのだと思います。
  僕は、部活動では卓球部に所属しています。先輩方は打ち方やブロックのしかたなど丁寧に教えてくれたり、試合などの練習相手にもなってくれます。部活動以外に、先輩方と出かけることもあり、人間関係のよい、なごやかな雰囲気の部活動です。

  ここからは、僕から見た、開誠館のおすすめポイントについてお話します。まずは生徒たちの手でつくる体育大会についてです。開誠館の体育大会は中学生と高校生が一緒に行うため規模が大きく大変盛り上がります。とりわけ部活動対抗リレーでは部活動のユニフォームを着たり、道具を持って走ったりして、部員同士の絆も深まり、観客も大興奮のレースが展開されました。もう1つの目玉としてはブロック対抗のアピール合戦があります。学年の枠をこえた縦割りのブロックで一丸となってダンスなどのパフォーマンスを披露します。演技をするほうも見ているほうも自然と笑顔になり、学年をこえて、上級生との仲も深まります。このように、体育大会は学校全体での絆が強くなる行事です。

  もう1つのおすすめポイントは校舎から見える景色の素晴らしさです。本館は9階建てで上の方の階では、北にアルプスや富士山、南に遠州灘、西に浜名湖をみることができます。夜になるとライトアップされた浜松城がとてもきれいです。開誠館に入学したら、ぜひ見てみてください。
  今、受験を目指して頑張っているみなさんに伝えたいことは、最後の最後まであきらめないで勉強することです。苦しいこともあると思いますが、それを乗り越えれば、楽しい高校生活が待っています。頑張ってください!