教育方針
教育方針 未来を育む教育
(やる気と目標を育めば,君の輝く未来は浜松開誠館で必ず見つかる。)
 

 浜松開誠館「みのりの樹」を若樹から成木に育て、さらに未来は大樹となる力を育む教育が、浜松開誠館の教育方針「未来を育む教育」です。
 成長盛んな若樹「みのりの樹」を生徒と捉え、枝葉を支える一番大事な幹は徳育でたくましく太らせます。本校に根付いた根っ子には吸収力豊かな「Kコンパス」「7つの習慣J」などを数多く注入します。この指導が将来大樹になる要素の「人間教育」であり、心を豊かにして、教養と人格・品格を備える人間形成に繋がると考えています。徳育の成果により幹がたくましく育つ事は、自らやる気と目標・目的を見出す事であり、その力が知育・体育の部分になる枝葉を繁らせます。3年後、6年後には確実に結実する花を咲かせ、その果実は、徳育の幹から育った未来を見据える人間力・夢力・智力により結実した「みのり」であります。
 徳育・知育・体育の三位一体教育が文武両道の成果となり、自ら、己の未来を見つける力を育み、社会が求めている、また、必要としている社会人となり、若樹から成木、そして大樹へと成長させる教育が本校の教育方針「未来を育む教育」です。

教育理念

学校は楽しく学ぶ場であることが極めて重要であります。学校生活の3年、6年間は短い期間ですが、思春期、青春期は人間形成において誠心・知能・身体があまた磨かれる時であります。学ぶ場は、和やかで無限の友情が広がる空間要素をもち、創造力と美的感覚を育む教育環境が必須であります。そして、教員は一人ひとりの生徒と向き合い、個性と才能を伸ばす役割と、人格・品格を備えた人間性豊かな生徒の育成を使命とし、教育指導に励みます。

 

中学校・高等学校グランドデザイン

h29jh-grand h29h-grand

クリックするとPDFでファイルを開けます。