部活動

中学野球

第50回静岡県中学選抜野球大会 一回戦結果報告 

第50回静岡県中学選抜野球大会 日にち:令和2年2月22日(土) 会場:島田球場

【一回戦】静岡長田南1-2×浜松開誠館 ◎ 【開】大場、赤尾-谷口 【三塁打】室田 【二塁打】本多(駿)

IMG_0011 IMG_0009 IMG_0007

※ 二回戦以降の試合は、コロナウイルスの関係で中止となりました。

【戦評:長田南戦】

 二年連続二回目の出場となった今大会。昨年は初出場ながらベスト8という好成績を残し、今年はそれ以上の結果を残したいという強い思いを持って選手たちは臨んだに違いない。しかも開幕戦で観客も多く、緊張感が増す中での試合となった。

 1回表、長田南の攻撃。開誠館の先発大場(二年:浅間小出身)は、落ち着いた投球で、非常に難しかった試合の入りを難なくこなし、ここ一年間の経験値の高さを感じさせる内容だった。二死後、三人目の打者も内野ゴロに打ちとったが、そこでミスが出てしまい失点につながってしまう。1-0。この“角一”の1点が開誠館にとって非常に重くのしかかることになる。

 長田南の先発投手は右スリークォーターのサイド系で切れの良いボールを投げ込み、開誠館の打者は差し込まれて打ちとられる選手が多かった。7回までで散発の二安打。攻略の糸口も見えないまま最終回の攻撃を迎える。

 7回裏、開誠館の攻撃。先頭の7番室田(二年:城北小出身)がレフトの頭上を越える三塁打を放ち無死三塁。8番鈴木心(一年:豊田東小出身)の所で、代打楠(一年:中部小出身)がきれいにセンター前に弾き返し同点。1-1。続く9番大井戸(一年:与進北小出身)は初球、しっかりと送り、一死二塁。この場面で1番本多(駿)(二年:飯田小出身)が右中間に二塁打を放ちサヨナラ勝ちとなった。この最終回の流れるような攻撃は、鳥肌が立つほど迫力があった・・・。

IMG_0005 IMG_0006 IMG_0008

 室田、楠、本多(駿)の活躍を学年の先生方にそれぞれ報告した時、とても喜んでいた。そして、口をそろえて「真面目で、信頼のおける生徒」という言葉が返ってきた。その言葉を聞いたとき、チームの危機を救うのは、やっぱりコツコツ真面目に取り組んだ選手なのだと改めて感じた。彼らたちが地道に積み上げてきたものがバックボーンとなり、形となって現れ始めているのだと思う・・・。

 二回戦以降は、残念ながら中止となってしまったが、チームとしての収穫は大きかった。次の全日本少年浜松大会でも実りのある試合を期待したい。

 

 

第10回KS杯争奪中学選抜軟式野球岡崎大会結果報告

【第10回KS杯争奪中学選抜軟式野球岡崎大会】

一回戦 岡崎市立城北(愛知)1-4開誠館 【開】大場、森-谷口 

二回戦 岡崎市立新香山(愛知)0-24開誠館(五回コールド) 【開】室田、赤尾-谷口

   【本塁打】谷口【三塁打】本多(駿)、本多(優)【二塁打】本多(駿)2、鈴木(爽)、森、本多(優)

準決勝 岡崎市立北(愛知)2-4開誠館 【開】室田、大場-谷口 【本塁打】本多(優)

   【二塁打】本多(駿)、鈴木(爽)、谷口

決 勝 田原本町立田原本(奈良)1-2開誠館 【開】赤尾、大場、森-谷口 

   【三塁打】本多(駿)【二塁打】鈴木(爽)、本多(優)

※浜松開誠館は初出場、初優勝。

IMG_0927 IMG_0930 IMG_0937

【戦評:岡崎北戦】

 服部貴哉監督代行の指揮の下、緊張感が漂う中で準決勝が行われた。

 一回表、開誠館は1番本多(駿)(二年:飯田小出身)が二塁打で出塁。2番鈴木(爽)(二年:篠原小出身)がしっかり送り、一死三塁で3番森(二年:浜松西小出身)がきれいにセンター前に弾き返し先制。1-0。

 岡崎北は3回裏に1点、5回裏にも二死無走者からヒットと二つの四球から満塁のチャンスを作り、4番打者がライト前にタイムリー安打を放ち、2-1と逆転。試合の流れは岡崎北に大きく傾いた。しかし、直後の6回表に開誠館は一死からヒットで出塁した本多(駿)を二塁に置き、2番鈴木(爽)が左中間に起死回生の同点二塁打を放ち、岡崎北の勢いを止めた。さらに二死から4番本多(優)(二年:飯田小出身)がレフトに特大のツーランを放ち勝ち越し。この本塁打には会場は騒然となった・・・。試合の雰囲気を一変させる、そんな一打だったと思う。

IMG_0928 IMG_0929 IMG_0932

 開誠館は、そのまま逃げ切り4-2。価値ある勝利となった。

 試合の終盤に勝ち越された後、左の好投手から安打を集中させ逆転。この勝ち方にチームとして自信を持って欲しい。「個を輝かせる集団であれ」とは、下河邉監督をはじめスタッフが目指している一つのチームの姿である。その姿が少しだけ見えた試合だった思う。また、服部監督代行の采配も選手を信頼した迷いのないものだった。

 来年も1月からHSKカップ、オーシャンカップ、しずきんカップとチームとして経験値をつめる大切な試合が続く。短いシーズンオフに入るが、個々の基礎力をしっかりと上げて、その上でチームとしてしっかりと経験が積めるよう臨んで欲しいと思う。

IMG_0931 IMG_0933 IMG_0934 IMG_0935 IMG_0936

 

令和元年度 浜松地区中学校秋季野球大会兼静岡県選抜野球大会浜松地区予選

令和元年度 浜松地区中学校秋季野球大会兼静岡県選抜野球大会浜松地区予選 

【二回戦】佐鳴台0-33浜松開誠館(五回コールド) 【開】大場、赤尾-谷口 

     【三塁打】本多(駿)、森、大場 【二塁打】鈴木(爽)、森2、本多(優)、大場

【三回戦】丸 塚0-8×浜松開誠館(五回コールド) 【開】大場、森-谷口 

     【本塁打】本多(優)【三塁打】鈴木(心)【二塁打】鈴木(爽)、赤尾、室田 

【ブロック決勝】三方原1-2×浜松開誠館(延長8回) 【開】大場、赤尾、森-谷口 【三塁打】本多(駿)

※これにより、令和2年2月に行われる、しずきんカップ(静岡県選抜野球大会)に2年連続2回目の出場を決めました。

【戦評:三方原戦】

 二試合連続でコールド勝ちし、勢いそのままに迎えた決定戦。特に二回戦の佐鳴台戦は序盤に大きくリードをするも手を抜くことなく攻め続け、チームに攻撃の形を「薫習(くんじゅう)」するかのようだった。

 しかし、今回の三方原戦は今までとは違った。三方原の先発右腕にコーナーをつく丁寧な投球をされ、7回までに散発3安打とほぼ完璧に押さえ込まれた。わずかに得点した3回裏の1点も二死から3番森(二年:浜松西小出身)が内野安打で出塁し、その後、失策、四球、PBなどでいただいた得点だった。7回終了時点で1-1の同点。延長戦に突入し、チームとして粘り強さが求められる展開になった・・・。

 8回表の三方原の攻撃は打者三人であっさり終了した。投手の球数も少なく終え、攻撃のリズムをつくりやすい流れだった。

 8回裏、開誠館の攻撃。二死から1番本多(駿)(二年:飯田小出身)が遊撃手の左に痛烈な打球を放ち、その打球に左翼手が追いつけず転々と左中間を抜けている間に三進。二死三塁となった。続く2番鈴木(爽)(二年:篠原小出身)は初球の変化球を完璧にとらえ、打った瞬間、それとわかるレフトオーバーのサヨナラヒットとなった。ここ一番で見せつけた決定力。それは、粘り強く戦い、余計な失点を与えなかった“チーム力”がもたらしたものだったと思う。

 昨年のチームは、この時期、クラブ大会優勝にはじまり、新人戦(浜松地区)準優勝、西部大会を優勝し、春の全国大会出場を決めた。昨年のチームと単純比較はできないが、今年はスタート当初からそれ以上の結果が望まれ期待されていた。なぜなら、戦力的には大幅なダウンもなく、むしろ経験値を考慮すれば戦力アップしているとも考えられたからだ。しかし、団体競技、野球の難しさは選手個々の能力だけでは図れない難しさがある。

 私は今年の新チームが思った以上の結果が出せなかったのは、“チーム力”という総合力で勝負していなかったのではないか、と考えている。開誠館野球部の伝統を見失っていたのかもしれない。特定の誰かに頼りすぎたり、ミスを怖がって消極的なプレーをしたり、自分の結果だけにこだわってプレーをしたり、全力プレーを怠ったり・・・どれもこれも開誠館らしくないのである。

 みんなで協力して「やってきたことを本番で出す」というスタンスを忘れてはいけない。

 今年最後の大一番で開誠館の伝統を思い出したかのような粘り強い試合は、チームとして受け継がれていたことを証明するものだったと思う。

 

IMG_0919 IMG_0920 IMG_0921

IMG_0922 IMG_0923 IMG_0924

令和元年度 西部地区中学校野球大会 結果報告

 令和元年度 西部地区中学校野球大会 令和元年10月19日(土)、26日(土) 場所:豊岡球場

【1  回  戦】福田0-5開誠館  【開】大場-谷口  【二塁打】本多(駿)、森、室田

【2  回  戦】開成2-3開誠館  【開】大場-谷口  

【準々決勝】岳洋4-1開誠館  【開】赤尾-谷口  【二塁打】本多(駿)

IMG_0914 IMG_0913

 昨年度は新人戦らしくミスが出ても粘りの野球で一致団結して戦い、優勝を手にした大会だった。今年度も優勝を目指して臨んだ大会ではあったが惜しくも準々決勝で岳洋中に敗退した。選手たちにとっても、悔しい試合になった。チームとして、しっかりとした実力をつけ、次の秋季大会に備えて欲しいと思う。

 

 

 

令和元年度 浜松地区中学校新人総合体育大会野球競技の部 結果報告

令和元年度 浜松地区中学校新人総合体育大会野球競技の部  令和元年9月28日(土)、29日(日) 浜松球場

【二  回  戦】中 郡2-7 開誠館 〇 【開】大場-谷口 【二塁打】本多(優)、谷口

【三  回  戦】富 塚2-10開誠館 〇 【開】室田、大場-谷口 【三塁打】本多(駿)、谷口2 

                   【二塁打】本多(駿)、本多(優)、室田、大場

【準々決勝】三ヶ日2-1 開誠館 ★ 【開】赤尾-谷口 

※これにより、10月19日(土)からはじまる西部大会へ4年連続で出場することが決定しました。

IMG_0893 IMG_0894 IMG_0896 IMG_0897

 

【戦評】

 新チーム最初の公式戦、新人戦が始まった。二回戦、三回戦は点差ほど楽な試合ではなかったが、勝負所で一本飛び出し大量得点につなげることができた。ここ一番での集中力は、新チームにも開誠館の伝統として受け継がれていることを実感できるほど迫力があった。

 準々決勝の三ヶ日戦は惜敗したが、お互いに締まったいい試合だった。この試合から得た収穫は大きく、西部大会に向けて“いい負け方”をしたと思う。

 昨年度のチームは春、夏連続で全国大会に出場し“静岡県に開誠館あり”と名を馳せる活躍だった。その影響で今年のチームはスタート当初から周囲から目標とされ、追われる立場になっていると思う。しかし、誇りを持ちつつも、自分たちが掲げる目標に挑戦していくスタイルは、今も昔も変わらない。開誠館野球部の伝統をプライドを持って継承しつつ、今年は今年のチームとして新しい歴史を一日一日刻んでいって欲しいと思う。「ローマは一日にして成らず」である。 

 

第41回全国中学校軟式野球大会出場報告

第41回全国中学校軟式野球大会 8月17日(土) 皇子山総合運動公園野球場(滋賀県)

【1回戦】舞鶴市立青葉中学校(近畿)5-3浜松開誠館中学校(東海)

                    【開】松下、赤尾-鈴木(悠)【二塁打】神田

 

【戦評】

 9時から開会式が行われた。ライトから入場行進する姿を見ていると、甲子園の入場と重なる所があり、全国大会に来たんだという実感が湧いてきた。開会式終了後、第2試合目に開誠館は近畿地区代表の青葉中学と対戦した。

 1回表、青葉中学の攻撃。先発した松下(三年:入野小出身)は1番打者を三振に仕留め、落ち着いた立ち上がりだった。しかし、2番打者に死球、3番打者には打ちとったはずの打球が、広く空いた一・二塁間をしぶとく抜けていくとリズムを崩しはじめる。そして、一死一三塁から4番打者がレフトに犠牲フライを放ち先制される。1-0。その後も死球と二つの安打を許し、早々に3点を先制されることになった。

 1回裏、開誠館の攻撃。1番神田(三年:浅間小出身)が、いきなり右中間を抜く二塁打を放った。重苦しい雰囲気を払拭するには十分な一撃だった。2番本多(駿)(二年:飯田小出身)もレフトにヒットでつづいた。一死一三塁から4番本多(優)(二年:飯田小出身)がショートゴロを放つも、二遊間の連携ミスで1点を返した。“さあ、勝負はこれから”とみんなが前向きに思えた1回裏の攻撃だった。

 4,5回表の青葉の攻撃は、先頭打者が出塁し、その走者をスコアリングポジションに送り、タイムリーヒットやボークで追加点を挙げていく。開誠館も毎回走者を出塁させ、あと一本ヒットが出ていればビッグイニングを作れた回もあったが、青葉中の投手に要所をしめられた。終わってみれば、青葉中よりも多い9安打を放ったが、残塁11と攻めあぐね、全国大会初勝利はまたもやお預けとなったのである。

 負けはしたものの、選手たちは伸び伸びとハツラツとプレーした。楽しそうに野球をする選手たちを見ていると、もっともっと彼らたちの試合を見ていたいと名残惜しくもなった・・・。

 夏季大会は全部で12試合行った。そのうち5試合がコールド勝ちだった。1試合平均得点は驚異の5.92。『打の開誠館』という印象を周囲に強烈に残せたことは、選手たちがこつこつと練習を積み重ねてきたことを証明したものだと思う。

 新チームがスタートし、9月には早速新人戦が始まる。チームの目標を『全国大会1勝』などという中途半端な目標にしてもらいたくはない。全国大会で勝ち抜くために・・・常にそこを念頭に置いて練習に励んで欲しい。そして、楽しそうに野球をする選手たちの姿を全国の舞台で、また、見たいと思う。

 

 

 

 

第41回東海中学校総合体育大会 軟式野球大会3位報告

第41回東海中学校総合体育大会 軟式野球大会 開催日:8月7日、8日 場所:霞ヶ浦第1、第2野球場 

【一 回 戦】海星(三重1位)0-7浜松開誠館(静岡2位)(五回コールド)

                  【開】松下-鈴木(悠)【三塁打】谷口【二塁打】本多(駿)

【準 決 勝】 旭(愛知1位)5-0浜松開誠館(静岡2位) 【開】松下-鈴木(悠)【二塁打】神田

【3位決定戦】厚生(三重2位)3-4×浜松開誠館(静岡2位)(特別延長9回) 

                  【開】大場、室田、赤尾-鈴木(悠)【二塁打】神田

※この結果、8月17日(土)から滋賀県で行われる全国大会に初出場することが決定。

DSCN0143

【戦評:厚生戦】

 午前中に行われた準決勝の旭戦では、大事にプレーをしようとしすぎたのか、消極的なプレーが目立ち、敗戦。3位決定戦であたる厚生中学校も強敵で、気持ちを切り替えて戦えるかどうかがとても大事だった。

 一回表、厚生の攻撃。1番打者にいきなりライトオーバーを打たれるも、完璧な中継プレーで二塁オーバーランタッチアウト。何度となく繰り返し行ってきた練習の成果が、ここ一番にあらわれ試合の流れを引きよせた。

 二回裏、開誠館の攻撃。先頭の4番本多(優)(二年:飯田小出身)がヒットで出塁。PBや5番松下(三年:入野小出身)のセカンドゴロで一死三塁とチャンスをつくり、この場面で6番鈴木(諒)(三年:砂丘小出身)はライトにタイムリーヒットを放ち先制。1-0。続く三回裏の攻撃も、先頭の代打鈴木(爽)(二年:篠原小出身)がライト前ヒットで出塁すると、一死から1番神田(三年:浅間小出身)が左中間を抜く二塁打を放ち、代走の太田(三年:浅間小出身)が生還し二点目。打った神田も送球がそれる間に三塁へ進塁。一死三塁となおチャンスが続いた。次の2番本多(駿)(二年:飯田小出身)はセンターに犠牲フライを放ち、三点目。試合の主導権をしっかりと掴むことができた。

 この試合、先発した大場(二年:浅間小出身)、二番手の室田(二年:城北小出身)は持ち味を発揮し、走者を背負いながらも要所を締め、役割をしっかりと果たした。7回表はミスも重なって同点とされるも、三番手の赤尾(二年:竜禅寺小出身)がよく踏ん張り、特別延長9回のサヨナラを呼び込んだ。

 粘って粘って、誰かがミスをしてもみんなでカバーをする。だからこそ失敗を恐れず積極的にプレーをする。このチーム一丸となって戦う姿こそが浜松開誠館中学校野球部の本領なのではないかと思う。準決勝のような消極的なプレーや粘りのなさは、開誠館らしくないのである・・・。

 開誠館が勝ち残ったということは、言うまでもなく多くのチームを負かし、多くの三年生の中学野球を終わらせたことになる。厚生の投手が、9回裏、最後の一球を投じる前、二度ほど間をとった。気持ちを落ち着かせ、三年間の思いを改めてあの一球に込めるため間をとったように見えた。あの投じた一球の思いを我々はしっかりと受け止めて全国大会に出場しなければならないと思う。全国大会で浜松開誠館中学校野球部らしい全員野球を行ってこそ、勝ち残れなかったチームの思いに答えることになるのではないかと思う。全国大会での開誠館旋風に期待する。

 

第72回静岡県中学校総合体育大会 軟式野球の部 準優勝報告

第72回静岡県中学校総合体育大会 軟式野球の部 会場:清水庵原球場他

【一  回  戦】 清水四・五0-12浜松開誠館(5回コールド) 〇 【開】松下、古山-鈴木(悠)

                  【三塁打】神田2、本多(優)、鈴木(諒)、谷口【二塁打】本多(駿)、古山

【二  回  戦】 吉北・大渕2-9浜松開誠館(6回コールド) 〇 【開】松下-鈴木(悠)

                  【三塁打】鈴木(悠)【二塁打】本多(駿)、本多(優)、氏原

【準々決勝】 大浜2-9浜松開誠館(6回コールド) 〇 【開】松下-鈴木(悠)

                  【三塁打】松下【二塁打】鈴木(悠)、本多(優)、鈴木(諒)2

【準  決  勝】 岳洋1-8浜松開誠館(5回コールド) 〇 【開】松下-鈴木(悠)

                  【三塁打】松下【二塁打】神田

【決  勝】 竜爪・西奈6-4浜松開誠館 ● 【開】大場、室田、赤尾-鈴木(悠)

                  【三塁打】神田、本多(駿)【二塁打】神田2

※この結果、全国大会の出場をかけ、8月7日から行われる東海大会(会場:三重県)に初出場することが決定。

IMG_0869 IMG_0870 IMG_0871 IMG_0872

【戦評:岳洋戦】

 勝てば、東海大会出場が決まる大事な一戦。相手は好投手を擁する岳洋。ここまで、3試合連続コールド勝ちをし打線が絶好調とはいえ、3点以内の勝負が予想されていた。

 二回の裏、開誠館の攻撃。二死から7番谷口(二年:城北小出身)8番古山(三年:芳川小出身)の連続ヒットがあり、谷口の好走塁もあって、一・三塁の好機をつくった。9番氏原(三年:浜松北小出身)は大きく空いた一二塁間を狙って打ち、これが先制タイムリーヒットとなった。続く1番神田(三年:浅間小出身)もレフト線にタイムリーヒットを放って、4連打で2点を奪った。

 四回裏にも4安打を集中し、打者一巡の攻撃で効果的に得点を重ね、まさかの五回コールド勝ちとなった。コールドは嬉しい誤算となったが、チーム一丸となった攻撃が、そのような試合の流れを作り出したのだと思う。

 決勝戦は惜しくも敗退したが、創部初となる県大会準優勝、そしてチーム目標でもあった東海大会初出場を決めた。春の全国大会では、全国大会初勝利を目前にしながら、まさかの大逆転負けを喫した。その悔しさは、同じ全国の舞台で晴らして欲しいと思う。あと二勝。そして全国に再び。

IMG_0873  IMG_0875 IMG_0876 IMG_0874

 

 

 

令和元年度 浜松地区中学校夏季総合体育大会 野球競技の部 結果報告

令和元年度 浜松地区中学校夏季総合体育大会 野球競技の部

【二  回  戦】中郡0-1浜松開誠館(延長9回) 〇 【開】大場、古山-鈴木(悠) 【二塁打】神田2、松下

【三  回  戦】雄踏5-6浜松開誠館 〇 【開】松下-鈴木(悠) 【二塁打】神田

【準々決勝】高台・北部0-5浜松開誠館 〇 【開】室田-鈴木(悠)

【準  決  勝】丸塚3-1浜松開誠館(特別延長8回) ● 【開】松下-鈴木(悠)

※この結果、浜松地区3位として3年連続3回目の県大会出場が決定。

SNXX2130 XNNX4521 VFCN0846 VASS2722

  XIVO4965 WOHR9924 UZWN7028USIB1670

 

【戦評:雄踏戦】

 いよいよ三年生にとっては最後の大会が始まった。今回は第3シードとして二回戦からの戦いになるが、いつも通り、挑戦者としての戦い方に期待するのである。

 三回戦は、勝てば三年連続となる県大会出場が決定する大事な一戦。相手は好投手を擁する雄踏。接戦が予想されていた。

 一回表、開誠館の攻撃。先頭の神田(三年:浅間小出身)が、いきなり二塁打を放ち、無死二塁。一死三塁となった後、3番鈴木(悠)(三年:新津小出身)はショートの横を鋭く抜く先制タイムリーヒットを放った。1-0。

 一回裏、雄踏の攻撃。二死二塁から4番打者に左中間へ二塁打を打たれ同点とされ、さらにミスも重なり、あっという間に逆転される。いいスタートで入ったが故に、その流れを壊した相手の攻撃は、この試合のその後の暗雲を感じずにはいられなかった・・・。

 二回表、開誠館の攻撃。6番古山(三年:芳川小出身)、8番谷口(二年:城北小出身)が四球で出塁。9番氏原(三年:浜松北小出身)も相手のミスで出塁し一死満塁の好機を作った。1番神田の内野ゴロの間に同点。そして、二死二、三塁から2番本多(駿)(二年:飯田小出身)がライトに勝ち越しとなる二点タイムリー安打を放ち、4-2。これで試合が落ち着くのを願うばかりであったが、雄踏の勢いを止めることができず、3回、4回とチャンスを作られ、逆転されてしまう。4-5。

 攻撃では三回から交代した雄踏の二番手投手を打ちあぐね、五回まで四球の走者を二人出しただけだった。流れを完全に失っていた・・・。

 しかし、こういう悪い流れを変えるのは、やはり全力プレーなのだと改めて思い知るのである・・・。

 六回表開誠館の攻撃。一死から7番鈴木(諒)(三年:砂丘小出身)がセカンドにゴロを放ったが全力で一塁を駆け抜け、内野安打にした。雄踏の内野手が怠慢だったわけではないが、このプレーで空気が一変する。そして、四球を二つ挟み、二死満塁から2番本多(駿)がまたもやライト右に適時打を放って同点。5-5。続く3番鈴木(悠)は勝ち越しの押し出し四球を選び、これが決勝点となった。

 この六回の攻撃は、今後の試合においても“いい試合をするのではないか”という手応えを感じるものだった。開誠館の各打者は落ち着きを取り戻し、打つべきボールと捨てるボールを明確にしはじめ、みんなでまとまって攻撃しているように見えた。それまでは攻撃も守備も一人一人が勝手に、バラバラにプレーをしていた。だからミスも多く出てしまっていたと思う。一つのプレーをまるで他人事のように見てしまったり、チームの決めごとを守ろうとする選手が少ないときは、まとまりもなく、もろい。秋の強さはまとまりから来ていたはずである。だからこそ驚異的な粘りと逆転勝ちをする試合が多かった。そんな秋の強さを感じることができた六回の攻撃だったと思う。

 浜松地区大会は3位という結果に終わった。7月25日(木)から始まる県大会では、挑戦者として、積極さとまとまりを武器に泥臭く勝利を掴んでもらいたいと思う。

 

 

令和元年度 第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会結果報告

令和元年度 第13回レワード杯争奪浜松地区中学校野球大会

【二 回 戦】開  成8-9x浜松開誠館 〇 【開】松下、古山、室田、松下-鈴木(悠)

                      【本塁打】本多(優)

                      【二塁打】本多(駿)2、本多(優)、鈴木(悠)、谷口2、鈴木(諒)

【三 回 戦】引佐南部1-7浜松開誠館 〇  【開】松下-鈴木(悠)

                      【本塁打】本多(駿)、本多(優)

                     【三塁打】神田【二塁打】本多(駿)、古山

【準々決勝】中  部2-1浜松開誠館 ●    【開】松下、古山-鈴木(悠)【三塁打】古山【二塁打】神田

IMG_0773 DSCN1554 IMG_0774 IMG_0779

 

【戦評:開成戦】

 5-3。2点差のまま、最終回の攻撃を迎える。

 この回先頭の3番本多(優)(二年:飯田小出身)が右中間に二塁打を放ち無死二塁。その後二死となるも6番谷口(二年:城北小出身)が右中間にタイムリー二塁打を放ち、5-4。7番鈴木(諒)(三年:砂丘小出身)もライト線に同点となる二塁打を放って続いた。

 延長の8回表、開成の攻撃。一死から8番、9番に連続四球で出塁されると、1番打者にセンターオーバーの三点本塁打を放たれ8-5。万事休すだった。しかし、その裏、開誠館は驚異的な粘りを見せる。

 先頭の代打森(二年:浜松西小出身)が四球で出塁すると、一死から2番本多(駿)(二年:飯田小出身)が右中間に二塁打を放ち、一死二三塁。そして、3番本多(優)、4番鈴木(悠)(三年:新津小出身)の連続タイムリーヒットが飛び出し、8-7。5番松下(三年:入野小出身)が四球で一死満塁、一打逆転サヨナラの場面となった。この場面で打席に立った6番谷口が初球を強振。左中間を抜く逆転サヨナラタイムリーヒットとなった・・・。

DSCN1551 IMG_0777  IMG_0778

 久しぶりに粘りを見せた試合だった・・・。昨年の秋の実績は、そうした粘りから生まれたものだったと思う。粘って粘って逆転勝利。その粘りが夏前に見られた意義は大きい。

 夏のシード権は獲得できた。しかし、ボールが代わったことで従来の軟式野球の定説が覆ってきており、特にこの春先は実力差はどのチームもなくなっているように感じた。この試合のように挑戦者として粘り強く戦う試合を夏の大会では期待したい。

IMG_0775 IMG_0776