部活動

女子バスケットボール

中学校女子バスケット! 「県大会最終日」の結果

1月12日 新人戦県大会
【試合結果】
  準決勝 開誠館 62 VS 25 清水南
  決勝  開誠館 72 VS 46 西遠

  結果…優勝(2年連続)

【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 60点
  2位 安田百亜 (雄踏ミニ) 16点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 15点
  4位 和泉利來 (有玉ミニ) 14点
  5位 楠田愛莉(B-PHANTOM) 8点
  6位 内山弥美 (引佐ミニ) 7点
  7位 松下えりな (城山ミニ) 6点
  8位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 3点
  8位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 3点
  10位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 2点

2試合とも全員出場し、目標を達成することができました。

ただ、学院や沼市がいなかったため

本当の実力はわかりません。

 

今週は、高校生とゲームをしてもらいました。

ボールも運べない有様でした。

真剣にプレッシャーをかけてくれる高3に感謝しています。

そして、会場にも心配して応援に来てくれました。

その優しさが大好きです。

 

Bチームのレベルが上がらないと

新入生にすぐに抜かれます。

危機感がない選手に、どうしたら持ってもらえるか考えます。

 

何人かの選手が

「試合が楽しかった」とノートに書いてきました。

練習で苦しんで、試合で楽しむ。

理想です。

これからの大会でも、そうなれるように

毎日の練習を頑張ろう。

 

昨年、ある先生が教えてくれました。

「奇跡は、信じたものにしか起きんぞ」

たしかに、と思いました。

奇跡を信じたら、ジャパンカップで奇跡が起きました。

このチームには、運があります。

奇跡を信じたら、県大会も勝てました。

これからも、奇跡を信じます。

IMG_5654

先日のジャパンカップも、今日も、

保護者がお昼を一緒に食べてくれます。

保護者の方からしたら、

昼まで気を遣って、大変だと思います。

それでも付き合ってくれます。

ありがとうございます。

緊張や不安、怒りに負けそうになる時間に

最大の味方と一緒にいることで、心が落ち着きます。

落ち着いて、子供たちの前に立てます。

私のメンタルサポーターは、スタッフと保護者です。

文責:石川

02

 

中学校女子バスケット! 「県大会予選リーグ」の結果

1月6日 新人戦 県大会
【試合結果】
  予選リーグ

  開誠館 59 VS 38 順心
  開誠館 82 VS 20 高根
  結果…1位(決勝トーナメント進出)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 31点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 21点
  3位 安田百亜(雄踏ミニ) 16点
  4位 和泉利來 (有玉ミニ) 12点
  5位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 10点
  5位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 10点
  7位 楠田愛莉 (B-PHANTOM) 9点
  8位 宮本千華 (蒲ミニ) 8点
  9位 内山弥美 (引佐ミニ) 6点
  9位 三好柚芭 (引佐ミニ) 6点
  11位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 4点
  12位 竹内葵 (二川ミニ) 3点
  13位 松下えりな (城山ミニ) 2点
  13位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)2点

ディフェンスで会話ができません。

2人で同じ相手についたり

どこにノーマークがいるか分からずウロウロしたり、散々です。

バスケは瞬間のスポーツです。

一瞬の遅れで、パスを通され、ドライブされ、シュートを打たれます。

迷ったら負けです。

意思表示と、仲間への指示ができるように

練習します。

 

多くのチームが、怪我やインフルエンザで苦しんでいました。

その中で開誠館は、1人の欠席で済みました。

大会に出られるのは、ありがたいことです。

ご家庭の健康管理のおかげです。

ありがとうございました。

文責:石川

中学校女子バスケット! 練習試合の結果③

12月29日 練習試合
 【試合結果】
  開誠館 29 VS 24 知多Jr(愛知)
  開誠館 12 VS 16 知多JrB
  開誠館 18 VS 15 布施(大阪)
  開誠館 21 VS 35 明豊(愛知)
  開誠館 20 VS 10 丸塚B
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 32点
  2位 安田百亜 (雄踏ミニ) 18点
  3位 和泉利來 (有玉ミニ) 6点
  4位 内山弥美 (引佐ミニ) 4点
  4位 宮本千華 (蒲ミニ) 4点
  6位 松下えりな (城山ミニ)2点

怒涛の8連戦が終わりました。

インフルエンザになった生徒はいますが、

大きな怪我もなく、無事に終えました。

子供たちは、体力も精神力も鍛えられました。


1月4日 メリノール合宿
【試合結果】
  開誠館 32 VS 14 桃山(京都)
  開誠館 22 VS 20 薫英(大阪)
  開誠館 21 VS 17 メリノール(三重)
  開誠館 13 VS 39 メリノール男子
  開誠館 22 VS 13 薫英
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 38点
  2位 内山弥美 (引佐ミニ) 19点
  3位 和泉利來 (有玉ミニ) 18点
  4位 小幡夕夏 (新居ミニ) 17点
  5位 楠田愛莉 (B-PHANTOM)8点
  6位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 6点
  7位 三好柚芭 (引佐ミニ) 4点
  8位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点

毎年、全国の熱い指導者が集まるこの合宿に参加させていただき

身の引き締まる思いで1年がスタートします。

自分よりも真剣で、必死な先生方を見ると

自分も負けていられないなと感じます。

子供たちもそうであってほしい。

全国を目指している他のチーム・選手を見て

「私も!」

と、モチベーションが上がるといいなと思っています。

県大会に向けて、どこまでの準備ができるか楽しみです。

とにかく、インフルエンザにならないことです。

文責:石川

中学校女子バスケット! 「U14 ジャパンカップ」の結果

12/26から開催されるU14ジャパンカップを前に、市長に表敬訪問を行いました。

001

市長と直接お話しができる、貴重な機会となりました。

000

 

002


12月26日 U14 ジャパンカップ
【試合結果】

  予選リーグ
  開誠館 57 VS 36 いただき(東京)
  開誠館 73 VS 33 bjsc(神奈川)

   結果…1位(2勝、決勝トーナメント出場)

IMG_5892

【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 24点
  2位 和泉利來 (有玉ミニ) 21点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 19点
  4位 内山弥美 (引佐ミニ) 15点
  5位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 9点
  5位 三好柚芭 (引佐ミニ) 9点
  7位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 8点
  8位 安田百亜(雄踏ミニ) 7点
  9位 松下えりな (城山ミニ) 6点
  10位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 4点
  11位 有海真緒 (引佐ミニ) 3点
  12位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)2点
  12位 服部杏奈(掛川中央ミニ) 2点

 

 ユニフォームを忘れた人以外

全員が試合に出ることができました。

Bチームの中で、ミスを我慢して、

1番長い時間コートに立っていたのは嶋野でした。

そのおかげで、Aチームは休むことができました。

大会は、団体戦です。

最終日に、いかに体力を残すか。

いろいろなチームがありますが

開誠館は、負ける試合以外、全員出場が目標です。

Aチームは、Bを出すために点差をつけ

Bチームは、Aを休ませるために点差を守る。

夏までに

それぞれの役割を果たせる選手になってほしい。


12月27日 U14ジャパンカップ

【試合結果】

 決勝トーナメント 
  一回戦 開誠館 61 VS 21 清水南(静岡中部)
  二回戦 開誠館 58 VS 47 松伏(埼玉)

  結果…ベスト4進出

中女バスケ写真

【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 54点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 22点
  3位 和泉利來 (有玉ミニ) 15点
  4位 内山弥美 (引佐ミニ) 10点
  5位 安田百亜 (雄踏ミニ) 7点
  6位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 5点
  7位 楠田愛莉 (B-PHANTOM) 2点
  7位 三好柚芭 (引佐ミニ) 2点
  7位 松下えりな (城山ミニ) 2点

 

 松伏戦は、サイズもパワーもある相手によく勝ちました。

どっちが勝ってもおかしくない内容でしたが

後半、相手にミスが出て勝ちました。

苦しい時に何ができるか。

で勝負は決まります。

ピンチがミスになるのか

それでも何とか次につなげるのかが、勝負の分かれ道。

普段から、苦しいことをやらせていくことが大事だと感じました。

毎日の練習で、相手をいじめることをやってきた成果が出ました。

 

勝負がかかった緊張感のある場面で、交代できる選手がいません。

有海や宮田が伸びてくれればよいのですが、まだまだです。

安田の集中力が、少しずつ上がってきました。

ミスのあとの返事

タイムアウトの集まる早さ

こちらの声かけにも、振り向くようになってきました。

してしまったミスは消えないけど

できることはある。

態度が変われば、プレーも変わります。

これからが楽しみです。


12月28日 U14ジャパンカップ

【試合結果】
  準決勝 開誠館 57 VS 42 無限(群馬)
  決勝  開誠館 68 VS 66 日体桜華(東京) *再延長

  結果…優勝

 

【個人賞】

  大会優秀選手・・・萩原加奈(清水町KF)

           安田百亜(雄踏ミニ)

  大会MVP  ・・・ 萩原加奈(清水町KF)

 

【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 42点
  2位 安田百亜 (雄踏ミニ) 28点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 25点
  4位 和泉利來 (有玉ミニ) 17点
  5位 内山弥美 (引佐ミニ) 13点

 準決勝は、Bチームが全くダメで説教しました。

ミスはする

守れない

あっという間に点差が縮まってしまいました。

自分たちの役割を自覚しろと話しました。

Bチームだろうが、プライドをもってほしい。

普段の練習のいい加減さが、そのまま試合に出ます。

練習のレベルが変わらないと、新入生にみんな抜かれます。

IMG_5658 

IMG_5890  

IMG_5660

IMG_5661

決勝は、しびれる試合でした。

終始相手にリードされて

離されるかというときに

何とかついていきました。

32分間、ずっと苦しい試合でした。

最後に追いついて延長。

そこでもリードされて

追いついて再延長。

その残り1分で、初めてリードしました。

そのまま逃げ切りました。

 

苦しい場面で点を取った選手

苦しい場面でリバウンドを取った選手

苦しい場面で真剣に声を出した選手

みなよく頑張りました。

そのご褒美が、優勝でした。

 IMG_5894 IMG_5893 

鳥肌の立つような試合を経験して

選手は、バスケットの楽しさを存分に味わうことができました。

「勝つって、こんなにうれしいんだ」って

体感できました。

6日間、

苦しい試合を重ねてきたからこその結果です。

君たちは、幸せ者です。

影のMVPである嶋野が、この日いなかったのが心残りです。

副賞の台湾遠征には、全員で行ってきます。

文責:石川

中学校女子バスケット! 練習試合の結果②

12月25日 練習試合
【試合結果】
  開誠館 30 VS 26 三股(宮崎)
  開誠館 22 VS 10 清心女子(新潟)
  開誠館 29 VS 22 白百合(岩手)
  開誠館 15 VS 29 八王子一(東京)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 34点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 18点
  3位 内山弥美 (引佐ミニ) 17点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 14点
  5位 和泉利來 (有玉ミニ) 10点
  6位 楠田愛莉(B-PHANTOM) 3点

 

リバウンドに跳んでいないことが分かりました。

取れるわけがない。

体を張ってペイントを守れないし

リバウンドも負ける

小幡の視野と判断力は全くない。

ミスのあと、くだらないファール。

プレスダウン。

安田の集中力がゼロ。

こちらが大声で名前を叫んでも聞こえません。

 

練習しているセットオフェンスで、

点が取れるようになってきましたが

課題がてんこ盛りです。


004

チーム開誠館の忘年会が行われました。

4つのカテゴリーが一堂に会する、年に一度の盛大な会です。

それぞれが、全国を目指していますので、

どのカテゴリーの保護者も、エネルギーがあります。

試合会場で、他のカテゴリーの保護者が応援に来ていただけるのも、

この会のおかげかと思っています。

どこが勝ってもうれしい。

どこが負けても悔しい。

そんな「チーム開誠館」です。

文責:石川

中学女子バスケット! 練習試合の結果①

12月9日 練習試合 

【試合結果】
  開誠館 28 VS 22 鯖江(福井)
  開誠館 12 VS 13 薫英(大阪)
  開誠館 37 VS 25 城北(神奈川)
  開誠館 24 VS 21 はとり(愛知)
  開誠館 11 VS 23 メリノール(三重)
  開誠館 15 VS 18 日枝(岐阜)
  開誠館 20 VS 22 創徳(三重)

【得点王】
  1位 小幡夕夏 (新居ミニ) 35点 

   2位 和泉利來 (有玉ミニ) 34点
  3位 有海真緒 (引佐ミニ) 27点
  4位 楠田愛莉(B-PHANTOM)19点
  5位 内山弥美 (引佐ミニ) 9点
  5位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 9点
  7位 松下えりな (城山ミニ) 8点
  7位 三好柚芭 (引佐ミニ) 8点
  9位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 2点
  9位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)2点
  9位 服部杏奈 (掛川中央ミニ)2点

 

和泉がよく転びます。

まず、体力がなくて、走れない。

体幹の筋力がなくて、ちょっとぶつかるとふらふら。

フットワークがなくて

自分の足につまずく。

1日中、転んでいました。

そして泣く。

話になりません。

今の自分が、いかに情けないか。

悔しいなら、泣いたってしょうがない。

変わりたいと思って、自分を鍛えることが大事。

苦しいトレーニングを続ければ、必ず変化がおきます。

強いプレーができるようになれば、活躍することもできます。

チームに貢献できる選手になれるかどうかは

本人の気持ち次第です。


12月22日 太郎杯

【試合結果】
  開誠館 21 VS 11 丸塚
  開誠館 35 VS 10 雄踏
  開誠館 26 VS 23 豊橋東部(愛知)
  開誠館 26 VS 23 駒ヶ根東(長野)
  開誠館 38 VS 16 東星(愛知)
  開誠館 45 VS 14 山中湖(山梨)
  開誠館 33 VS 13 南山(愛知)

【得点王】
  1位 安田百亜 (雄踏ミニ) 33点      

  2位 萩原加奈 (清水町KF) 32点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 27点
  4位 内山弥美 (引佐ミニ) 18点
  5位 楠田愛莉(B-PHANTOM)17点
  6位 和泉利來 (有玉ミニ) 12点
  7位 松下えりな (城山ミニ) 8点
  8位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 5点
  9位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 4点
  10位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 3点
  11位 三好柚芭(引佐ミニ)2点
  11位 服部杏奈 (掛川中央ミニ)2点
  11位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点
  11位 竹内葵 (二川ミニ) 2点

 

いよいよ8連戦が始まりました。

インフルエンザと、怪我との戦いです。

Aチームを少しでも休められるよう、Bチームを鍛えます。


12月23日 岐阜遠征

【試合結果】
  開誠館 22 VS 19 昭和橋(愛知)
  開誠館 18 VS 12 名塚(愛知)
  開誠館 11 VS 32 薫英(大阪)
  開誠館 8 VS 18 川越(三重)
  開誠館 23 VS 15 はとり(愛知)
  開誠館 50 VS 12 大野(岐阜)

【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 22点
  2位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 14点
  2位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)14点
  4位 松下えりな (城山ミニ) 12点
  4位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 12点
  4位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 12点
  4位 楠田愛莉(B-PHANTOM)12点
  8位 有海真緒 (引佐ミニ) 11点
  9位 三好柚芭 (引佐ミニ) 8点
  10位 内山弥美 (引佐ミニ) 7点
  11位 安田百亜 (雄踏ミニ) 6点
  12位 小幡夕夏 (新居ミニ) 4点
  12位 宮本千華 (蒲ミニ) 4点
  12位 竹内葵 (二川ミニ) 4点
  12位 服部杏奈 (掛川中央ミニ)4点
  16位 和泉利來 (有玉ミニ) 2点
  16位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 2点

 

「ディフェンスの崩壊」

相手に、ノーマークを見つけられ

全てノーマークシュート。

実は、ディフェンスをしていないことに気が付きました。

薫英の選手の視野と、判断力と、パス力と、ミートはすごい。

いい勉強になりました。

ビデオで確認したら

誰にもついていない人だらけ。

ここで分かってよかった。

ディフェンスのやり直しです。

 

会場での行動は、無駄が多いし

Tシャツは10人も会場に忘れてくるし

しかも、会場から電話がかかってくるまでそれに気がつかないし。

 

ミスのあと、子供たちが、どんな行動をとるか見ていますが

私が期待するような行動はとれません。

 

どうしてそのミスが起きたのか

どうすればよかったのか

子供たちが、どんな話をして、解決策や改善策を持ってくるのか

辛抱して待ちます。

待った結果、話にならんことばかり。

期待が大きすぎるから、腹が立ちます。

 

チームの荷物をどこに置くかで

そのチームのレベルが分かります。

よそのチームの、邪魔になるところにおいてあるチームにはガッカリします。

そして、自分のチームにガッカリします。

 

バスの通路にも平気でボールが置いてあります。

どうしたら、自分の次の人が通りやすいか、なんて考えられません。

バスケ以前のところが、まだまだです。


 12月24日 三重親善試合

【試合結果】
  開誠館 22 VS 17 多度(三重)
  開誠館 18 VS 22 長島(三重)
  開誠館 38 VS 13 光風(三重)
  開誠館 17 VS 17 北勢(三重)

【得点王】
  1位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 21点
  2位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 12点
  3位 服部杏奈 (掛川中央ミニ)10点
  4位 有海真緒 (引佐ミニ) 8点
  4位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)8点
  6位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 6点
  6位 三好柚芭 (引佐ミニ) 6点
  8位 竹内葵 (二川ミニ) 5点
  9位 楠田愛莉(B-PHANTOM)4点
  10位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点
  11位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 1点

 

真面目で一生懸命な選手たちは、

集合がかかると、頑張って走ってきます。

ただ、それが公園で、小さい子供が近くにいても走ってきてしまう。

それが道路でも、渡ってきてしまう。

 

集合はかかっている

でも、今ここで走ったら、小さな子供たちが危ないとか

でも、今ここは、車が来ていないか確認をしようとかできません。

 

そういった安全への配慮や他人への配慮ができるようになってほしい。

 

今まで何年かチームをみてきましたが

そんな配慮ができる子たちは、学力が高い子です。

 

真面目で、一生懸命。

素晴らしいことです。

ただ、自分で判断ができない集団は

危険です。

誰かの意見に、反対が言えない集団です。

 

多くの間違いをするこの年代に

自信があってもなくても

自分の意見がいえることが大事。

 

みんなで、意見を出し合える集団になるためには

勉強すること。

そして成績を上げること。

 

今のチームが、このままで終わるか

夏までに変われるか

通知表で分かると思います。

文責:石川

中学女子バスケット! 練習試合の結果

12月1日 練習試合

【試合結果】
  開誠館 40 VS 12 丸塚
  開誠館B 28 VS 6 丸塚B

【得点王】
  1位 松下えりな (城山ミニ) 8点
  1位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 8点
  2位 萩原加奈 (清水町KF) 6点
  2位 小幡夕夏(新居ミニ) 6点
  2位 有海真緒 (引佐ミニ) 6点
  2位 嶋野菜々美(湖西ミニ)6点
  2位 三好柚芭 (引佐ミニ) 6点
  2位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)6点
  3位 内山弥美 (引佐ミニ) 5点
  4位 和泉利來 (有玉ミニ) 4点
  5位 安田百亜 (雄踏ミニ) 2点
  5位 楠田愛莉 (B-PHANTOM)2点
  5位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点
  5位 鈴木梨々保 (蒲ミニ) 2点
  5位 竹内葵 (二川ミニ) 2点
  5位 服部杏奈 (掛川中央ミニ ) 2点

 

練習中、集合に来るのが遅い子

次の練習が始まっても、いつも後ろのほうに並んでいる子

ほかの子が、濡れた床を拭いているのに、水を飲んでいる子

自分の番が終わると、ほかの子のプレーをみないで、どっか向いてる子

そんなところをみつけて、話をします。

必要なのは本人の自覚と、周りの子のサポート。

 

今、できてない子が成長し

いつか、できてない子に教える日が来ますように。

そのころには、きっとバスケットもうまくなっています!

文責:石川

高校女子バスケット! 「東海大会」の結果

 《新人戦 東海大会》

【試合結果】
  二回戦 浜松開誠館 90-53 安城学園

IMG_5863 IMG_5864 IMG_5866 IMG_5865 IMG_5861 IMG_5867 IMG_5856 IMG_5855  IMG_5852 IMG_5851
  準決勝 浜松開誠館 49-74 岐阜女子

IMG_5857 

IMG_5869 IMG_5871 IMG_5858 IMG_5860 IMG_5859      
  3決   浜松開誠館 85-64 名古屋女子大学高校

IMG_5870 IMG_5874 IMG_5879 IMG_5872 IMG_5873 IMG_5878 IMG_5877

   結果…第3位

【得点王】
 1位 松岡木乃美(長久手南中) 70点
 2位 黒川菜津奈(高松中) 43点
 3位 山本涼菜(安東中) 42点
 4位 奈須梓咲(豊田南中) 18点
 5位 樋口沙彩(浜松開誠館中) 16点
 6位 大西莉央(藤浪中) 15点
 7位 中田絵美(浜松開誠館中) 10点
 8位 塩沢小夏(浜松開誠館中) 6点
 9位 太田明伽(磐田第一中) 2点
 9位 マッカラム杏菜(清水第七中) 2点 

 

三島コーチのコメント

 『準決勝では、力の差が歴然としていました。

 全国の上位レベルとは、全ての面において差があるなと思いました。

 なんとか追いつけるように、練習をやるしかありません。

 インターハイまでの期間で、鍛えるぞ。

 練習頑張ろう。

 やるしかない。』

koukou3

中学女子バスケット! 「新人戦 西部大会」の結果

11月17日 西部大会
【試合結果】
  一回戦 開誠館 73 VS 25 可美
 二回戦 開誠館 79 VS 46 新居

  結果…ベスト4進出(県大会出場)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 46点
  2位 内山弥美 (引佐ミニ) 23点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 21点
  4位  和泉利來(有玉ミニ) 16点
  5位 安田百亜(雄踏ミニ) 15点
  6位 楠田愛莉(B-PHANTOM)11点
  7位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 7点
  8位 有海真緒 (引佐ミニ) 4点
  8位 松下えりな (城山ミニ) 4点
  8位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 4点
  8位 三好柚芭 (引佐ミニ) 4点
  8位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 4点
  9位 渡辺妃芽莉(B-PHANTOM)2点
  9位 宮本千華 (蒲ミニ) 2点

全員が試合に出ることができました。

基本が身についていない選手は、ミスが減りません。

1度ミスをしても、次に工夫がみられればいいのですが

その引き出しがない。

それが、その選手の力です。

パスの仕方、止まり方、守り方、シュートの打ち方

もらい方。

「こんなことができるよ」と、

引き出しを増やしてあげることが

自分の役割だと感じます。


 11月18日 西部大会
【試合結果】
  準決勝 開誠館 62 VS 52 西遠
  決勝  開誠館 62 VS 53 学院
   結果…優勝(3年連続)
【得点王】
  1位 萩原加奈 (清水町KF) 44点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 28点
  3位 和泉利來(有玉ミニ) 18点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 16点
  5位 内山弥美 (引佐ミニ) 15点
  6位 楠田愛莉(B-PHANTOM)4点

3年生が応援に来てくれました。

本当にうれしかった。

毎日下級生と真剣勝負しているため

3年生の顔を見るとホッとします。

下級生に比べて、気が遣えるし、話が合います。

試合中に自分が、選手に何か言おうと思った時

先に上から指示が出ていました。

しかも、私が言おうとした言葉よりも

はるかに分かりやすい言葉で。

この子たちと過ごした日々を、懐かしむと同時に

この子たちのためにも

「順心戦を忘れるな」

と、自分を戒めます。

あんな悔しさを、二度と選手に味わわせてはいけない。

絶対に忘れません。

 

浜松地区大会から、チームは変わりました。

逃げないことと

いじめること

これを練習してきた結果

試合で、困った顔をみせることがなくなってきました。

みんなでリングに向かうチームに

自分たちで考えて行動できるチームに

なってきました。

 

成長するきっかけは、多くの失敗です。

たくさん失敗して、たくさん負けて

たくさん走って、たくさん泣いて

1つずつ学んできました。

その結果が、この笑顔です。

よく頑張りました。

01

子供たち、保護者と、こんな笑顔でいられることに幸せを感じます。

新チームのスタート時に、保護者会で言いました。

「今年は、3年生の時のように勝てるとは思わないでください。」

02

でも、

父母会長は、明るく宣言しました。

「ジャパンカップも優勝して、海外遠征にいくぞ~」

さらに、忘年会のダンスを一緒に練習してくれる保護者の皆さん。

そんな保護者の力が、

このチームをどんどん良いほうへ引っ張っているのかもしれません。

子供たちの可能性を信じ

チームを応援してくれる気持ちのいい保護者ばかりです。

ありがとうございます。

さあ、次は県大会です。

沼市と戦えるよう、これから準備します。

文責:石川

 

 

 

高校女子バスケット! 「静岡県優秀選手賞」の報告

2月3日に、「平成30年度 静岡県優秀選手賞」の表彰式が行われました。

本校から以下の6名が受賞しました。


小幡桃花

今回、このような賞をもらえたことにとても感謝しています。

私は、バスケットが上手いから選ばれたのだと思っていません。

キャプテンとしてチームをまとめる姿を認めてもらい、

選ばれたと思っています。

バスケが上手かったらいいわけではないということがよくわかりました。

バスケが下手でも、

自分にできることを見つけ、

それをただひたむきに一生懸命頑張ることに意味があるのだと思いました。

優秀選手賞に選ばれて、そこから学んだことを無駄にせず、

次のステージでも頑張ろうと思います。

ありがとうございました。


 鈴木侑
今回このような賞をいただくことができ、とても嬉しく思います。

これは自分だけの力ではなく、

支えてくださった家族、先生方、チームのみんなのおかげです。

とても感謝しています。

国体では、普段一緒にプレーすることのない選手と

一緒にプレーすることの難しさだったり、

楽しさを感じることができました。

結果は岐阜に負け、本戦への出場はできなかったのですが、

とても自分にとっていい経験になりました。

この経験を生かし、これからも精一杯頑張っていきます。

ありがとうございました。


 石牧葵
このような賞を受賞することができ、とても光栄です。

ウィンターカップでは、個人的に不甲斐ない結果で終わってしまいましたが、

それを次のカテゴリーに活かしていきたいです。

支えてくださった家族、仲間、先生に感謝し、

これからも全力でバスケに邁進していきたいと思います。

多くの人の支えでここまでこれました。

本当にありがとうございました。


伊藤綾優花

優秀選手賞に選んで頂きありがとうございます。

昨年に続き選んでもらうことができ、とても光栄です。

こうして選んでもらうことができたのは、

本気になって指導してくださった三島先生や、

自分のことを支えてくれた両親のおかげだと思っています。

私は大学でもバスケを続けます。

この経験を無駄にしないよう

大学ではさらに成長できるように頑張ります。

本当にありがとうございました。


 松岡木乃美

今回、この賞を頂くことができ嬉しく思います。

この経験を通して、自分の足りない部分や課題を見つけることができました。

国体で学んだことを無駄にしないように

日々の練習を大切にし、努力していきたいです。

このような賞を頂けることも、

バスケットができることも、

周りで支えてくださる方がいるからだと思います。

これからもバスケットができることに感謝し、

全力で頑張っていきます。
ありがとうございました。


山本涼菜
 今回このような賞をいただけたのは、

熱く指導してくださる先生、

支えてくれる先輩方や仲間のおかげです。
高い意識を持ち、

自分に厳しく努力を続ける先輩方からは多くのことを学びました。

コートの中では、常に声をかけ、カバーしてくださり、

絶対的な信頼と安心の中で、プレーすることができました。
これまで学んだことを、今後チームの中で生かしていけるよう、

また、優秀選手として恥ずかしくないプレーができるよう、努力していきます。


koukou2
 

君たちの人生は、始まったばかりだ。

開誠館で学んだことは、きっと君たちの人生の礎となります。

苦しさから逃げずに、自分と戦った日々を胸に、次のステージでも地道に頑張ってください。

下級生は、これからが本当の勝負。

チームを引っ張る大変さに気づくときが来ます。

先輩のように、苦しんで、強くなれ!

文責:石川