部活動

中学女子バスケット! 練習試合の結果

小岩四中の阿部先生が合同練習をしてくださいました。
教え子の鈴木隼人が、嬉しそうにシューティングをしていました。
その2人の姿をみていると、愛情にあふれ、卒業してもなお生徒の事を思っている阿部先生の「気持ち」が伝わってきました。
DEF③ができていないことに気づき細かく指導してくださいました。
2日でだいぶ厚いDEFができるようになりました。
DEF③って偉大です。
「ボールサイドは激しく逆サイドは賢く」 をテーマに練習します。
4月12日 NAGOYACUP
【試合結果】
 予選リーグ
 開誠館 49vs31 明豊(愛知)
 開誠館 31vs21 日進西(愛知)
 開誠館 35vs30 富山北部(富山)
 結果…予選1位(3勝)
 交流戦
 開誠館B 28vs3 神の倉B(愛知)
 開誠館B 27vs11 泉北シュープリームB(大阪)
 開誠館B 13vs9 鯖江B(福井)
【得点王】
 1位 石田悠月 (蒲ミニ) 32点
 2位 小幡桃花 (新居ミニ) 25点
 3位 元場楽々 (磐田ミニ) 22点
 4位 岡村南奈 (豊川ミニ) 16点
 5位 奈須希咲 (向陽ミニ) 13点
 5位 松本恵莉 (曳馬ミニ) 13点
 7位 樋口栞帆 (蒲ミニ) 11点
 8位 本多沙羅 (浅間ミニ) 8点
 9位 名倉舞香 (浅間ミニ) 7点
 9位 鈴木彩日 (舞阪ミニ) 7点
 9位 本多瑠夏 (浅間ミニ) 7点
 12位 石塚彩帆 (相生飯田ミニ) 4点
 12位 竹内彩萌 (有玉ミニ) 4点
 12位 尾島梨沙 (新居ミニ) 4点
 14位 伴野亜佳音 (和合ポート) 2点
 14位 高井優希 (与進ミニ) 2点
 14位 鳥居桔梗 (六合ミニ) 2点
 14位 大久保涼 (百園ポート) 2点
 14位 山本怜奈 (蒲ミニ) 2点
 14位 古橋杏 (北庄内ポート) 2点
 14位 辻本茉衣華 (芳川北ミニ) 2点
4月13日 NAGOYACUP
【試合結果】
 決勝トーナメント
 一回戦   開誠館 48vs61 惟信
 敗者決定戦 開誠館 30vs40 桃山
 7位決定戦 開誠館 31vs36 明豊
 結果…8位
【得点王】
 1位 石田悠月 (蒲ミニ) 34点
 2位 小幡桃花 (新居ミニ) 20点
 3位 岡村南奈 (豊川ミニ) 13点
 4位 元場楽々 (磐田ミニ) 9点
 5位 名倉舞香 (浅間ミニ) 8点
 6位 松本恵莉 (曳馬ミニ) 7点
 7位 鈴木彩日 (舞阪ミニ) 6点
 7位 奈須希咲 (向陽ミニ) 6点
 7位 樋口栞帆 (蒲ミニ) 6点
惟信高校戦
レギュラーは、周りを見ずにバラバラに動き、お互い邪魔をし、タイミングとかスペースとかスピードとか何もなくリズムを作れないまま訳が分からないうちにリードされ、交代で出る選手がことごとくターンノーバーを繰り返し酷い試合でした。
今まで何を練習してきたのだろうと、思うほど、悪いところが全部でました。
その後の2試合の記憶はありません。
ただ情けなくて、恥ずかしくて、逃げるように学校に帰ってきました。
練習が足りません。
心の折れる音が、聞こえました。
この気持ちを、どうやって選手に伝えればいいのだろう。
やってきたことが何も身についていませんでした。
自分に自信が持てずにそれを正直に話しました。
苦しくて、つらくて、逃げたい気持ちや去年の翔洋戦で誰が試合に出て誰が引退したのかを話しました。
翌日、家でビデオも見られなかったので、学校で生徒と一緒に見ようとしましたが気持ちがなく、2分で部屋を出ました。
その後、また正直に話しをしました。
翌日、生徒がノートに気持ちを書いてきてくれました。
読んで、涙が出てきました。
生徒は、ちゃんと聞いてくれていました。
なぜ開誠館にきたのか考えて、頑張ると言ってくれました。
まさか生徒に励まされるとは。
グズグズしてちゃいかんと、自分は弱かったのだと、気づきました。
翌朝、生徒に「もう逃げない宣言」をし、3日で立ち直りました。
もう逃げません。
そして、生徒に強くあれと言っているのだから自分も弱い姿は見せません。
今回は、弱かった。
このチームがどこまで成長できるのか、善一先生が喜んでくれるように、逃げずに頑張ります。
カッコつけている場合じゃない。
必死でやるのみです。
どんなに下手でも、戦えるチームに絶対にします。
こんなに自分を強くしてくれた、名古屋カップに感謝しています。
文責:石川