開誠館ニュース

【グローバル】ネイティブ教員の授業(高校)

 高校グローバルコースでは、2学期のインタラクティブイングリッシュの授業が始まりました。この授業は、ネイティブ教員によるコミュニケーション活動が主体の授業です。

 

①高1G インタラクティブイングリッシュ

高1Gクラスでは、さまざまなテーマについて自分の意見をまとめてペアで会話をする活動を行いました。

IMG_0816

 

②高2G インタラクティブイングリッシュ

高2Gクラスでは、新しく着任されたキンセラ先生が授業を行いました。グローバルコースの授業ということで、シリア難民などの国際問題をテーマとして取り上げて生徒が意見交換を行いました。

 

 In the second week of the second semester, the Global Course students took on the challenge of planning how to best help refugees. In class, they thought about how Fukushima and Syrian refugee children might feel. Then they discussed a case that takes place in Hamamatsu city. The goal of this lesson was to have students understand a crisis, work together, share ideas and try to agree on how to best help.

IMG_0811

IMG_0814

 

③高校 コミュニケーション英語

ネイティブ教員が教えているのはグローバルコースの授業だけではありません。コリン先生は、高2SPコースでオールイングリッシュの授業を行っています。

 

The students are enjoying discussing an article from the text about brain stimulation and how it is related to learning languages and memory retention. This class also focused on summarizing the article, connected speech and pronunciation. They performed a variety of tasks that will help their delivery and accuracy of summarizing. There was a lot of enjoyment and participation and the students could interact with each other to share their ideas and/or opinions.

IMG_0805

 

本校では4名の個性豊かなネイティブ教員が在籍しています。今後も生徒が英語を発話する授業を行っていきます。

 

文責:Kinsella / Colin / 伊藤