部活動

華道

華道部:"花の都しずおか"フラワーデザインコンテスト2020にて金銀銅の全賞を受賞!

 2月22日(土)ツインメッセ静岡(静岡市)にて、県主催"花の都しずおか"フラワーデザインコンテスト2020が開催され、 高2の2名と卒業生1名(常葉大学2年、第1回同コンテスト高校生部門で金賞受賞)が出場しました。

 今年度は新型コロナウイルスの影響で大会直前にクローズ形式に変更となりました。大勢の観客で賑わいのある例年の雰囲気と異なり、ひっそりした空気の中でしたが、どの出場者からも気迫が感じられ、制作時間60分があっという間に過ぎました。

  今年で4回目となる本コンテストは、昨年度より、高校生から専門学校生等23歳までの一般の方が同じくくりで審査されることになり、どこの学校も練習を重ねてきており、年々レベルが上がっていることを感じました。

 

 IMG_1156 IMG_1191 IMG_1167  IMG_1169  IMG_1165

  結果は、出場者34名中、本校の2名は最高賞の金賞(1名)と銅賞(6名)、卒業生が銀賞(1名)を受賞し、金銀銅賞の全賞受賞という快挙を達成しました。本校生徒は昨年高1で出場し銅賞を受賞、2回目の出場となる今回は、最高賞を目標に、細かな技術の練習や花材の特徴を生かして細部まで丁寧にいける練習を重ねました。また、3学年上の先輩と一緒に練習することができ、先輩が切り開いてくれたコンテストへのチャレンジ精神を間近で感じられたことも刺激になったようです。

 当日は制作のみに集中する様子が遠目にも伝わってきましたが、生け終わった後、制作中のいろいろなハプニングについて話してくれ、それを乗り越えての完成だったということがわかりました。

 華道講師の 細野由紀子先生には、今回も物心両面において情熱あふれる指導をしていただきました。先生は、華道の技術や知識だけでなく「努力し続ける忍耐力」や「自分の意思を強く持って取り組むこと」の大切さを教えてくださいました。講評の際、審査委員長の村松文彦様から、フラワーデザインのポイントとして「デザイン性」「色彩性」「テーマ性」と「完成度」についてお話をいただきました。それらは日頃何度も何度も言われていることであり、あらためて練習で教えられていることの質の高さを実感しました。

 細野先生はじめ、開催が危ぶまれる中でコンテストを運営してくださった主催者の皆様、すばらしいお花を提供してくださった生産者の皆様、学年末試験直前のコンテスト出場を見守り応援してくださったご家族の皆様に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 IMG_1195 IMG_1203 (3)

金賞「春の女神」 主花材: 赤目柳         銀賞「飛躍」 主花材:フトイ、ハラン

高2 内山 星音                    卒業生  木下うらら 

IMG_3071

銅賞「Move the World!」主花材:バンブー 縞ハラン

高2 楠ケ谷 美奈 

   IMG_1206  IMG_1222 (2) 

 

IMG_1228 (2)  IMG_1231 (2)

IMG_1232 (2) 

 

 

華道部:1月の練習風景

 暖冬といわれる今年は、早くも正面玄関の白梅が咲きはじめました。1月末をもって学年末試験を終え、家庭学習に入る高校3年生にエールを送っているかのようです。

    DSC_0454 (2)

 

 1月は春を感じる花材をたくさんいけてきましたが、今日はこでまりです。片垂れもののこでまりが美しく見えるように、垂れ方の向きをよく見ていけました。

 上級生は、2/22にツインメッセ静岡で行われる「花の都しずおかフラワーデザインコンテスト」の練習に入りました。試行錯誤の真っ最中です。

 

IMG_1765 IMG_1766

IMG_1773 IMG_1769

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

華道部:新年を迎えて

 昨年末に生けたお正月花です。

 先生から、「歳寒三友」(冬の寒い季節に友とすべき三つのもの)と言われる「松(生命力)、竹(礼節)、梅(忍耐強さ)」のお話を伺い、新年に向けての決意を込めて生けました。

 令和になって初めての新年、そして東京オリンピック開催の年にふさわしく、「和」の雰囲気が漂う華やかな作品になりました。

 厳しい寒さが続いていきますが、松の生命力や梅の芳香を感じながら、春を迎えたいと思います。

 

【花材】若松 木瓜 葉牡丹 透し百合 アイリス スプレー菊 スプレーカーネーション 銀玉すだれ

IMG_2841

IMG_2855 IMG_2876

IMG_2888 IMG_2875

IMG_2866

 

華道部:12月の練習風景

 午前日課の先日、午後の時間をたっぷり使って「生花(しょうか)二種生」に挑戦しました。

 京都から来てくださった木村先生に、「真副体」を中心にあしらいを入れるという生花の型、長さや向きの決まりなどについて、デモンストレーションをしながら説明していただきました。

   

実際にいけてみると、わからないことばかりで質問の連続でしたが、自由花とは全く異なる生け方に、新鮮さと奥深さを感じたようです。表裏、枝ぶりなど、花材をよく見る勉強にもなり、とても良い経験となりました。

 

  生花二種 (赤目柳、トルコ桔梗)

   IMG_2829 IMG_2826 IMG_2833

華道部:11月の練習風景 その2

   11月最後の練習は、フラワーアレンジメントでした。

 可愛らしいクマさんと花々を目にして、教室に歓声があがりました。ちょうどこの日は期末テストの最終日、勉強疲れも吹っ飛んで制作に夢中になりました。

花材は「スプレーカーネーション、アスター、モカラ、カンガルーポー、ミスカンサス、レモンリーフ」です。ミスカンサスの使い方で雰囲気が変わりました。どのクマさんもとても楽しそうです。

(写真は正面からのものですが、上級生は後ろも工夫を凝らして、お花畑のようにしたり、前と後ろの表情を変えたりしています。) 

 

IMG_1758 IMG_1761

IMG_1762 IMG_1763

IMG_1759

華道部:11月の練習風景

 枯れ葉が舞いはじめ、寒さが身に染みる季節となりました。

 先日は、「デルフィニューム、薔薇、スイートピー、オンシジューム、霞草、ゴットセフィア」を手にして、「色彩」を意識して立体感のある作品を制作しました。花物だけで自由花を生けることに挑戦し、補色の関係や外に出る色・内に入る色などを考えながら生けていくことで、強弱や奥行きのある作品を制作することができました。

 寒さを吹き飛ばしてくれるような、フレッシュな作品をご覧ください。

 

IMG_1714 IMG_1709

IMG_1719 IMG_1717

IMG_1709 IMG_1707

 

 

華道部:10月の練習風景

 朝夕、肌寒さを感じる季節となりました。学園では金木犀のいい香りが流れています。

 先日は、「フォックスフェイス、トルコキキョウ、デンファレ、かすみ草、ゴットセフィア、赤つる、利休草」を手にして、秋らしい作品を制作しました。フォックスフェイスは、その名のように「狐の顔」のようなおもしろい形をしています。ハロウィンを前に心も弾み、温かみのある作品を作り上げることができました。

 フォックスフェイスや利休草、赤つるの使い方と生徒がそれぞれ選んでいる花器に注目してご覧ください。

  IMG_2625 IMG_2619

     IMG_2624 IMG_2617

   IMG_2616

 

 

 

華道部:「Ikenobo 花の甲子園静岡県大会」にて、2年連続3位入賞!

   9月14日(土)、「Ikenobo花の甲子園静岡県大会」が、静岡市民文化会館で行われました。本校からは高校2年生3名がチーム名 Buddies(仲間たち)で出場し、2年連続、堂々の3位入賞を果たしました。 

   大会テーマは「私たちの未来」。自分たちの未来について、考えたことや感じたことを作品とプレゼンテーションで表現しました。

 

 IMG_0781 ← 左から 【1作品目】【2作品目】【3作品目】

 

【1作品目】子どもたちが安心して生きている「未来の地球」

   コスモスを主材として「国を越えて地球市民のことを思いやる優しさ」を、ニュウサイランのまっすぐな線で「地球を守りたいという強い気持ち」を表現しました。

【2作品目】人のつながりの根本である「家族」

   V字形の花器の2口を、暖かい色の実をいっぱいつけたツルウメモドキでつなげて「家族の絆」を表現しました。くねったり、小さな枝がいろいろな方向を向いたりしているツルウメは「近いが ゆえの衝突や反発」も表しています。

【3作品目】「未来の不確実さと希望の光」

  ふわーっとしているアブライトで「未来への漠然とした不安や不確実さ」を表現しました。その中にも「希望の光を込めたい」と思い、ヒマワリを使いました。 

 

 IMG_0744 IMG_0750

   IMG_0754  IMG_0787

  

 昨年と同じメンバーでの大会練習でしたが、構成の仕方、空間の生かし方、下段の処理、ダイナミックさや立体感の出し方など、実際に作品に反映させていくまでには、大変時間がかかりました。お花の表情は毎回異なるため、それに合わせて生けていかなければならない難しさがあります。その難しさに悩みながら、試行錯誤を何度も重ねながら、常に「美しさ」を追求し続けました。彼女たちは、この練習を通じて、昨年よりもさらに大きく成長し、Buddiesのつぼみ(bud)をふくらめることができたと思います。当日のプレゼンテーションでは、本校が推進している「SDGs 持続可能な開発目標」とも関連づけながら、未来について各々が考えたことを堂々と発表しました。最後は「私たちはお花の力を感じながら、様々なことを乗り越えて未来を切り開いていきたいと思います。」と未来への決意を力強く述べ、3分間を終えました。     

 

   華道講師の細野先生、木村先生には、常に温かく明るい雰囲気を作りながら「美を追求する奥深さ」の域まで生徒を導いてくださったこと、花材等で多大なご支援を賜りましたことに心より感謝申し上げます。また、ずっと応援し見守ってくださった保護者の皆様、アドバイスや励ましの言葉をくださった先生方、本当にありがとうございました。

華道部:「浜松市中学生花のコンテスト」で優秀賞を受賞

 8月25日(日)、「第1回浜松市中学生花のコンテスト」がはままつフラワーパークにて開催されました。

 はじめに、はままつフラワーパークの塚本こなみ理事長より、「植物のいのちはどこにあるか」をテーマとしたお話がありました。樹木医でもある塚本様のお話は、驚くことが多く、新鮮で、大変いい勉強になりました。

 このコンテストは、フラワーパークの植物をとって花材として使ってもよいというユニークな企画で、参加者はまず花材を探しに園内を回りました。実際にはえている樹木から、枝ぶりを見ながら気に入った枝を切り取るという初めての経験をして、心が弾んだようです。また、用意していただいた花材も種類が豊富で、お花を選ぶことを楽しみながらいけることができました。

 

 参加者50名の中で、本校中学華道部の稲垣千嘉さん(中2)が優秀賞を受賞しました。(最優秀賞1名、優秀賞2名) 作品のテーマは「夏の涼しさ」で、テーマがとてもよく表現されているとの講評をいただきました。

 当日は、本校高校華道部も一緒に、デモンストレーション作品をいけさせていただきました。中学生が創造性のあふれる作品作りに取り組んでいる姿は、高校生にとっても、いい刺激になったようです。

 

 塚本様、細野様をはじめとする花のコンテスト実行委員会の皆様には、大変お世話になりました。すばらしいコンテストに参加させていただき、心よりお礼申し上げます。

 

 

IMG_0665 IMG_0692 (3)

 IMG_0698 (2) IMG_0694

IMG_0671  IMG_0709 (2)

IMG_0699 IMG_0716 (2)

 

華道部:「真澄祭 部活動展示の部 第一位」令和につないだ九連覇!  

 

   6月7・8日に行われた真澄祭の「部展の部」で第1位を獲得、九連覇を達成することができました。

   今年度、華道部は”Flying Dumbo with Love”をテーマとし、ダンボが花に囲まれながら浜松の空を飛ぶ世界を創作しました。

    高校2年生が5月はじめから試行錯誤を重ねながら6日にようやく仕上げた大きなダンボ。なんと、翌7日(校内発表日)の朝に倒れていました。呆然とする暇もなく、アイディアを総結集させて修復と固定の強度増に取り組み、部展鑑賞時間の途中、ついにダンボが立ち上がりました。ハラハラしながら一般公開の日を迎えましたが、ダンボも頑張ってくれて、多くのお客様がダンボと一緒に空を飛んで(?)くださり、笑顔があふれる会場となりました。

IMG_4413  IMG_4409

IMG_4457   IMG_4454

  また、恒例のフラワーアレンジ教室では、生徒達はいろいろな年齢層の方を前にはじめは大変緊張していましたが、次第に会話もはずみ、お花を介して和やかな雰囲気が流れていました。

IMG_4442 (2) IMG_4480

 自由花やフラワーアレンジの個人作品も褒めていただき、華道部員にとって達成感と喜びにあふれる一日となりました。

IMG_4483   IMG_4425

 IMG_1052   IMG_1040 

               高2 「初夏に響く」          高2 「Summer  Time」

 

 IMG_1035 IMG_1032

               高2 「希望」       高2  「Sweet   Sixteen 」

  

    真澄祭終了のアナウンスが流れたとき、生徒達は「よく頑張ったね、お疲れ様」とダンボに話しかけていました。幾つになっても鮮やかな思い出として、記憶に残る文化祭になったようです。
 

 華道部の展示をご鑑賞くださった皆様、準備の日々を見守り応援してくださった保護者の皆様、ありがとうございました。また、華道講師の細野由紀子先生には、温かく情熱のあふれるご指導と全面的なご支援をいただき、心よりお礼申し上げます。