部活動

中学女子バスケット! 練習試合の結果

12月3日 練習試合
【試合結果】
  開誠館 27 VS 6 創徳(三重)
  開誠館 48 VS 21 大成
  開誠館 9 VS 18 鈴亀Jr(三重)
  開誠館 19 VS 46 明豊(愛知)
  開誠館 42 VS 14 白子(三重)
  開誠館 25 VS 13 ファイブスター(岐阜)
  開誠館 16 VS 29 明豊
【得点王】
  1位 水谷光里 (多度南ミニ) 31点
  1位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 31点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 20点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 19点
  5位 中川紗希 (葵ミニ) 18点
  6位 内山弥美 (引佐ミニ) 17点
  7位 岩永美空 (多度中ミニ) 16点
  8位 西田妃那 (与進ミニ) 11点
  9位 渡邊結衣 (三方原ポート) 8点
  10位 松井璃々 (北庄内ポート) 5点
  11位 小松楓那 (浅間ミニ) 2点
  11位 有海真緒 (引佐ミニ) 2点
  11位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 2点
  11位 三好柚芭 (引佐ミニ) 2点
  11位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 2点

午前中は、三島先生に見てもらいました。

ベンチで言われていたことは、声を出すことと、ルーズボールを取ること、リングに向かうことでした。

そんな当たり前のことができていない、今の開誠館です。

安田のプレーが、すべて「後追い」でした。

状況を見て、次に何が起こるかの判断がまだできません。

分かればできるので、ひとつひとつ教えていきます。

明豊戦では、ガードがボールをもらえず、運べず、散々でした。

全員がターンオーバーの嵐

プレーのゆるさが、すべてミスになりました。

1人のマークを振り切れない

目の前の相手を抜けない

ガードが試合をつぶしました。

ガードの弱さが、チームの弱さです。

強い当たりを体験できて本当によかった。

県大会までの課題が、はっきりしました。

ガードが強くなれば、チームも強くなります。


12月10 練習試合
【試合結果】
  開誠館 54 VS 37 扇台(愛知)
  開誠館 37 VS 36 南山(愛知)
  開誠館 35 VS 58 薫英(大阪)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 26点
  2位 西田妃那 (与進ミニ) 22点
  3位 岩永美空 (多度中ミニ) 19点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 18点
  5位 水谷光里 (多度南ミニ) 16点
  6位 小幡夕夏 (新居ミニ) 10点
  7位 渡邊結衣 (三方原ポート)3点
  8位 内山弥美 (引佐ミニ) 2点
  8位 三好柚芭 (引佐ミニ) 2点
  8位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 2点
  11位 中川紗希 (葵ミニ) 1点

南山の当たりの強さに、逃げました。

それが課題なのに、また逃げる。

逃げたら勝てないのに、それでも逃げる。

弱い選手が、強くなるのは簡単じゃありません。

「それが逃げてるっていうんだ!」と、教えています。

西田が、センター対決でことごとく負けました。

何もできずに、ファールアウト。

コートの中で、ふらふらして、転んだだけでした。

何もできないセンター。

これから県までにどこまで変われるか、楽しみです。

薫英のパッシングとスペーシングについていける脚力をつけます。

1対1の力をつけます。

オフェンスは、ミートとコンビネーションプレー、ドライブスピードを磨きます。

そして1番大事なのは

「当たりに強く」なることです。

ラグビーや相撲のような、激しい接触を普段から訓練します。

文責:石川