部活動

サッカー

浜松開誠館フットボールクラブ第13期生を送り出しました。

令和2年3月2日月曜日に第13期生を送り出しました。

ある選手は、6年間で人として成長できた。大学でもサッカーをがんばると笑顔で述べ、
ある選手は、中学の時は人間としてはダメだった。人間的な部分でかなり成長したと述べ、
最後の最後まで中学生と一緒に自分と向き合ったある選手は、大切なものは失ってから気づく。仲間を支えることのできる人間になり、みんなに恩返ししたいと述べ、
ある選手は、けがで嫌になるときもあった。仲間に支えられた。サッカーだけでなく人間性を学んだと述べ、
ある選手は、病気で親に迷惑をかけた。辛く、苦しい6年があったからこそこの後どんなことがあってもがんばることができる。今よりも成長した姿を見せたいと涙ながらに熱い思いを述べ、
ある選手は、チームを勝たせることができなかった。それはサッカーを本気で理解しようとしなかったから。自らに甘かったと述べ、
ある選手は、人間としてのレベルが上がった。将来は中学校の先生になることが夢で、部活動の試合で開誠館と対戦したいと述べ、
ある選手は、プロ選手になる夢をかなえるために開誠館へ入った。なりたかった自分になれなかったが、お世話になった方々に恩返ししたい。4年後は開誠館へ戻ると述べ、
ある選手は、言葉を詰まらせ涙ながらに、けがが多く、みんなとプレーできなかったことが悔しい。支えてくれているものすべてに感謝。開誠館で学んだことは強みになると述べ、
ある選手は、選手権のメンバーに入れず、悔しく、やめたいと・・・。悔しいことばかりだったが、監督に分析の役割を任されたときに、何か行動に移すことが大切だと述べ、
ある選手は、2年生の終わりに選手権メンバー入りを目前にけがしたことが変わることができたポイントだった。新チームになっても力になれず、苦しい時期が続いたが、4年後プロになって恩返ししたい述べ、
ある選手は、結果が出てからこうしておけばの繰り返し。その考え方がダメだった。サッカーをやれる機会が当たり前ではない。感謝の気持ちが土台となると述べ、
ある選手は、生活が朝4時45分から夜23時までが続き、死ぬんじゃないかと思った。家族に支えられてやれた。自分に自信をもって、自分の好きなサッカーをやりたいと述べ、
ある選手は、ゲームを壊すプレーでチームに迷惑をかけることが多くあった。これからの生活で3つの目標を立てる。①今後プロになる②開誠館から始めていく大学なので後輩にも来てもらうようにする③大学での勉強で成績を残すと、えらく高い目標を宣言し、
ある選手は、やめたい気持ちがあった。高校3年生でAチームに入り、サッカーが楽しくなった。ほめられてうれしかった。大学では必ず活躍すると述べ、
ある選手は、初めに受け答えが悪く指導を受けることがあった。ミーティングが怖かった。チャレンジすることを学んだ。ハードルを与えてくれているからこそチャレンジ。トレーナーになって開誠館へ恩返しをしたいと述べ、
ある選手は、高校3年生になり後輩が試合に出ると、自らが積み上げてこなかったからだと思った。できないことをそのままにしてしまう、また修正力がなく高校3年生で試合に出ることができなかったと述べ、
ある選手は、悔しい思いばかり。勝負は紙一重で決まる。静学の選手を見返すにはプロになるしかない。親へは感謝の気持ちしかない。「ありがとう」といえる選手でないとプロにはなれないとしっかりとした言葉で感謝を述べ、
ある選手は、選手権の最後のゲームで出ることができなかったことが後悔。厳しい指導で少しは変わることができた。4年後プロになって家族に恩返ししたいと述べ、
ある選手は、毎日辛くて弱音ばかりはいていた。大学で試合に出ている姿を見せることで恩返ししたい。「おかあさん、大好きです!」と素直に感謝の気持ちを述べ、
ある選手は、ものすごく自信をもって開誠館に入った。守備と走ることが嫌で・・・。いい守備が良い攻撃につながることを学んだ。受け身では何も得られないと述べ、
ある選手は、大学では勉学に励みたい。プロサッカー選手になりたかったが。同じ後悔をしないようにしたいと述べ、
ある選手は、感謝の気持ちでいっぱい。大学の練習に参加しているが、プロになるような選手ばかりの中で基準が高く、環境が大切だと述べ、最後に1発芸を自ら行い、少しスベッて、また成長し、
ある選手は、課題に目をそらし、逃げてばかりだった。明確な目標をもって逆算し、強い気持ちでやり続けること。なぜサッカーをやっているのか本質を忘れずにやりたいと述べ、
ある選手は、苦しくつらい思いの方が多かった。Aリーグ最終節勝たないと残留できない状況で残り1分で勝利。頭が止まらない、足が止まらなかったのは開誠館でのトレーニングのおかげだと述べ、
ある選手は、後悔と成長。後悔①開誠館中学校に入らなかったこと。後悔②静学に負けたこと。自分に力がなく、勝たせることができなかった。成長①ヘディング、スライディングが強くなったこと。成長②考えて行動することができるようになった。大学でも勉強、サッカーともにおろそかにせず立派になりたいと述べ、
ある選手は、場の雰囲気を考えられない、後のことを考えずにやる人間でした。コミュニケーション能力をつけることができた。高校3年生で応援席に入り、恥ずかしい思い、後悔する感情があったと述べ、
ある選手は、6年間楽しい時間だったが、後悔の気持ちでいっぱい。仲間や後輩とサッカーできる時間が楽しかった。開誠館で培ったことを信じ、大学では1年生からレギュラーで活躍し、プロになりたいと力強く述べ、

最後に青嶋監督から
保護者の皆さまへ
至らぬ指導でしたが、ありがとうございましたと感謝の言葉を述べ、

13期生に向けて
最後のミーティング
・卒業式での呼名の返事が本当に素晴らしく、最高に良かった。
・1人ひとり良さがあるはずなのに新チームになった時それぞれの違いがなくなっていた。
・自分の良さをさらけ出すこと。
・とらえ方を変えることも大切

IMG_4588[1]

10月19日保護者対象ICT教育講座 

10月19日(土)に保護者対象のICT教育講座を開催しました。
講師に一般社団法人青少年ネット教育アカデミーの斎上達様をお招きしました。

保護者が子どものネット使用状況を把握すること、
そしてルールを一緒に作ることなどを講演していただきました。

IMG_1468

本校では、ICT教育として以下の取り組みを行っています。

4月    ネットスクリーニングテスト実施

7月  第一回生徒対象ICT教育講座

夏休み前 ネット・スマホの使い方について宣言書記入

夏休み後 宣言書についての振り返り

10月  保護者対象ICT教育講座

冬休み前 ネット・スマホの使い方について宣言書記入

冬休み後 宣言書についての振り返り

3月    第二回生徒対象ICT教育講座

インターネット・スマートホンに使われるのではなく、
主体的に使いこなすことができる生徒の育成に取り組んでいます。

サッカー部中体連夏季大会東海大会出場報告

 中体連夏季大会の結果報告を行いました。

中学サッカー部が7月26日から31日までの県大会において準優勝にかがやき、

東海大会出場を決定いたしました。

決勝では静岡学園相手に延長戦の末0-1の惜敗でしたが、8月6日、7日に

三重県で行われる東海大会で3位以内に入賞すると全国大会の出場権を得ることが

できます。

今後の活躍にも期待しています。

DSCN8827DSCN8838

 

高校サッカー:サッカープリンスリーグ 東海結果(4月13日)

高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ 2019 東海
【第2節】4月13日土曜日@長良川球技メドウ
浜松開誠館高校 0 対 2 帝京大学可児高校
連勝とはなりませんでした。
ご声援ありがとうございました。
次戦は、4月20日土曜日@浜松開誠館総合G
清水桜が丘高校と対戦します。
ご声援よろしくお願いします。

vs帝京可児 スタメン

vs帝京可児 スタメン

高校サッカー:プリンスリーグ 2019 東海 結果(4月6日)

高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ 2019 東海

【第1節】4月6日土曜日@浜松開誠館総合G

浜松開誠館高校 1 対 0 中京大中京高校

得点者:杉山尚樹

開幕戦勝利を収め、勝点3を取ることができました。ご声援ありがとうございました。
次戦は、4月13日土曜日@岐阜県長良川球技メドウ
帝京大学可児高校と対戦します。
アウェーとなりますが、ご声援よろしくお願いします。

vs中京大中京 スタメン

vs中京大中京 スタメン

平成30年度浜松開誠館フットボールクラブ第12期生を送る会

ある選手は、謙虚さと聞く耳を持つことが大切と後輩に言い、
ある選手は、開誠館は毎年進化しているチームなので信じてやってほしいと後輩に言い、
ある選手は、心が弱く、ぶれ、AからDチームまで経験。そこで関わった人たちに助けられたと言い、
ある選手は、選手権の応援団長に指名されてから先頭に立つ厳しさと楽しさを味わったと言い、
ある選手は、これからも負けずに努力を継続していくと言い、
ある選手は、選手権で貢献できなかったのは積み重ねが足りなかった。継続することで必ず変わると言い、
ある選手は、支えてくれる人がいなければサッカーできない。感謝の気持ちを忘れずプレーすると涙ながらに言い、
ある選手は、母親には6年間迷惑ばかりかけたが、全国大会出場で感謝の気持ちを示すことができたと言い、
ある選手は、家族と12期生の支えがあってここまでやれた。悔しいのはスタッフや選手を認めさせることができず、選手権のピッチに立つことができなかったことと言い、
ある選手は、「やればできる」やったらできたになり、継続することは大切と言い、
ある選手は、監督のおかげで成長できた。素直になれない時があったが、考えて、まず言われたことをやり続けたら試合に出ることができたと言い、
ある選手は、サッカーがより好きになった。大学でも絶対諦めずプレーすると、時より声を詰まらせて言い、
ある選手は、開誠館でサッカーに対するとらえ方が変わったと言い、
ある選手は、ケガの3年だった。自らのケアが足りなかったが、リハビリをしたくなかったと当時の思いを素直に述べ、
ある選手は、何とかなるだろうで何とかならなかった。普段の取り組みは自分に返ってくる。深く考えることが大切だと成長した様子で言い、
ある選手は、マネージャーの1年は濃かった。自分の考えを人に伝えることができない自分の弱さに気づいた。チームを支えることができてよかったと言い、
ある選手は、やり切れたのは仲間、家族の支えがあったから。全国大会で入場行進できたことが一番の思い出と言い、
ある選手は、大学サッカーでも頭を使うことは言われる。全国大会の入場行進で旗手できたことはうれしかったと言い、
ある選手は、喜怒哀楽があった。全国出場を果たせたことは感動した。社会に出る前の土台となることを学べたと言い、
ある選手は、与えられた環境の中でベストを尽くすこと。メンバーに選ばれた選手の裏で涙を流している選手がいることを忘れるなと力強く言い、
ある選手は、6年間で1人の人間として成長できた。レフリーとしてチームに貢献できたことが本当にうれしかったと言い、
ある選手は、受験のために辛いがチームを離れた。孤独感があったが、みんなも頑張っているから頑張りきれた。仲間とのつながりを大切にすること。1日のノルマ、1週間のノルマを決めて、自分にとって何が必要かを考えてやること。小さな目標を決め、自分にプラスになることが成功の秘訣であると言い、
ある選手は、強気にプレーすることを学んだ。プロになって恩返ししたいと言い、
ある選手は、自分を信じることができる自分がいて、最後までやり切れたと言い、
ある選手は、選手権のメンバーに入れたが、感情のコントロールができず、期待に応えられなかったと言い、
ある選手は、後輩に、時間の使い方を考えること、サッカーを大切にしてほしいと言い、
ある選手は、スタッフの力はすごい。後輩に託すしかないがスタッフを日本一にしたいと言い、
ある選手は、監督の「お前を本気でプロにする」という言葉をもらってから本気になった。自分が甘かったことに気づいたと言い、
ある選手は、自分をよく知ること、自分にしかないものを身につけることと堂々と言い、
ある選手は、自分の気持ち次第。一生懸命継続していくことが大切だと最後に締めくくってくれた。

IMG_2765[1]

IMG_2763[1]

明日、決勝戦!

平成30年度全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会
【決勝戦】@IAIスタジアム日本平
11月17日土曜日 13時30分キックオフ
浜松開誠館高校 対 静岡学園高校
ご声援よろしくお願いします。
IMG_2099[1]

IMG_2100[1]

平成30年度全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会 決勝進出!

平成30年度全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会
【決勝トーナメント準決勝】11月11日日曜日@草薙陸上競技場

 浜松開誠館高校 4 対 0 藤枝明誠高校

 得点者:山田梨功・弓場堅真2・川畑陸

11月17日土曜日IAIスタジアム日本平にて決勝戦が行われます。

vs藤枝明誠 スタメン

vs藤枝明誠 スタメン


IMG_2081[1]
IMG_2083[1]
IMG_2082[1]

全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会 途中経過(11月4日)

平成30年度全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会
【決勝トーナメント準決勝】11月11日日曜日@草薙陸上競技場
浜松開誠館高校 対 藤枝明誠高校
ご声援よろしくお願いします。

【決勝トーナメント準々決勝】11月4日日曜日@IAIスタジアム日本平
浜松開誠館高校 2 対 0 常葉大学付属橘高校
得点者:岡島・川畑
IMG_2051[1]

IMG_2048[1]

IMG_2053[1]

IMG_2056[1]

IMG_2055[1]

【決勝トーナメント1回戦】11月3日土曜日@草薙陸上競技場
浜松開誠館高校 3 対 1 東海大学静岡翔洋高校
得点者:弓場3
IMG_2041[1]

IMG_2043[1]

IMG_2045[1]

毎年恒例の選手手作りのボード
IMG_2034[1]

IMG_2035[1]

IMG_2036[1]

IMG_2037[1]

IMG_2038[1]