開誠館ニュース

保健委員会 心肺蘇生法の実技実習を行いました。

中学1年生から高校2年生の保健衛生委員を対象に、浜松市中消防署の救急・消防隊員の方々による心肺蘇生法の実技講習を行いました。

1  2

  

AED(自動体外式除細動器)を使った心肺蘇生法の知識と技術の習得を目的とし、説明を聞いて実践しました。第一に安全の確認、疾病者の意識や反応の確認、周囲への応援要請、救急車が到着するまでのAEDを用いた心臓マッサージの方法、AEDのパッドを貼り方、心臓マッサージの仕方等を丁寧に教えていただきました。

 3    4   5

   

説明を聞いた後は、グループに分かれて実践しました。最初は恥ずかしがってしまい声が出なかった生徒も、人の命を助ける大切な行動ということを意識しながら一生懸命取り組むことができました。また、初めてAEDに触れる生徒も緊張しながらも機器を扱い、自分が人を助けるという気持ちで講習を受けることができました。

6  7