部活動

女子バスケットボール

中学女子バスケット!「中体連浜松地区大会」の結果

7月15日 中体連 浜松地区大会
 【試合結果】
  一回戦 開誠館 84 VS 44 南陽
  二回戦 開誠館 72 VS 45 浜松北部

         結果…ベスト4進出(県大会出場!)

DSC_0248
【得点王】
  1位 岩永美空 (多度中ミニ) 34点

DSC_0274
  2位 西田妃那 (与進ミニ) 24点
  3位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 22点

DSC_0556
  4位 松井璃々 (北庄内ポート) 15点
  5位 楠田愛莉 (B-PHANTOM) 13点

DSC_0498
  6位 水谷光里 (多度南ミニ) 12点
  7位 渡邊結衣 (三方原ポート) 11点

DSC_0287
  8位 安田百亜 (雄踏ミニ) 6点
  8位 有海真緒 (引佐ミニ) 6点

DSC_0467
  10位 中川紗希 (葵ミニ) 4点
  11位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 2点

開誠館のように、部員の多い学校は、ユニフォーム争いがあります。

学年が上がっても、試合に出られる保証も、ベンチに入れる保証もありません。

それをわかっていて、選手は入学してきます。

とても勇気や覚悟が必要です。

Bチームであっても、ケガをしたり、学校生活がちゃんとできなくて、練習を休めば、ベンチには入れません。

その状況で、選手は3年間を過ごします。

地元の学校に行っていれば、試合に出れたかもしれない。

そんな気持ちは、常に選手の心の中にあります。

以前こんなことがありました。

 

娘を気遣った保護者が、娘にこう言いました。

「地元の学校に戻るか?

今より試合に出られるかもよ」と。

娘の答えはこうでした。

 

「開誠館で出れなきゃ意味がない」

 

それを聞いた保護者は、感動したそうです。

娘がそんなにも、プライドを持ってやっていたことに。

大人が思っている以上に、子供たちは覚悟を決めて、日々のライバルとの戦いに挑んでいるのです。

Bチームとして、試合に出る選手一人一人にも、そんなドラマがあります。

 

1本のシュート、1秒の出場時間であっても、

それは、その子が勝ち取ったものなのです。

恐ろしく下手な選手たちですが

どうか、そんな目で、見てやってほしいです。


5月16日 中体連 浜松地区大会
【試合結果】
  準決勝 開誠館 73 VS 39 浜松南部
  決勝  開誠館 64 VS 46 西遠

   結果…優勝

【得点王】
  1位 岩永美空 (多度中ミニ) 35点
  2位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 27点
  3位 西田妃那 (与進ミニ) 24点

DSC_0889
  4位 小幡夕夏 (新居ミニ) 19点
  5位 水谷光里 (多度南ミニ) 13点

DSC_0932
  6位 安田百亜 (雄踏ミニ) 4点
  7位 渡邊結衣 (三方原ポート) 3点

DSC_0894
  7位 松井璃々 (北庄内ポート) 3点
  7位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 3点

DSC_1260
  10位 有海真緒 (引佐ミニ) 2点
  10位 内山弥美 (引佐ミニ) 2点

DSC_1031
  10位 三好柚芭 (引佐ミニ) 2点
  10位 楠田愛莉 (B-PHANTOM) 2点

 

力が読めない中で、大会を迎えました。

結果的には、全試合全員が出場することができました。

Bチームが出ても、点が取れたり、守れたりする場面があり、

うれしくなりました。

会長杯から、とにかく早いオフェンスを練習してきました。

ディフェンスは、まだ全くできません。

いまだにピックもできません。

県大会までに、どこまでできるかわかりませんが、練習します。

どうしたら、選手がボールを見るようになるか、私にはわかりません。

今年は(今年も?)本当にうまくならない。

亀のあゆみです。

スペースを見ること

ディフェンスを見ること

合わせのバスケットができません。

このまま、県大会に向かえば、苦しむのは目に見えています。

課題は山ほどあります。

練習します。

子供たちには言っています。

「やるかやらないかは、自分次第だろ?」

「最後は、お前たちの戦いだよ」と。

文責:石川

DSC_1304

中学女子バスケット! 「サマーチャレンジ」のお知らせ

お待たせしました。

夏休みのバスケットボールチャレンジのお知らせです。

今年も全国大会を目指している中学生と一緒に練習しましょう。

バスケットが上手くなりたい小学生の皆さん!

応募をお待ちしています。


 

・(保護者様へ)KAISEIKANバスケットボールチャレンジ」のご案内

 

 時下、皆様にはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、本校の教育活動及びバスケットボール部の活動にご理解ご声援をいただき、心より御礼申し上げます。

 さて、本校ではバスケットボールの普及・振興、技術向上を目指して、小学生対象の練習会を実施しています。今回は、小学校5・6年生の男女児童を対象に、下記の通り男女別開催で「KAISEIKANバスケットボールチャレンジ」を計画いたしましたので、ご案内申し上げます。

申し込みは、[別紙参加申込書]に記入の上FAX(053-455-1660)にてお送りください。

本校バスケットボール部は、ミニバス、ポートボールから、中学、高校、大学と続く児童・生徒の夢を応援しています。多くのご参加を楽しみにお待ちしています。

浜松開誠館中学校・高等学校バスケットボール部顧問一同

            

■バスケットボールチャレンジ実施概要

  目的   1、バスケットボールを楽しむ。

       2、基本技術の定着と、新しい技術の修得にチャレンジする。

       3、中学生のバスケット(コート・ボール・ルールなど)を先取りして体験する。

  内容   基礎を重視します。

  期間   男子:2018年8月13.14.15日の全3回

       女子:2018年8月16.17.18日の全3回

  日時   男女とも 18:00~20:00 (全日程参加いただけなくても結構です)

  場所   浜松開誠館中学校・高等学校 KAISEIKANアリーナ
       (浜松市中区松城町207-2)

  定員   小学5・6年生 男子30名、女子30名程度

  費用   500円(スポーツ保険代)

  持ち物  バスケットボールができる服装、履物、タオル、水分

       (ボールはこちらで用意します。)

  交通   保護者の方で送迎をお願いします。本校駐車場をご利用ください。

  申込開始 2018年7月10日より

 

■お問い合わせは…

浜松開誠館中学校バスケットボール部

tel:053-456-7111(広報室)  

担当:尾藤博己(男子)、石川奈美(女子)

中学女子バスケット! 「中体連浜松大会」のお知らせ

以下の日程で、「平成30年度浜松地区中学校夏季総合体育大会」が行われます。

 

7月15日 会場…雄踏中

  8:45 一回戦

  14:05 二回戦

 

7月16日 会場…雄踏中

  10:20 準決勝

  13:30 決勝

  15:00 閉会式

 

会長杯の負けから、課題に取り組んできました。

どこまでやれるかわかりませんが、成長した姿を見せます。

見ていて面白いバスケット

選手が自分で考えてプレーするバスケット

各自の仕事をサボらないバスケットを目指します。

文責:石川

高校女子バスケット! 「インターハイ」のお知らせ

以下の日程で「平成30年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会」が行われます。

8月2日 会場…パークアリーナ小牧

 16:10 一回戦 開誠館 対 鵠沼(神奈川)

 

8月3日 会場…ドルフィンズアリーナ

 13:20 二回戦 開誠館 対 山形市立商業・県立西原の勝者

 

8月4日 会場…パークアリーナ小牧

 13:20 四回戦 

 

8月5日 会場…パークアリーナ小牧

 13:20 準々決勝

 

8月6日 会場…パークアリーナ小牧

 14:40 準決勝

 

8月7日 会場…パークアリーナ小牧

 14:00 決勝

 

三島コーチのコメント

『東海大会で悔しい思いをしたので、

インターハイでは、笑って終われるようにやり切りたいです。

今年のチームは、徐々に力がついてきています。

インターハイの試合でも、成長してくれることでしょう。

1試合1試合、成長していくチームを見ることが楽しみです。

俺は応援してるぞ

頑張ってくれ!』

高校女子バスケット! 「東海総体」の結果

東海大会

00
【試合結果】

  1回戦   浜松開誠館 86-37 岐阜商業

03
  準決勝    浜松開誠館 73-79 安城学園(延長)

13
  3位決定戦 浜松開誠館 74-81 岐阜女子(延長)

09

【得点王】
  1位 石牧葵(新居中)74点
  2位 鈴木侑(周南中)49点

04
  3位 松岡木乃美(長久手南中)30点
  4位 山本涼菜(安東中)26点

14
  5位 小幡桃花(浜松開誠館中)17点
  6位 伊藤綾優花(岡崎中)12点

05
  7位 中田絵美(浜松開誠館中)10点
  8位 奈須梓咲(豊田南中)6点
  8位 黒川菜津奈(高松中)6点

07
  10位 樋口沙彩(浜松開誠館中)2点
  11位 大石沙紀(浅羽中)1点

08

三島コーチのコメント

『2試合連続で、延長で負けてしまいました。

しかし、生徒はギリギリのところでよく踏ん張り、最後まで戦ってくれました。

12

全国上位レベルのチームと戦えたことで、自信がついたと思います。

課題を克服して、インターハイに臨みたいと思います。

01

このチームで、どこまで勝ち上がることができるのか楽しみです。

目指せ、全国優勝!』 

中学女子バスケット! 「会長杯県大会」の結果

6月9日 会長杯 県大会

【試合結果】
  一回戦 開誠館 61 VS 30 中島
  二回戦 開誠館 66 VS 28 大成

   結果…ベスト4進出

【得点王】
  1位 安田百亜 (雄踏ミニ) 24点
  2位 西田妃那 (与進ミニ) 20点
  3位 小幡夕夏 (新居ミニ) 16点
  4位 水谷光里 (多度南ミニ) 15点
  5位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 13点
  6位 岩永美空 (多度中ミニ) 8点
  6位 松井璃々 (北庄内ポート) 8点
  8位 渡邊結衣 (三方原ポート) 7点
  9位 有海真緒 (引佐ミニ) 5点
  10位 鈴木観月 (曳馬ミニ) 4点
  11位 中川紗希 (葵ミニ) 2点

交代で出たメンバーが、それなりに点が取れるようになりました。

新人戦の頃は、Bチームが試合に出ると悲惨でした。

あれから半年、県大会でも、Bチームを出せるようなりました。

成長を感じます。

2人のセンターが得点をとる、普通のの出来事が、ようやく達成できました。

2人の成長が、新チームになってから、ずっとこのチームの課題でした。

苦しい時、頼りになるのはインサイドです。

2人でリバウンドを取って、2人で点を取って、

チームを引っ張ってください。


6月10日 会長杯 県大会

【試合結果】
  準決勝 開誠館 56 VS 32 順心
  決勝  開誠館 31 VS 34 沼市

    結果…準優勝

【得点王】
  1位 岩永美空 (多度中ミニ) 25点
  2位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 21点
  3位 西田妃那 (与進ミニ) 11点
  4位 小幡夕夏 (新居ミニ) 9点
  5位 水谷光里 (多度南ミニ) 6点
  5位 安田百亜 (雄踏ミニ) 6点
  7位 松井璃々 (北庄内ポート) 5点
  8位 中川紗希 (葵ミニ) 2点

ビデオをみると、酷いゲームだったとわかります。

切り替えは遅い、ボールは止める、判断はできない

ディフェンスはしない。

ターンノーバーは、4Qだけで8個ありました。

負けても仕方ありません。

 

一番信頼していたキャプテンは、ファールトラブル&5得点。

エースガードは、終盤にスローインでレシーブミス&ブレイクでドリブルミス。

 

開誠館の選手に、力がないことがよくわかりました。

当たり前ですが、練習しなければうまくなりません。

選手がどれだけ本気で、これから変わろうとするのか、信じるしかありません。

もっとうまくならないと勝てないって、わかったはずです。

 

本当に悔しかったのなら、

本当に恥ずかしかったのなら、

きっと変われます。

「これぐらいでいいだろう」

という気持ちが、チームにありました。

なにもよくなかった。

 

ライバルのおかげで、成長できます。

ありがたいことです。

夏が、楽しみになってきました。

今年も、何が起こるかわからない、最高に楽しい夏がやってきます。

文責:石川

高校女子バスケット! 「総体 県大会3年連続優勝」

インターハイ静岡県予選
【試合結果】
  1回戦     浜松開誠館 116-51 静岡商業
  2回戦     浜松開誠館 89-43 東海大翔洋
  ブロック決勝 浜松開誠館 101-28 三島北
  決勝リーグ① 浜松開誠館 85-42 駿河総合
  決勝リーグ② 浜松開誠館 84-57 市立沼津
  決勝リーグ③ 浜松開誠館 97-45 常葉大常葉
           結果…優勝(3年連続)

06

12

09

【得点王】
  1位 石牧葵 (新居中) 170点
  2位 松岡木乃美 (長久手南中) 98点
  3位 鈴木侑 (周南中) 83点
  4位 山本涼菜 (安藤中) 64点

10

03

  5位 黒川菜津奈 (高松中) 34点
  6位 小幡桃花 (浜松開誠館中) 26点
  7位 樋口沙彩 (浜松開誠館中) 17点
  8位 伊藤綾優花 (岡崎中) 15点
  8位 高橋杏 (湖東中) 15点
  10位 塩沢小夏 (浜松開誠館中) 13点
  11位 奈須梓咲 (豊田南中) 12点

15

14

  12位 川延美裕 (アレセイア湘南中) 7点
  13点 高井なおみ(信楽中) 5点
  14位 中田絵美 (浜松開誠館中) 4点
  

04

05

  14位 古橋杏 (浜松開誠館中) 4点
  14位 清水夢佳 (浅羽中) 4点
  17位 加藤美桜 (市立沼津中) 1点

 

19

三島コーチのコメント

「三連覇することができ、ほっとしました。

全国出場が決まったので、全国大会に向けて、

もう一度チームを鍛えなおしたいと思います。

16

決勝リーグ当日は、保護者・卒業生・ミニ・中学の指導者など、

たくさんの方々に応援していただきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

あの大声援のおかげで、勇気づけられました。」

 

22

思えば石牧は、

1年生の頃、ドリブルがつけなくて、プレスされてはパスミスし、

三島先生に「お前はドリブルつくな!」と怒られていました。

 

思えば侑は、

1年の頃、できることといえばリバウンドくらい。

ボールをもっても、とにかく陽本に渡し、

とにかく石田に返し、切れている選手でした。

 

そんな2人がエースとなって、立派にチームを引っ張る姿に、

胸が熱くなります。

23

髙橋なんて、

練習中、声を出し過ぎて結局3年間ずっと声が嗄れていました。

入学時の地声を思い出せません。

侑のアシストで髙橋がシュートを決めた時、

優勝した時よりも大きな歓声が上がりました。

それが、髙橋の人望です。

 

18

伊藤と小幡は、2人で怒られて、

体育館の外で泣いていた姿を思い出します。

三島先生に話を聞いてもらうために、

駐車場でちっちゃくなって待っていた2人。

あの時、

2人が試合に出られるようになるとは思いませんでした。

24

それぞれが成長しての3連覇です。

多くのOGが会場に来てくれました。

みんな、いい顔をしています。

苦しかった3年間を通して、

しっかりを成長している姿を見ると、

こちらは元気100倍です。

OGも、現役生も、みんな頑張っています。

簡単に成し遂げた結果ではありません。

これからも、苦しい練習に耐え、

厳しい指導に耐え、

ライバルとの競争に耐え、

チームは成長していきます。

どうか、温かく見守ってください。

ありがとうございました。

文責:石川

中学女子バスケット! 「会長杯 県大会」のお知らせ

以下の日程で、「静岡県バスケットボール協会長杯争奪選手権大会中学生の部」が行われます。

 

6月9日 会場…御殿場西中

    9:00 一回戦 開誠館 対 中島

  14:20 二回戦 開誠館 対 岩松・大成の勝者

 

6月10日 会場…三島市民体育館

  10:00 準決勝

  12:40 決勝

  15:00 表彰式

 

毎日、練習しています。

簡単にはうまくなりませんが、

サボらないことや、正しい動きや判断を、毎日指摘・指導しています。

1年生には、このままでは、県大会もベンチには入れないぞと伝えました。

 

中学生は、何も考えずに練習する天才です。

「この練習で、試合で困らないか?」と聞くと、

「困ります!」と平気で答えます。

倒れそうになりますが、これが現実。

県で通用するプレーを身に着けるには、

どのレベルで練習しなきゃいけないのか

教えるのが私の仕事です。

 

理屈を理解させて、動きを教えて、身に着くまで繰り返させて。

毎日この繰り返しです。

 

高校生が、ぶっちぎりで優勝しました。

毎日、本気で練習している姿を見ています。

マネージャーですら、汗を垂らしながらパス出ししています。

怪我人も、少しずつ復帰してきました。

決勝リーグでは、ベンチに入れなかった高校生と一緒に応援しました。

声を嗄らして応援する姿に、感動した中学生もいます。

高校生は、高い目標に向かって、必死です。

少しでも気が散っていようものなら、簡単にユニフォームを奪われます。

そんな緊張感のある高校生と一緒に練習させてもらえることを

ありがたいと思ってほしい。

開誠館に来なかったら、こんな経験はできないのだから。

 

県大会では、思う存分戦います。

おしゃれなプレーはできませんが、

自分の仕事を、必死にやる姿を見せます。

文責:石川

 

 

高校女子バスケット! 「総体西部大会16年連続優勝」

インターハイ西部大会

07

 

06
 【試合結果】
  一回戦    浜松開誠館 116-23 浜松日体

13
  準々決勝   浜松開誠館 111-46 浜松東

14
  準決勝    浜松開誠館 115-46 西遠

12
  決勝        浜松開誠館 85- 浜松学院

11
   結果…優勝(16年連続)

04

 【得点王】
  1位 鈴木侑(周南中)57点
  2位 石牧葵(新居中)56点
  3位 松岡木乃美(長久手南中)55点

09
  4位 黒川菜津奈(高松中)42点
  5位 伊藤綾優花(岡崎中)36点
  6位 高橋杏(湖東中)24点
  7位 小幡桃花(浜松開誠館中)23点
  7位 山本涼菜(安東中)23点

08
  9位 樋口沙彩(浜松開誠館中)20点
  9位 塩沢小夏(浜松開誠館中)20点
  11位 中田絵美(浜松開誠館中)17点
  12位 大石紗紀(浅羽中)12点

02
  13位 マッカラム杏奈(清水七中)10点
  14位 清水夢佳(浅羽中)8点
  15位 古橋杏(浜松開誠館中)7点
  15位 西田悠乃(信楽中)7点

03
  17位 太田明伽(磐田第一中)4点
  18位 奈須梓咲(豊田南中)2点
  18位 高井なおみ(信楽中)2点
  18位 横山つぐみ(浜松開誠館中)2点

 

01

三島コーチのコメント

「県大会に向けて、課題が明確になりました。

 県大会では、自分たちのバスケットができるように、

 この2週間しっかり練習していきたいと思います。

 応援よろしくお願いします。」

中学女子バスケット! 「会長杯西部大会」の結果

5月12日 会長杯

【試合結果】
  一回戦 開誠館 85 VS 11 蜆塚

  二回戦 開誠館 60 VS 22 北星

  結果…ベスト16進出

【得点王】
  1位 小幡夕夏 (新居ミニ) 22点
  2位 岩永美空 (多度中ミニ) 20点
  3位 安田百亜 (雄踏ミニ) 17点
  4位 西田妃那 (与進ミニ) 14点
  5位 松井璃々 (北庄内ポート) 13点
  6位 中川紗希 (葵ミニ) 12点
  7位 渡邊結衣 (三方原ポート) 8点
  8位 水谷光里 (多度南ミニ) 7点
  9位 内山弥美 (引佐ミニ) 6点
  10位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 5点
  10位 有海真緒 (引佐ミニ) 5点
  12位 松下えりな (城山ミニ) 3点
  13位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 2点

2試合とも、全員出場することができました。

部員一人ひとりが、課題をもって練習に取り組んでいます。

ユニフォームをもらうために、何をすればいいのか、考えて練習しています。

ユニフォームをもらえない悔しさで、その選手は、さらに成長します。

練習の成果を、保護者に見てもらえる、良い機会となりました。

いつもボールを取りに行って抜かれてしまう内山が、少しずつ粘れるようになり

いつもパスに逃げていた有海が、ドライブに行けるようになりました。

小さいことですが、それをのりこえるために、何度叱られたことか。

1年生が入ったことで、2年生の目の色が変わることを期待しています。


5月13日 会長杯

【試合結果】
  三回戦  開誠館 67 VS 26 湖東
  準々決勝 開誠館 57 VS 38 三方原

  結果…ベスト4進出(県大会出場決定!)

【得点王】
  1位 岩永美空 (多度中ミニ) 26点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 23点
  3位 西田妃那 (与進ミニ) 19点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 18点
  5位 中川紗希 (葵ミニ) 9点
  6位 有海真緒 (引佐ミニ) 7点
  7位 嶋野菜々美 (湖西ミニ) 5点
  8位 水谷光里 (多度南ミニ) 4点
  9位 三好柚芭 (引佐ミニ) 1点

全員出場することができました。

シュートミスと、ターンノーバーが多く、リバウンドも取れませんでした。

応援の声も、相手に負けていました。

来週に向けて、準備します。


5月19日 会長杯

【試合結果】
  準決勝 開誠館 71 VS 43 新居
  決勝  開誠館 49 VS 43 西遠

      結果…優勝

【大会ベスト5】

  岩永美空(3年 多度中ミニ)

  西田妃那(3年 与進ミニ)

【得点王】
  1位 岩永美空 (多度中ミニ) 27点
  2位 小幡夕夏 (新居ミニ) 23点
  3位 西田妃那 (与進ミニ) 20点
  4位 安田百亜 (雄踏ミニ) 13点
  5位 萩原加奈 (清水町KFミニ) 11点
  6位 水谷光里 (多度南ミニ) 10点
  7位 中川紗希 (葵ミニ) 5点
  8位 松下えりな (城山ミニ) 4点
  9位 宮田莉瑚 (葵ミニ) 2点

全員が出場するという目標は、叶えられませんでした。

ただ、「負けなかった」ということが、選手の自信になります。

試合を通して、安田・小幡の成長が光りました。

毎日、攻め気がないことで注意を受けてきて

だいぶ、自分で攻めようとする姿勢が見えました。

まだまだ、得点にはなりませんが

人を頼ってプレーしていた選手からは、進歩しています。

18

試合後、保護者の方々が祝勝会を開いてくださいました。

試合中も熱い応援を頂き、チームをサポートしてくださる姿勢に、感謝の言葉しか出てきません。

 

19

子供たちは、悩みながら、傷つきながら成長していきます。

20

この笑顔の裏には、たくさんの涙があります。

それを乗り越えての優勝でした。

未熟だけど、駄目なことを駄目と言える、確実にいいチームになっています。

自分の甘さに負けず、お互いに厳しくできれば、夏には戦えるようになるでしょう。

21 

次は、県大会です。

さぁ、今度は何が起こるんだ?

文責:石川