部活動

クラフト

クラフト部 ~サッカー応援の旗作り~

11月11日(金)の活動内容は、13日のサッカー応援で使うための旗作りです。

まずは布の端がほつれないように、周りをアイロンでしっかり固定したあとミシンで縫います。

DSC_0575

3メートル以上の旗もあるため、複数人で協力しながら作業をしました。

DSC_0577

そのあとは、旗の棒が入る筒の部分を作り、ミシンで縫って完成です!

えんじ色の旗が18枚できました!!

DSC_0578

3メートル以上の旗となると、作業時間が2,3時間を超えることも…。

意外と時間がかかり、部員たちも苦戦していました。

しかし、サッカー応援当日、多くの生徒たちに旗を使ってもらい、

「頑張った良かった!」と部員たちの喜びの声が上がりました。

DSC_0581

次回の決勝戦でも、多くの旗を使ってほしいと思います。

クラフト部 ~プラパン作り~

クラフト部です。9月23日(金)は、プラパン作りをしました。

各自、好きな絵をプラパンに描いていきます。

プラパンの色は白いですが、透けるので、描きたい絵の上に置き、写すこともできます。

DSC_0574

そして、トースターで数十秒焼くと、縮んで硬くなります!

DSC_0572

取り出してすぐに冊子に挟み、平たくして形を整えます。

DSC_0573

プラパンの完成です!

焼く前に穴をあけておくと、紐を通すことができるためキーホルダーとして使用できます。

世界に一つしかない、オリジナルのプラパンです。

クラフト部 ~1学期締めくくり~

今日は、1学期最後の部活です。

真澄祭が終わり、高3も引退し、人数が減って少し寂しい雰囲気ですが

部員たちはとても仲が良いので楽しく活動しています!

今日は、部室の掃除をするグループとアイロンビーズを作るグループに分かれて活動しました。

まずは、部室の倉庫の片付けをします。

 

 

DSC_0514

部員たちで協力して片付け、これまで溜まっていた荷物を一掃しました!! 

DSC_0520

だいぶ、綺麗になりました!これから更に活動しやすくなりそうです!!

続いて、アイロンビーズを作るグループ。アイロンビーズは、真澄祭で使用した残りを使います。

DSC_0517

ピンセットでビーズを取り、型にはめる作業・・・。色分けするのも一苦労です。

DSC_0518

そして、こんなに綺麗なハート型のアイロンビーズが完成しました!

気づいたら、1時間半も経っていました。作業に夢中になると、時間が経つのはあっという間です。

夏休み期間中は、部活をお休みします。次回、2学期以降も、頑張って活動していきます。 

クラフト部 ~真澄祭~

真澄祭の一般公開が6月12日(日)に行われ、

クラフト部では「お菓子の家」をテーマに展示と体験コーナーを設けました。

  DSC_0461  DSC_0462

 

展示では、部員一人ひとりが作成したお菓子をテーブルの上に並べました。

DSC_0464    DSC_0467

そして、テーマである「お菓子の家」です!!カラフルなお菓子の家が完成しました。

部員たちが一生懸命力を合わせて作りました。

DSC_0465

体験コーナーではアイロンビーズとプラパンを行いました。

部員たちがお客様一人ひとりに作り方を教え、完成した作品に笑顔や喜びの声を聞くことができました。

DSC_0469 DSC_0481DSC_0463

真澄祭では、多くの方々にお越し頂き、誠にありがとうございました。

今年度の反省を活かし、来年度に向けて部員一同頑張っていきます!

クラフト部 ~活動風景~

クラフト部では、現在真澄祭に向けて活動中です。

DSC_0375

それぞれ好きな色の布を選び、作業に取り掛かります。

今年のクラフト部のテーマは『お菓子の家』です。

部員全員で力を合わせて、お菓子の家の作成に取り掛かっています!

DSC_0377

布を切って綿をつめて・・・

DSC_0376

可愛いキャンディーが完成しました!!

まだまだやることがたくさんあるので、部員たちもいつも以上に真剣に取り組んでいました。

 

 

クラフト部 真澄祭に向けて

クラフト部では、現在真澄祭に向けて準備をしています。

テーマを決め、グループごとに作品に取り組んでいます。また、個人作品に取り組む生徒もいます。

みんなで何を作るか試行錯誤しながら、楽しく活動しています。

真澄祭ではご来場してくださった方々に楽しんでいただけるよう、一人ひとりが案を出して取り組んでいます。

是非、真澄祭にお越しください。

クラフト部ブログ用

クラフト部のご紹介

 クラフト部はものづくりの好きな仲間が集まっています。
 それぞれの部員が工夫を凝らし、自分だけの作品に取り組みます。友だちの製作する様子を観ることもとても楽しく自分の作品製作に活かすこともできます。
 また、これからは真澄祭に向けて、部員全員でものづくりをしたり、お客様へのおもてなしの工夫を考えたりと一体感を持って取り組んでいきます。
 真澄祭には、部員全員の心のこもったおもてなしをいたします。