開誠館ニュース

毎日の清掃活動(中学生編)

浜松開誠館中学校・高等学校では、毎日清掃時間があります。
水曜日は掃き掃除・ゴミ捨てのみとなりますが、それ以外は毎日15分間の清掃を行います。
当番制ではなく、全員で清掃を行います。
各教室はHR毎が基本となります。
「ほうきで掃き、拭けるところはすべて拭く」というのがルールです。
中学1年生のフロアは、他の教室と違ってカーペットフロアなので、教室も掃除機を使って清掃しています。
机の移動は、みんなで協力して持ち上げて運びます。
黒板もピカピカにし、チョーク受けは粉をきれいに拭き取ります。
共有スペースは中学生の場合縦割り班での清掃を行います。
1階廊下をメラミンスポンジを使って丁寧に清掃しています。
エレベータホールはモップ掛けをします。
正面玄関は、学校の「顔」。清掃にも力が入ります。ガラス窓もクリーナーで磨きます。
最後は3年生が点呼し、終わりの挨拶をして終了。
あっと言う間の15分間でした。
毎日こうした清掃活動を全校・全学年で行っています。
一人ひとりの心がけで校内美化に努め、清掃活動を通して生徒の人間力を高めていきたいと考えています。