部活動

文化部

今年度の活動が始まりました。

今年度も多くの入部希望があり、調理室が賑やかになりました。

本日から真澄祭(文化祭)に向けての練習を始め、どのグループも久しぶりの調理を楽しんでいました。

今年度も毎週の活動内容をご報告していきますので、よろしくお願いいたします。

DSCN4062DSCN4073

 

 

 

 

 

軽音学部:春コンサート

こんにちは!

軽音楽部は今年度も聴いてくださる方に楽しんでいただける演奏を心掛けていきます。

よろしくお願いします。

 

遠鉄モール街Anyで春コンサートが開催されました。

春コンサートはアコースティックのイベントで、浜松開誠館高校の軽音学部の生徒も

呼んでいただきました。  

 

高校2年の「heartbraker」

普段はバンドで活動していますが、アコースティックのユニットでも活動します。

IMG_3713 IMG_3717

 

高校2年の「ほのか」

バンドとアコースティックのユニットの活動をしています。

IMG_3709IMG_3707

 街中でのイベントで、高校生のメンバーに温かい拍手やアンコールをしていただきました。

ご来場いただきましたお客様、スタッフの方々、ありがとうございました。

吹奏楽部 「ほのぼのコンサート」出演

3月24日(日)、みをつくし文化センター(細江町)で「ほのぼのコンサート」が行われました。

このコンサートは、本校音楽監督・常任指揮者の浅田享先生が、音楽監督・常任指揮者を務める「浜松交響吹奏楽団」と浜松市社会福祉協議会が「障がいのある人もない人もともに楽しもう」というスローガンのもと毎年行っているもので、今回で30回目を迎えます。

このように歴史があり、地元の方々に愛されるコンサートに我々吹奏楽部もゲストとして出演させていただき、心から感謝しております。

 

「浜松交響吹奏楽団」の方々と合同で演奏をする機会もいただき、入念なリハーサルが行われました。

まだまだ未熟な生徒たちに、優しくお声かけいただき、生徒たちの緊張もほぐれました。

無題

 

控え室では、出番を待つ間、音の確認を時間ぎりぎりまで行いました。

無題3

 

そして迎えた本番、課題も沢山ありますが、今出せる精一杯の力で演奏することができました。

生徒自ら司会を行い、ソロパートも緊張しながらもそれぞれが堂々と演奏しました。 

無題2 無題4

無題6

 

そして、合同ステージでは、「浜松交響吹奏楽団」の方々の胸をお借りし、いつも以上の力を発揮することができました。

本当に貴重な経験をさせていただきました。

無題5

 

「浜松交響吹奏楽団」の方々のお力添え、そして来場者の方々の手拍子と笑顔で、本当に幸せな時間を過ごさせていただきました。

今回の経験から学んだ多くのことを、更なるステップに繋げていきます!

無題9 

 

Facebookページもご覧ください。

https://www.facebook.com/hamamatukaiseikanbrassband

吹奏楽部 卒業式が行われました

3月19日(火)、中学校の卒業式が行われました。

3月1日に高等学校の卒業式が行われてから20日あまり、中学3年生も卒業の日を迎えました。

吹奏楽部は、卒業生の入退場の曲、仰げば尊しなどを演奏し、その門出に華を添えました。

無題1 無題 

 

本番前には、厳粛な式に相応しい演奏ができるよう入念に音の確認を行いました。

無題2 無題3

無題4 無題5

無題6 無題7

1日に高等学校の卒業式で演奏したことを活かし、更に良い演奏となるよう、皆気を引き締めて臨むことができました。

卒業生の皆様の前途が幸多いものであるよう、吹奏楽部員一同お祈りしております。

 

Facebookページもご覧ください。

https://www.facebook.com/hamamatukaiseikanbrassband

後期生徒総会を実施しました。

平成31年3月15日(金)に後期生徒総会を実施しました。

各専門委員長からの活動の反省と次年度へ向けての課題が示され、一年間の生徒会活動の締めくくりをすることで、さらに次年度素晴らしい活動をするべく会が進行され、生徒会役員からも生徒アンケートの結果を元に次年度への取り組みについて示されました。

今後ともに本校生徒会では自主・自律の精神で生徒会を運営していこうと計画しています。

IMG_1559IMG_1560

 

 

 

 

 

 

IMG_1561IMG_1562IMG_1563

 

 

第18回浜松開誠館演劇部「春の定期公演・卒業公演」開催のお知らせ

こんにちは。浜松開誠館演劇部顧問の福岡です。

浜松開誠館演劇部は、3/22(金)に控えた定期公演に向け、学年それぞれでグループに分かれ、日々の練習に励んでいます。

中学1年生から先日卒業した卒業生まで、浜松開誠館演劇部の春の陽気のような“ゆるい”舞台をご観劇ください。

 

第18回 浜松開誠館演劇部 春の定期公演・卒業公演

【日 時】平成31年3月22日(金) 18:00~20:30頃

【会 場】なゆた浜北 なゆたホール

【日 程】 1800~ 演劇部1年生公演 生徒創作短編2本

       「夕焼けの時の太陽(あなた)」中曽根悠亜 作

       「えっ?お前もかっ!」山本愛来 作

      1900~ 演劇部2年生公演 生徒創作短編3本

       「as more most」中村舞 作

       「オルゴール時計」紅谷花凜 作

       「この物語はフィクションです」筒井虹汰 作

      2000~ 演劇部卒業生公演 顧問創作

       「もういない」福岡大吾 作

【入場料】 無料 事前申込必要なし

【駐車場】 なゆた浜北地下1階、最初の2時間まで無料。以降30分毎100円。

軽音学部:卒業式ライブ

3月1日(金)G-Side にて、毎年恒例「卒業式ライブ」を行いました。

毎年、卒業したばかりの3年生は最後に演奏します。最後の演奏となる3年生のために、沢山のお客様が来場してくださいました。また、先輩方も遠方から駆けつけてくれました。

以下、写真にて当日の様子をご紹介します。

高校1年生バンドのFreedom            

IMG_3648 

高校1年生バンドのHeartbraker

IMG_3653

高校1年生バンドのDo yo love me  ?                

IMG_3656

高校1年生バンドのJKの夢壊しに来ました

 IMG_3660

高校2年生バンドのNot Found

IMG_3669 IMG_3682

卒業生バンドのChad wick cherry          

IMG_3689

卒業生バンドのLost limit

 IMG_3697

 ライブの後は、現部長からの言葉と、卒業生一人ひとりからの言葉がありました。ちょうど、前日練習した3年生に3年間で1番の思い出を聞きました。答えはメンバー全員が「部活です!」と言ってくれました。

ライブの後にも

「軽音楽部に入りたくて、ここに入りました。」

「練習は大事です。」

「大変なこともあると思うけど、やって良かったと思うと思うので頑張ってください。」

「ライブをやらせてもらえてありがたいです。」

など、思いを伝えてくれました。真剣に話す先輩を見て涙を流す後輩もいました。

 

良い部員をもって顧問は幸せです。それぞれの進路で、前に向かって進んでくれることでしょう。機会があれば、いつでも顔を出して欲しいと思います。音楽も楽しんでくださいね!

IMG_3702

IMG_4393

 

 

 

 

華道部:今年度最後の練習風景

  今年度最後の練習は、京都から木村先生が来てくださいました。やさしいピンクの桜、あたたかさを感じる黄色のレンギョウの2種類の木物を使って、それぞれ自由な感覚でいけました。

「お花と話しながらいけようっと・・・」などという言葉が聞かれ、細野先生、木村先生の日頃の教えを素直に吸収している様子をほほえましく思いました。お花を楽しみ、お花を学び、自分のお花をいけることを追求してきたこの一年。どの生徒にも大きな成長の足跡が見られました。

    花材・・・桜、レンギョウ、シンピジューム、カーネーション、フリージア、ヒペリカム、クロトン

IMG_1469 IMG_1475

 

        IMG_1467              IMG_1472 

 

       IMG_1466               IMG_1477

華道部:"花の都しずおか"フラワーデザインコンテスト2019にて全員受賞!

    2月23日(土)プラサ ヴェルデ(沼津市)にて、静岡県主催"花の都しずおか"フラワーデザインコンテスト2019が開催され、本校華道部から高1の3名が出場しました。3回目となる今回は、専門学校生と高校生が一緒に審査されることとなりました。また、指定花器が「大小のプレート2枚、ポット1枚」の3個となり、花材も主催者からの「配布花材」に、出場者の選択による「持ち込み花材」が加わり、制作の自由度が増し個性的なデザインの作品が並びました。

 出場者28名中、本校の3名は全員銅賞(金賞1名、銀賞1名、銅賞6名)を受賞することができました。練習では2日前まで制限時間内に完成できない状況でしたが、「このデザインを完成させる」という強い意志をもって練習をやり続けました。当日は大勢の観客の中でも集中して制作に取り組み、満足のいく作品を時間内できちんと仕上げ、やりきった達成感で笑顔にあふれていました。

 華道講師  細野由紀子先生には、練習花材を支援していただき、情熱あふれるご指導のもと、華道の技術だけでなく「徹底してやりきる」ことの大切さを教えていただきました。

 細野先生はじめ、お世話になった皆様、制作に集中できるよう様々なご配慮とすばらしい花材の提供をしてくださった主催者の皆様、学年末試験直前のコンテスト出場を見守り応援しくださったご家族の皆様、ありがとうございました。

 

 IMG_1411 (2) IMG_1455 (2)

                       シルクロード ~ローマから長安そして奈良へ~

 

IMG_1400 (2) IMG_1456 (2)

                                  Victory ~春の輝き~

 

IMG_1424 (2) IMG_1459 (2)

                                     東京2020 

                

IMG_1453 (2)