部活動

中学女子バスケット! 練習試合の結果

3月15日 あやね杯
昨年に引き続き、参加させていただきました。
主催の城口先生は
非常に「人」や「縁」を大事にされる方で
私もその力に引き寄せられました。
多くのチームが参加し
真剣に生徒と向き合う指導者が
たくさんいて
大いに刺激を受けました。
【試合結果】
 予選リーグ
 
 開誠館 22vs14 滝ノ水(愛知)
 開誠館 41vs3 稲羽(岐阜)
 開誠館 34vs17 春日井西部(愛知)
 開誠館 28vs6 緑陽(岐阜)
 開誠館 27vs8 味岡(愛知)
 結果…1位(5勝)
【得点王】
 1位 奈須希咲 (向陽ミニ) 31点
 1位 岡村南奈 (豊川ミニ) 31点
 3位 鈴木彩日 (舞阪ミニ) 22点
 4位 元場楽々 (磐田ミニ) 16点
 5位 松本恵莉 (曳馬ミニ) 15点
 6位 小幡桃花 (新居ミニ) 12点
 7位 藤井麻結 (雄踏ミニ) 5点
 7位 名倉舞香 (浅間ミニ) 5点
 7位 山田季空 (豊川ミニ) 5点
 10位 鳥居桔梗 (六合ミニ) 4点
 10位 本多瑠夏 (浅間ミニ) 4点
 12位 本多沙羅 (浅間ミニ) 4点
全員試合に出ることができ
課題のディフェンスは、まずまずでした。
まだ、ボールを見れない人や
声のでない人がいます。
フットワークや読みがなく
1対1で簡単にシュートを打たれる人もいました。
オフェンスはスキップパスが
だいぶ飛ばせるようになりました。
宿舎では、本格的な厨房に入り、
自分たちで簡単な食事を準備しました。
見ていると、バスケットと同じでした。
熱いフライパンを相手に向けて渡そうとしたり
次やることが分かっていなくて
誰かに言われてやっと動いたり
熱いものを持って狭いところを走ったり。
先を考える力
周りを見る力
相手のことを考える力
どれもバスケットに必要です。
普段おうちで、お手伝いをしている人は
やっぱりテキパキしていました。
自分からお手伝いのできる中学生になりましょう。
洗濯もそう、
段取り力が問われます。
どうすれば早く終わるか、
どう干せば早く乾くか、
考える力が身につきます。
全てがいい勉強です。(^_^)
3月16日 あやね杯
【試合結果】
 順位トーナメント
 開誠館 35vs11 応時スピリッツ(愛知)
 開誠館 23vs14 西郊(三重)
 決勝リーグ
 開誠館 21vs38 藤浪(愛知)
 開誠館 13vs19 BlueWave(愛知)
 結果…3位(2敗)
【得点王】
 1位 岡村南奈 (豊川ミニ) 22点
 2位 奈須希咲 (向陽ミニ) 21点
 3位 鈴木彩日 (舞阪ミニ) 19点
 4位 松本恵莉 (曳馬ミニ) 14点
 4位 小幡桃花 (新居ミニ) 14点
 6位 名倉舞香 (浅間ミニ) 2点
若水や藤浪と戦えたことはいい経験になりました。
とはいえ
いい経験にするかどうかは
これからの練習次第。
今までと同じ練習や
生活態度なら
経験から学んでいないということ。
ゲーム中に逃げたり
人を頼ったり
ミスをした人は
これから
「何を」
「どんなふうに」
変えなきゃいけないのか
答えをもらったのです。
変わろう。
変わることが
「強くなる」
ということです。
彼女が、「開誠館に友達がいる」と
城口先生に話したことがきっかけで
ご縁をいただきました。
2年ぶりにお会いできた先生もいらっしゃいました。
走ってスペースを攻める
素敵なチームを作られていました。
一生懸命な人たちがたくさんいました。
私も頑張ります。(>_<)
文責:石川