部活動

令和元年度 第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会結果報告

令和元年度 第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会

【二 回 戦】開  成8-9x浜松開誠館 〇 【開】松下、古山、室田、松下-鈴木(悠)

                      【本塁打】本多(優)

                      【二塁打】本多(駿)2、本多(優)、鈴木(悠)、谷口2、鈴木(諒)

【三 回 戦】引佐南部1-7浜松開誠館 〇  【開】松下-鈴木(悠)

                      【本塁打】本多(駿)、本多(優)

                     【三塁打】神田【二塁打】本多(駿)、古山

【準々決勝】中  部2-1浜松開誠館 ●    【開】松下、古山-鈴木(悠)【三塁打】古山【二塁打】神田

IMG_0773 DSCN1554 IMG_0774 IMG_0779

 

【戦評:開成戦】

 5-3。2点差のまま、最終回の攻撃を迎える。

 この回先頭の3番本多(優)(二年:飯田小出身)が右中間に二塁打を放ち無死二塁。その後二死となるも6番谷口(二年:城北小出身)が右中間にタイムリー二塁打を放ち、5-4。7番鈴木(諒)(三年:砂丘小出身)もライト線に同点となる二塁打を放って続いた。

 延長の8回表、開成の攻撃。一死から8番、9番に連続四球で出塁されると、1番打者にセンターオーバーの三点本塁打を放たれ8-5。万事休すだった。しかし、その裏、開誠館は驚異的な粘りを見せる。

 先頭の代打森(二年:浜松西小出身)が四球で出塁すると、一死から2番本多(駿)(二年:飯田小出身)が右中間に二塁打を放ち、一死二三塁。そして、3番本多(優)、4番鈴木(悠)(三年:新津小出身)の連続タイムリーヒットが飛び出し、8-7。5番松下(三年:入野小出身)が四球で一死満塁、一打逆転サヨナラの場面となった。この場面で打席に立った6番谷口が初球を強振。左中間を抜く逆転サヨナラタイムリーヒットとなった・・・。

DSCN1551 IMG_0777  IMG_0778

 久しぶりに粘りを見せた試合だった・・・。昨年の秋の実績は、そうした粘りから生まれたものだったと思う。粘って粘って逆転勝利。その粘りが夏前に見られた意義は大きい。

 夏のシード権は獲得できた。しかし、ボールが代わったことで従来の軟式野球の定説が覆ってきており、特にこの春先は実力差はどのチームもなくなっているように感じた。この試合のように挑戦者として粘り強く戦う試合を夏の大会では期待したい。

IMG_0775 IMG_0776