開誠館ニュース

中学1年:真澄祭も終わり、新たな気持ちで

先日行われた真澄祭では、学年展『中1ウォッチ Ninnendo』を行いました。多くの来場者があり、生徒が作った作品を見てくださいました。三ヶ日で行った初期指導合宿で制作したジェルアート、紙粘土で自らの全身模型を作った人粘土の作品には多くの方からお褒めの言葉を頂きました。

また、初めての真澄祭に参加する中で高校生のお兄さんお姉さんたちのHR展やポロシャツコンテストのパフォーマンスに驚きと憧れを抱き、来年度の真澄祭に今から期待を膨らませている様子でした。

中学の朝は、朝読書から始まります。本に親しむことと落ち着いた雰囲気で授業に落ち着いて入れることを目的に行っています。現在では、6月26日から行われる期末テストへ向けて、前回のテスト反省を活かし、計画を立てテスト勉強に励んでいます。

(朝読書の様子)


(授業の様子)

(授業の様子)

中学1年Cクラス担任 川合 善仁