部活動

クッキング

クッキング部 第21回 真澄祭のご報告

本日 6月10日(日)の第21回 真澄祭には、多くのお客様にご来場いただきましてありがとうございました。

部員たちは、前日からの調理と当日の配布係のシフト表に従い、5回の配布時間で合計500食分を用意しました。毎回10分間程度で配布が終了したため、お待ちいただいた方、お渡しできなかった方にはお詫び申し上げます。

お客様の投票による部展の部の表彰では、見事『2位!』となりました。ありがとうございました。

部員一同、今後の活動の励みとなったことと思います。

DSCN3782 DSCN3787 DSCN3789 DSCN3790

今後は、次年度の真澄祭に向けて、調理の技術を磨いていきます。活動の様子は、随時ご報告いたします。

 

 

 

クッキング部 第21回 真澄祭のご案内

 今年度のクッキング部は、『パウンドケーキ』を作ります。

1月から計画を仕始め、4月から本格的に練習を行い、分量・焼き時間の調節、味の決定などを進めてきました。

DSCN3728DSCN3729

6月10日(日)の一般公開日には、本館6階のエレベーターホールにて、部員が調理したものを配布(無料)します。

すべて手作りのため、配布できる数に限りがありますが、午前9:00~午後1:00頃の間にお越しいただき、多くの方に召し上がっていただけましたら幸いです。

調理すること、食べることが大好きな部員が心を込めて作りますので、よろしくお願いいたします。

 

新入生が入部しました。

今年度のクッキング部の活動が始まりました。

本日(20日)は、高校1年生の仮入部期間のため、2・3年生と一緒にグループを組んで、『チョコチップクッキー』を作りました。入部希望者が多く、調理室が満員の状態でしたが、どのグループも和やかな雰囲気で、クッキーも上手に焼き上がりました。

DSCN3687DSCN3691DSCN3690

次週からは、真澄祭に向けて準備を進めていきます。

今年度もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クッキング部 チョコクッキーを作りました。

2月16日(金)は、『チョコクッキー』を作りました。活動時間が限られていますので、材料を混ぜてからすぐに焼く、ドロップクッキーにしました。

今回のポイントは、『白砂糖・きび砂糖』の2種類の砂糖を使い、味に深みを出したことです。クッキーの焼き上がりはやわらかいのですが、10分ほどで程よく色づき、かたくなります。焼きすぎてしまうことが多いので、注意が必要です。

クッキーは、挑戦してみたいメニューとして人気が高いのですが、材料を加える順番や混ぜ方、焼き上げのタイミングなど、学びが多かったようです。

DSCN3619 DSCN3624

今年度の活動は、今回で終了となります。次年度も随時ご報告していきますので、よろしくお願いします。

 

 

フォンダンショコラを作りました。

2月2日(金)は、久しぶりに調理を行いました。メニューは毎年恒例の『フォンダンショコラ』です。寒い冬にはうれしい、濃厚であつあつのチョコレートケーキです。

美味しさのポイントは、チョコレートの選び方と焼き時間を守ることです。

最近はコンビニスイーツにもあるため、完成のイメージは持っていたようですが、手作りの焼き上がりは、表面がつややかで、今にもとろけ出しそうな感じに部員は少々戸惑っていました。しかし、粉砂糖でお化粧をして試食をすると、その食感に感激していました。

DSCN3615DSCN3617

次回は16日に調理をし、今年度の活動は終了します。また、1月から次年度の文化祭(真澄祭)の企画を始めていますので、決まり次第ご報告します。

 

 

 

 

エッグトーストを作りました。

11月17日(金)は、メレンゲを作る練習をした後、エッグトーストを作りました。

食パンにハムとチーズの順番に乗せ、メレンゲに卵黄を混ぜたものをふんわりと乗せてから、オーブンで表面がきつね色になるまで焼きます。表面はカリッと、中はふわふわの食感が味わえます。写真のように、今日はケチャップをかけましたが、食パンにピザソースなどをぬっても良いと思います。

DSCN3477DSCN3478

寒い朝にアツアツのトーストはいかがでしょうか。

さつまいも団子を作りました。

11月10日(金)は、さつまいもを使ったメニュー第3弾として、さつまいも団子を作りました。

さつまいもをやわらかく茹で、同量の白玉粉と混ぜ合わせ、水を少しずつ加えて団子にします。

団子を沸騰した湯に入れて茹で、アツアツの団子にメープルシロップときな粉をかけていただきます。

さつまいもをほんのり感じることができ、モチモチの新食感が味わえます。残ったさつまいもの活用法としていかがでしょうか。

DSCN3470

毎週の調理で、計量と手順の大切さを学びながら活動をしています。

スウィートポテトを作りました。

10月27日(金)は、スウィートポテトを作りました。

本来はさつまいもを蒸した方が美味しいのですが、活動時間が限られていますので、さつまいもを茹でてから、バター・砂糖・生クリーム・牛乳を加えて味と固さを整え、成形してから焼き上げました。

今回は、ハローウィン風に成形し、焼きあがってからチョコペンで飾り付けをしました。どのグループも、工夫をして仕上げていました。

DSCN3457DSCN3459

2学期の活動日もあと数回です。今後は、おかずにも挑戦していく予定です。

さつまいも蒸しパンを作りました。

10月13日は、旬を迎えた「さつまいも」を使い、『さつまいも蒸しパン』を作りました。

ホットケーキミックス・卵・牛乳・砂糖・バターで生地を作り、さつまいもを加えて蒸します。

さつまいもが重いため、生地を少し固めにするために卵と牛乳の量を調節することがポイントです。

蒸し器を使うのが初めての部員がほとんどであり、こちらの学びにもなりました。電子レンジでもできますが、やはり蒸気の力は偉大であり、ふっくら感としっとり感の両方を得ることができます。

DSCN3428DSCN3430

1年生は失敗からいろいろなことを学んでいますので、今後、少しずつ調理技術を磨いていきます。

 

 

スノーボールを作りました

 10月6日はスノーボールを作りました。

粉糖・アーモンドパウダー・アーモンドダイズ・バター・小麦粉を混ぜ合わせ、丸めてオーブンで焼きます。

仕上げに粉糖を掛けるとホロホロとした食感を味わうことができ、焼くことでアーモンドの香りもより豊かになります。

初挑戦のメニューでしたが、幼い頃を思い出しながら、上手に丸めていました。

DSCN3421DSCN3423

秋になり涼しくなってきましたので、今後は温かなメニューに挑戦していく予定です。