開誠館ニュース

新たな歩み、日々邁進(高2学年主任:掛下佳美)

みなさんこんにちは
 高校2年生の生活がスタートして2ヵ月が経ちました。クラス替えにより、仲間との出会いを大切にした行動が見られ、新しい輪ができつつあります。また、現在は日々の学習に加え、真澄祭の準備、部活動、進路活動などやるべきことが山積し、時間の大切さを痛感する日々が続いています。
 やるべきことから逃避し、やる気が薄れて周囲に流されるまま生活を送ることを、一般的に「中だるみ」と言います。高校生活を送る中で「中だるみ」をしないように生活する、ということは困難であり、その時期は高校2年生に多く見られます。対処方として「常に現状を冷静に判断し、目標は何かを明らかにすること」「今何をするべきかを再確認し、とにかく行動を起こすこと」が挙げられると考えております。それも踏まえこの1年間は、「熟慮断行・・・、よく考えて行動する生徒を育てていくこと」を学年目標としています。
 高2の一年間は、進路目標達成のための大切な時期として捉え、学年教員一同取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。
 今後の活動も随時お知らせいたします。

高校二年 学年主任 掛下佳美