部活動

第35回全日本少年(中学)時之栖トーナメント軟式野球浜松ブロック大会結果報告

第35回全日本少年(中学)時之栖トーナメント軟式野球浜松ブロック大会

【1回戦】 雄踏0-9(5回コールド)開誠館 〇 【開】山田-鈴木(悠) 【二塁打】馬場

【準決勝】 高台3-2(延長8回 特別ルール)開誠館 ● 【開】山田-鈴木(悠)

 

【戦評:高台戦】

 勝てば二年連続で県大会出場が決まる大一番。相手は浜松支部の準決勝であたっている高台だった。前回は2-0と快勝しているが、チーム力は互角で、試合の展開次第で勝敗が決するような、当然気の抜けない相手である。

 4回表、高台の攻撃。3番打者がピッチャー強襲のヒットを放ち、無死一塁。4番打者が送りバンドをしたが、二塁へのフィルダースチョイスがあり無死一二塁。5番打者が送り一死二三塁。6番打者のファーストゴロの間に三塁走者がホームイン。1点を先制される。

DSC_0202 DSC_0203 DSC_0206 DSC_0210

 開誠館は四球やヒット、盗塁などを絡めて再三にわたりチャンスを作ったが、あと一本が出ず6回終了まで得点をあげられず、1-0で最終回の攻撃を迎えた。

 7回裏、開誠館の攻撃。先頭の5番山田(三年:浜松北小出身)が四球で出塁し無死一塁。6番の鈴木(諒)(二年:砂丘小出身)がしっかり送り一死二塁。7番神田(二年:浅間小出身)がファーストへ進塁打を放ち、二死三塁で8番野中(三年:白脇小出身)を迎えた。打ち取られれば試合終了という場面で、野中はツーストライクと追い込まれながらもボールに食らいつき何度もファールで粘りを見せた。そして粘ること8球目、当たり損ねの打球がショートへ飛んだ。野中は一塁ベースに飛びつくようなヘッドスライディング。相手ショートも精一杯のプレーで一塁へ送球したが、間一髪セーフで内野安打。土壇場で追いついた。

DSC_0208 DSC_0211 DSC_0212 DSC_0215

 8回からすぐに特別ルールが適用された。無死満塁からのスタートである。最終回に追いつき、打順も1番からの攻撃、特別ルールの戦いも浜松支部の予選で経験があることから試合展開、流れ、勢いは完全に開誠館にあると思った・・・。

 8回表の高台の攻撃は2点をあげ、3-1。最低限の所でおさまった。

 8回裏、2点を追う開誠館の攻撃。一死満塁から2番松下(習)がセンター右にタイムリーヒットを放ち3-2。一点差に詰め寄り、なおも満塁。3番、4番と中軸に任せる最高の形となった。お互い“負けられない”という強い気持ちがぶつかり合った見どころのある勝負となったが、結果、抑えられ惜敗した。

DSC_0213 DSC_0214 DSC_0216 DSC_0218

 二年連続で春の県大会出場はならなかったが、チームの成長と課題が明確になり、収穫のある大会だったと思う。この後はレワード大会を挟んで夏の大会を迎える。新戦力としての一年生も入ってくる。お互いに切磋琢磨しチーム力をもっともっと向上させ、夏の大会に爆発してほしいと期待するのである。