部活動

中学女子バスケット! 「シード校決定戦」の結果

9月1日 シード決定戦
【試合結果】

  予選リーグ
  開誠館  54 VS 8   浜松西部
  開誠館  40 VS 12  岡崎
  開誠館  56 VS 6   引佐南部
  開誠館  50 VS 22  南陽

   結果…1位(4勝)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 60点
  2位 安田百亜 (雄踏ミニ) 36点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 29点
  4位 楠田愛莉 (B-PHANTOM) 20点
  5位 和泉利來(有玉ミニ) 17点
  6位 有海真緒 (引佐ミニ) 14点
  7位 内山弥美(引佐ミニ) 12点
  8位 嶋野菜々 (湖西ミニ) 10点
  9位 三好柚芭 (引佐ミニ) 6点
  10位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 4点
  10位 松下えりな (城山ミニ) 4点
  10位 渡辺妃芽莉 (B-PHANTOM)4点
  13位 竹内葵 (二川ミニ) 2点
  13位 服部杏奈 (掛川中央ミニ)2点
  13位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点
  13位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 2点

 

新チーム初めての公式戦でした。

子供たちは緊張していましたが、

全員試合に出ることができました。

 

7月から怪我で練習できていない宮田を試合に出しました。

中学生で、数か月も練習できないと、心が折れてしまいます。

「自分はもう無理なんじゃないか」と。

 

体は思うように動かなくても

ユニフォームを着て、試合に出る。

みんなの声援を受ける。

そこで味わう興奮を、思い出してほしかった。

確かに、

怪我前のようにはプレーできなかったけど

宮田らしいリバウンドが1本ありました。

 

帰り際、無理をさせたことを謝りました。

そのときの笑顔は忘れられません。

 

怪我をすることで、気づくことがあります。

怪我をすることで、分かることがあります。

開誠館には、毎日、弱い自分に負けないように

戦って、成長している子がいます。

宮田は、きっといい選手になります。

文責:石川