部活動

女子バスケットボール

高校女子バスケットボール部!「浜松市長表敬訪問」を行いました

平成29年11月27日(月)

本校の高校女子バスケットボール部は、ウインターカップ静岡県大会で優勝しました。

昨年に引き続き、今年も県大会で3冠を達成することができ、さらに、オールジャパン予選でも優勝の結果を残しました。

本日は、鈴木康友市長に静岡県代表としてウインターカップ2017 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会(12月23日~東京体育館)に出場することを報告するために訪問しました。

始めに三島正敬監督からウインターカップ静岡県大会優勝について報告を行い、続けて、鈴木信一コーチより選手の紹介が

行われました。その後、市長から激励のお言葉をいただきました。

最後に、3年生でキャプテンの石田さんが、ウインターカップでベスト4進出に向けた抱負を語りました。

 

DSCN6780

DSCN6794 DSCN6791

 

中学女子バスケット! 「新人戦 西部大会」の結果

11月18日 西部大会

【試合結果】

  一回戦 開誠館 82 VS 18 豊田南
  二回戦 開誠館 47 VS 27 竜洋

【得点王】
  1位 水谷光里 (多度南ミニ) 25点
  2位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 20点
  3位 安田百亜 (雄踏ミニ) 19点
  4位 小幡夕夏 (新居ミニ) 15点
  5位 中川紗希 (葵ミニ) 11点
  6位 岩永美空(多度中ミニ) 10点
  6位 西田妃那 (与進ミニ) 10点
  8位 小松楓那 (浅間ミニ) 7点
  9位 松井璃々 (北庄内ポート) 5点
  10位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 3点
  11位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 2点
  11位 内山弥美 (引佐ミニ) 2点

心配と、不安と、緊張で大会を迎えました。

このひと月、やってきたことが、正しかったのかどうか、結果が出るからです。

選手には、気持ちを強く持つよう伝えました。

結局、最後は気持ちです。

目の前のボールに、飛びつくか諦めるかの差ですから。

結果的には、ベンチ全員が、試合に出ることができました。

思いのほか、練習の成果が出ました。

少しずつ、ディフェンスやリバウンドが取れるようになってきました。

まだまだですが。

4試合終わるまでが、長い。


11月19日 西部大会

【試合結果】
  準決勝 開誠館 54 VS 46 西遠
  決勝  開誠館 58 VS 44 浜松南部

   結果…優勝(2年連続、県大会出場)

【大会ベスト5】

  岩永美空(2年、多度中ミニ)

  西田妃那(2年、与進ミニ)

【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町ミニ) 38点
  2位 水谷光里 (多度南ミニ) 23点
  2位 西田妃那 (与進ミニ) 23点
  4位 岩永美空 (多度中ミニ) 18点
  5位 小幡夕夏 (新居ミニ) 5点
  5位 安田百亜 (雄踏ミニ) 5点

 

浜松地区大会から、ここまで練習してきました。

どう探しても、近道がなく

いつ成果が出るか分からないけど、超基本から、生徒に伝え続け、反復練習をしてきました。

結果をみると、その成果が出たと思います。

萩原のキープ力と得点力

水谷・小幡のシュート力

西田・安田のリバウンド力

が伸びました。

気持ちだけで、何もできなかった岩永は、これから鍛えます。

Bチームは、プレッシャーに対して全く攻めることができず

守ることもできず、悲惨な出来でした。

「これでは、Aチームに悪い」と、ノートに書いてきた子もいました。

浜松地区大会で、何もできなかった西田が、成長したように

今度は、誰が成長するでしょうか。

1月の県大会に向けて、また1から始めます。

毎日、中3のスピードに鍛えられたおかげです。

ありがとう。

11

 保護者が祝勝会を開いてくださいました。

17

161514121813普段見られない笑顔が見れてよかったです。

勝つことって、大事だなとつくづく感じます。

県大会には、強いチームがいます。

県でも勝てるかどうかは、毎日の過ごし方です。

自覚や責任、プライドがどれだけ育つか、楽しみです。

文責:石川

高校女子バスケット! 「ウインターカップ県予選」の結果

Winter Cup 県予選
【試合結果】
  1回戦 浜松開誠館 105-60 富岳館

  2回戦 浜松開誠館 91-36 浜松市立

  3回戦 浜松開誠館 74-36 静岡西

  準決勝  浜松開誠館 84-54 常葉学園

  決勝   浜松開誠館 91-53 沼津市立

   結果…優勝(2年連続、全国大会出場)

4
【得点王】
  1位  石田悠月(浜松開誠館中) 155点
  2位  石牧葵(新居中) 77点
  3位  松岡木乃美(長久手南中) 33点
  4位  伊藤美沙希(光風中) 31点
  5位  樋口栞帆(浜松開誠館中) 29点
  6位  鈴木侑(周南中) 26点
  7位  小幡桃花(浜松開誠館中) 25点
  8位  伊藤綾優花(岡崎中) 23点
  9位  柴田麻子(竜洋中) 11点
  10位  大西莉央(藤浪中) 10点
  11位  高橋杏(湖東中) 8点
  11位  西田悠乃(信楽中) 8点
  13位  奈須梓咲(豊田中) 4点
  14位  松本恵莉(浜松開誠館中) 3点
  15位  大石沙紀(浅羽中) 2点

5

三島コーチのコメント

「結果的に、今年は県大会で3冠することができ、オールジャパン予選でも優勝することができました。

各大会で、優勝しても奢ることなく、最終目標を意識して練習し続けた結果だと思います。

最終目標は、ウィンターカップで昨年のベスト8を超え、メインコートで戦うことです。

昨年ベスト8で薫英に負けてから、ずっとそのことだけを考えて、チーム作りをしてきました。

もう一度鍛えなおし、開誠館らしい、泥臭いバスケットでメインコートに立ちます。

ご声援よろしくお願いします。

よし、頑張ろう!」

7

多くの方々のお力で、優勝することができました。

ありがとうございます。

OBも多数応援に来てくれました。

大会中に、主力の怪我がありましたが、1年の松岡が見事にその穴を埋め、シックスマンの小幡が、交代してシュートを決めるなど、ゲームの流れをつかむ働きを見せました。

3年生も、最後試合に出ることができ、結果的には全試合完勝で、全国切符を手に入れました。

今まで、何度も準決・決勝で苦しみ、跳ね返されてきたことを思うと、不思議な気持ちになります。

毎日、必死に声を出し、しんどいディフェンスフットワークを真剣にやっている姿は素晴らしいものです。

どうか、全国大会でもチームバスケットで暴れてきてください。

三島コーチ、高校生、保護者の皆さん、おめでとう!

12月23日から始まる「ウインターカップ2017」に出場します。

ご声援よろしくお願いします。

文責:石川

中学女子バスケット! 練習試合の結果

11月11日 練習試合

【試合結果】
  開誠館 15 VS 4 豊川南部
  開誠館 19 VS 6シャンソン
  開誠館 12 VS 16 シャンソン
  開誠館 15 VS 11 シャンソン
  開誠館 13 VS 13 シャンソン
  開誠館 20 VS 10 シャンソン
  開誠館 10 VS 9 シャンソン

【得点王】
  1位 中川紗希 (葵ミニ) 15点
  2位 萩原加奈 (清水町ミニ) 13点
  3位 岩永美空 (多度中ミニ) 12点
  4位 小幡夕夏 (新居ミニ) 10点
  5位 水谷光里 (多度南ミニ) 7点
  6位 渡邊結衣 (三方原ポート) 6点
  7位 有海真緒 (引佐ミニ) 5点
  8位 松井璃々 (北庄内ポート) 4点
  8位 西田妃那 (与進ミニ) 4点
  10位 内山弥美 (引佐ミニ) 2点


11月12日 練習試合

【試合結果】
  開誠館 33 VS 33 藤枝順心
  開誠館B 9 VS 10 藤枝順心B
  開誠館 23 VS 23 藤枝順心
  開誠館B 2VS 8 藤枝順心B
  開誠館 12 VS 5 藤枝順心

【得点王】
  1位 水谷光里 (多度南ミニ) 18点
  2位 萩原加奈 (清水町ミニ) 13点
  2位 岩永美空 (多度中ミニ) 13点
  4位 西田妃那 (与進ミニ) 11点
  5位 安田百亜 (雄踏ミニ) 8点
  6位 内山弥美 (引佐ミニ) 5点
  7位 小幡夕夏 (新居ミニ) 4点
  8位 松井璃々 (北庄内ポート) 3点
  9位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 2点
  9位 三好柚芭 (引佐ミニ) 2点

点が取れない、リバウンドが取れない、守れない。

試合は1週間後です。

困りました。

ゲームの中での役割を、整理して教えていきます。

オフェンスは、ボールを止めないこと、ゴールに向かうこと、相手にぶつかることを練習します。

ディフェンスのできない選手は、オフボールをさぼらず動けるか。

できるようにならなければ、負けるだけです。

あと3日、大事に練習します。

46

県の優秀選手賞をいただきました。

思い出すと、この2人も、1年前は何もできませんでした。

会話も通じず、毎日私の頭を痛くしてくれました。

本当に苦しかった日々を、今は笑って話せます。

1・2年生も、そうなる日が来るのでしょうか。

信じられません。

文責:石川

 

中学女子バスケット! 「新人戦西部大会」のお知らせ

以下の日程で、新人戦の西部大会が行われます。

11月18日 会場…舞阪総合体育館

   9:00 一回戦 開誠館 対 豊田南(磐周3位)

 14:20 二回戦 開誠館 対 竜洋・浜松東部の勝者

 

11月19日 会場…雄踏中学校

   8:45 優勝旗返還式

 10:50 準決勝

 13:50 決勝

 15:00 閉会式

まだまだ基本が身につかず、試合に勝つなんていうレベルではありません。

苦しい試合になると思いますが、できることをやります。

文責:石川

 

中学女子バスケット! 練習試合の結果

11月4日 練習試合
【試合結果】
  開誠館 42 VS 28 Nao(愛知)
  開誠館 24 VS 22 サンシャインズ(奈良)
  開誠館 24 VS 15 長野北(長野)
  開誠館 28 VS 29 刈谷南(愛知)
  開誠館 8 VS 29 長良(愛知)
  開誠館 20 VS 19 丸塚
【得点王】
  1位 水谷光里 (多度南ミニ) 34点
  2位 安田百亜 (雄踏ミニ) 24点
  3位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 23点
  4位 小幡夕夏 (新居ミニ) 21点
  5位 西田妃那 (与進ミニ) 20点
  6位 松井璃々 (北庄内ポート) 18点
  7位 内山弥美 (引佐ミニ) 16点
  8位 三好柚芭 (引佐ミニ) 10点
  8位 岩永美空 (多度中ミニ) 10点
  10位 渡邊結衣 (三方原ポート) 6点
  10位 松下えりな (城山ミニ) 6点
  12位 中川紗希 (葵ミニ) 2点

11月5日 練習試合
【試合結果】
  開誠館 12 VS 21 高校生
  開誠館 12 VS 20 高校生
  開誠館 8 VS 11 高校生
  開誠館 7 VS 19 高校生
  開誠館 10 VS 26 高校生
  開誠館 9 VS 23 高校生
  開誠館 5 VS 25 長良
  開誠館 12 VS 21 丸塚
  開誠館 12 VS 5 丸塚
【得点王】
  1位 岩永美空 (多度中ミニ) 25点
  2位 水谷光里 (多度南ミニ) 18点
  3位 渡邊結衣(三方原ポート) 4点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 3点
  4位 松井璃々(北庄内ポート) 3点
  4位 中川紗希 (葵ミニ) 3点
  7位 小幡夕夏 (新居ミニ) 2点
  7位 内山弥美 (引佐ミニ) 2点

 ディフェンスができない選手を、分かっていて試合に出しているのですから勝てるわけがありません。

オフェンスができない選手と分かっていて試合に出しているのですから、勝てるわけがありません。

選手に力がつくまでは、ただひたすらに負け続け、それに耐える日々です。

毎日、できないことの発見、確認、練習。

これで力がつくのかと、不安になりますが、結果が出る日を信じて、やるしかありません。

よそのチームの選手を見ると、上手いと思います。

開誠館の選手を見ると、本当に下手です。

今年は、亀の歩みです。

いつか、海に出る日を信じて。

文責:石川

中学女子バスケット! 練習試合の結果

10月28日 F1CUP
【試合結果】

 予選リーグ
  開誠館 37 VS 36 白子(三重)
  開誠館 55 VS 43 鼓ヶ浦(三重)
  開誠館 14 VS 66 メリノール(三重)
   結果…予選2位
【得点王】
  1位 水谷光里 (多度南ミニ) 41点
  2位 岩永美空 (多度中ミニ) 23点
  3位 松井璃々 (北庄内ポート) 7点
  3位 渡邊結衣 (三方原ポート) 7点
  5位 西田妃那 (与進ミニ) 6点
  5位 安田百亜 (雄踏ミニ) 6点
  7位 内山弥美 (引佐ミニ) 5点
  8位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 4点
  9位 有海真緒 (引佐ミニ) 2点
  9位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 2点

フルゲームで、14点しか取れないって、異常事態です。

10月7日以降、ずっと異常事態宣言を出していましたが、まだ続いています。

センター陣が、成長しない。

同じことを毎日毎日言われ続けて、その日の練習が終わっていきます。

先日の南部戦で、全く仕事ができなった西田にも、まだ変化がありません。

今はBチームでの気楽にバスケットをしています。

なんとかしなければ、という危機感が、プレーからは感じられません。

結局、渡辺や安田を育てるしかなくて、本当に基礎ができないので、試合はボロボロです。

リバウンドや、ディフェンスを練習しても、それが試合に出ない。

結局、練習が足りませんし、経験が足りません。

「このままでは負ける」と選手に言っていますが、言ったからといって選手のプレーは変わりません。

自分が焦るばかりで、どうすればバスケがうまくなるか、最近分からなくなってきました。

使える選手がいません。

しばらくは、負け続けると思います。

今自分がやっていることが、夏に向けて、いいことなのかどうかも分かりません。

完全に、難破船です。

目的地にはたどり着けません。


10月29日 F1cup
【試合結果】
 決勝トーナメント

 一回戦  開誠館 14 VS 21 薫英(大阪)
 順位決定 開誠館 26 VS 21 尼崎中央(兵庫)

【得点王】
  1位  水谷光里 (多度南ミニ) 10点
  2位 西田妃那 (与進ミニ) 6点
  2位 松井璃々 (北庄内ポート) 6点
  2位 萩原加奈 (清水町ミニ) 6点
  5位 安田百亜 (雄踏ミニ) 5点
  5位 岩永美空 (多度中ミニ) 5点
  7位 渡邊結衣 (三方原ポート) 2点

14点しか取れないチームに、怒っても仕方ないので、やめました。

とにかく、「がまんくらべ」

私が変えました。

でも、丁寧に話したら、生徒は黙るし、泣くし。

もうお手上げでした。

5分で済む話が45分かかります。

会話ができません。

私がパンクし、帰りました。

 

バスケットは1人ではできません。

最低5人。

ケガや、ファールトラブルを考えると、できれば7人くらい必要です。

ボールを運ぶ人、外から点を取る人、ドライブする人、中で点を取る人、リバウンドやルーズボールを取る人、ディフェンスをやる人。

声を出して、周りを鼓舞する人。

今の開誠館には、これらがまともにできるレベルの選手がいません。

 

これが現状、ここからどうやって這い上がるかです。

ひとつひとつ、教えていますが、西部大会には、とても間に合いそうにありません。

いろんな選手を試しています。

あと2週間で、どこまで作れるか、挑戦してみます。

「苦しいときは、成長しているとき」

それを信じて、今日も練習します。


静岡県バスケットボール協会優秀選手に以下の2名が選出されました。

11月12日に県武道館にて表彰されます。

樋口沙彩(3年、蒲ミニ)

中田絵美(3年、湖西ミニ)

 

 

高校女子バスケット! 「U-16アジア大会 準優勝」報告

インドで開催された「FIBA U16女子アジア選手権大会2017」に本校から、以下の生徒が参加しました。

日本は、決勝でオーストラリアに1点差で敗れ、惜しくも準優勝でした。

鈴木は、すべての試合に出場し、ディフェンスやリバウンドなどで活躍しました。

詳細は、JBA公式HPをご覧ください。


 

鈴木 侑(2年、周南中)

「今回、開催地がインドということもあって、こまめにアルコール除菌をしたり、お腹を壊すから水道水は使わないようにしたりと、自分で体調管理をすることがとても難しかったです。そして、日本はとても恵まれている国だということを改めて実感することができました。

 試合では、相手に2m近い選手がいたりして驚きました。決勝のオーストラリアには、大事なところで自分たちがシュートを決めず負けてしまいました。自分の中で課題が見つかったので、ウインターカップでは、その課題を克服したいです。」

CIMG0344

CIMG0349

帰国後、高林理事長に銀メダルを持って報告できました。

中学女子バスケット! 練習試合の結果

10月9日 練習試合
【試合結果】
  開誠館 23 VS 14 竜洋
  開誠館 21 VS 20学院
  開誠館 8 VS 47 ポラリス
  開誠館 39 VS 8雄踏
  開誠館 22 VS 17 東京成徳
  開誠館 14 VS 21 メリノール
  開誠館 22 VS 37 ポラリス
  開誠館 27 VS 34 東京成徳
  開誠館 19 VS 16 学院
【得点王】
  1位 水谷光里(多度南ミニ) 41点
  2位小幡夕夏 (新居ミニ) 31点
  3位 西田妃那 (与進ミニ) 20点
  4位 安田百亜(雄踏ミニ) 13点
  4位 岩永美空(多度中ミニ) 13点
  6位 井伊裕美 (浜北GK)11点
  7位 中川紗希(葵ミニ) 10点
  8位 長谷川春香 (SKTポート) 8点
  8位 横山つぐみ (葵ミニ) 8点
  10位 松井璃々 (北庄内ポート) 7点
  11位 樋口沙彩 (蒲ミニ) 6点
  11位 山口もも (豊田ミニ) 6点
  13位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 3点
  14位 渡邊結衣 (三方原ポート) 2点
  14位 小松楓那 (浅間ミニ) 2点
  14位 松下えりな (城山ミニ) 2点

ひとつひとつ、教えています。

大会でできなかったことを、練習します。

詰められると逃げる弱さが、チームに蔓延しています。

西部大会までに、ディフェンスの「圧」を強めます。

あとは、すべてのプレーが弱い。

足元も弱い。パスも弱い。

テーマは、「走る、跳ぶ、止まる、取る、押す、見る、考える」

前を向いてプレーできるように練習します。

毎日が真剣勝負です。

文責:石川

中学女子バスケット! 「浜松地区新人戦」の結果

10月7日 新人戦浜松地区大会
【試合結果】
 準決勝 開誠館 53 VS 38 江西
 決勝  開誠館 50 VS 45 浜松南部

   結果…優勝(西部大会出場)
【得点王】
  1位 西田妃那 (与進ミニ) 26点
  2位 水谷光里 (多度南ミニ) 21点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 17点
  4位 渡邊結衣 (三方原ポート) 11点
  4位 内山弥美 (引佐ミニ) 11点
  6位安田百亜 (雄踏ミニ) 9点
  7位 岩永美空 (多度中ミニ) 8点

オフェンスの約束事が守れず

ディフェンスの基本もできず

シュートを外しまくりました。

リバウンドも全く取れませんでした。

毎日練習していても、身についていることなんてほとんどありません。

ゲームに必要なスキルは、山ほどあります。

身につくまで、訓練するしかありません。

時間を大切に、練習します。

できないことが、たくさんあると分かって良かった。

怪我人がいる状態で、他のメンバーが何とかもぎ取った優勝です。

そう考えると、価値のあるものに思えます。

応援、ありがとうございました。

8

9


同日、「平成29年度 浜松地区優秀選手賞」の表彰式がありました。

本校から、以下の2名が選出されました。

10

【樋口沙彩(蒲ミニ)】

今回、このような賞をいただくことができてとてもうれしいです。

私は、中学に入ったばかりの時、バスケのことを何もわかっていなくて、スクリーンアウトさえも知りませんでした。

そんな私に、石川先生はたくさんのことを教えてくれました。

なので、このような賞をいただくことができました。

また、下手でわがままな私を、常に応援してくれた親のおかげでもあります。

本当にありがとうございます。

これからも次の目標に向かって頑張ります。

 

【中田絵美(湖西ミニ)】

このような賞をいただきありがとうございます。

私が賞をもらえたのは、部活でとても厳しくバスケを教えてくれた石川先生のおかげだと思います。

そして、中学バスケを一番そばで見守り、応援してくれた親の支えがあったからです。

自分では、全然バスケは上手とは思えないし、あまり自信もありません。

しかし、今回賞をもらったことを、少しでも自分の自信にしたいと思います。

高校でもバスケを続けるので、頑張っていきます。

 

2人とも、高校できっといい選手になります。

そのためにも、声を出すことや、ルーズボール、ディフェンスなど

地味なことを一生懸命やってください。

高校生の練習に入ってプレーしている君たちを、心から誇りに思っています。

文責:石川