部活動

平成30年 全日本少年軟式野球浜松支部予選大会優勝報告

平成30年 全日本少年軟式野球浜松支部予選大会

【準々決勝】 浜松北部0―4浜松開誠館(8回特別延長) 〇  【開】山田―鈴木(悠)

                               【二塁打】山田2、馬場

【準  決  勝】 高台0―2浜松開誠館 〇  【開】山田―鈴木(悠) 【二塁打】馬場

【決  勝】 中郡1-3浜松開誠館 〇  【開】馬場―鈴木(悠) 【二塁打】馬場

 

【戦評:対高台戦】

 前日行われた準々決勝で浜松北部を8回特別延長の末、4対0で勝利し、4月に行われるブロック大会に二年連続で出場を決めた。今日は順位決めということで選手たちのモチベーションが気がかりだったが、余計な心配はいらなかった。

 0対0で迎えた6回表、開誠館の攻撃。先頭の3番馬場(二年:白脇小出身)がライトオーバーの二塁打を放ち無死二塁。送りバンドが決まり一死三塁で、5番山田(二年:浜松北小出身)の時にパスボールがあり、まずは1点を先制した。その後、二死無走者となったが、6番野中(二年:白脇小出身)が四球で出塁すると、7番神田(一年:浅間小出身)、8番安川(二年:白脇小出身)の連続安打で二死満塁と再びチャンスを作り出した。そして9番鈴木(諒)(一年:砂丘小出身)が三連打となるタイムリーヒットをライトに放ち、2点目を奪った。

DSCN1456 DSCN1458

 先発した山田は連投となったが、昨日と同じく抜群の安定感で打者をテンポよく打ち取り、3試合連続完封を達成した。打線も連日の好投手との対戦だったが、終盤に集中打が出て得点につなげ、投打のバランスがかみ合って勝利した。その勢いは次の決勝戦でも見られ、二年連続で春の浜松支部の1位となり、次のブロック大会へ出場することとなった。

 大会を通じてチームは成長を遂げた。しかし、それは新チーム発足当初から地道に積み重ねてきた一日一日が土台にあってのことだ。正しい練習の積み重ねはチームを強くしてくれる。公式戦に勝ち続けたことで成長を実感できたに違いない。

 次のブロック大会も勝ち抜くことは簡単ではないが、是非勝ち抜いて今年も県大会出場を果たしてほしい。越えなければいけない壁はその先にあるのだから・・・。

DSCN1462 DSCN1461 DSCN1460